知らないと損!31歳の独身女性が転職を考えるなら注意したいこと

私、このままでいいのか問題。

31歳という年齢になると、誰しもが仕事や将来についていろいろと悩みが出てくるものです。

転職エージェントでコンサルタントとして長年働いてきましたが、30代前半の独身女性の方からの転職相談は非常に多く、皆さん同じように「このままの仕事をしていていいのか…」と悩む人が本当に多かったですね。

私も同じ女性として、この時期は本当に仕事のことやプライベートのことなどすごく悩んだ覚えがあります笑

ここでは、そんな私の転職エージェントでの経験ももとにしながら、31歳の独身女性が転職を考えるにあたってリアルに直面しやすいことについてまとめてみました。

この先をどう歩めばいいのか分からない、岐路に立たされているという方はぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

31歳の独身女性が転職を考える理由って?

自分の本当に好きなことやりたい事が見えてくる時期

社会人として中堅どころになってくる31歳という年齢では、自分の本当にやりたいことは何なのか、もっとやりたがいを持って働ける仕事をしたいという人が本当に増える時期にあたります。

20代で社会の荒波の中で必死に働いてきたからこそ、一歩立ち止まって俯瞰して自分を見られるようになるというのもあるようです。

もしもこのまま独身だったら説

人によっては、もしもこのまま独身だった場合のことも考えて、派遣や契約社員として働いてきたままでは、将来的にもよくないと考えて転職を考える人も多かったですね。

この時代で、このまま一生独身なんて考えるには早すぎな年齢でもありますが、それでも、正社員以外で働いている人にとっては転換期なのかもしれません。

31歳の女性の転職は企業側が求める条件が高くなってくる

とはいえ、31歳での女性の転職はそれなりに企業側から求められる条件が高くなってくるので、それなりに厳しくもあります。

どれぐらい即戦力として働けるかどうか

転職の場合には、どうしても即戦力として働けるかどうかということが重要視されます。

20代の若いうちであれば、未経験であってもまだ若いからという理由で企業側が採用するケースもありますが、31歳という年齢になるとよりシビアになってきます。

未経験分野への転職ならマネージメント経験が求められる

特に、社会人としてある程度経験もあるということもあり、これまでの職歴の中で人を管理するようなリーダー的な仕事をしてきたことがあるかということも問われるケースもあります。

こうした経験があれば、転職時には有利にはなりますが、ない場合には、今までの仕事の中で活かせること持っているスキルを最大限にアピールしていく必要が求められてきます。

正社員で働くならラストチャンスと心得る

これまで派遣社員や契約社員などで、1つの企業で働いてきていない人が正社員への転職を考えるなら、31という年齢は一区切りになってきます。

前述でもお伝えしましたが、多くの企業が正社員として採用するなら、即戦力として働ける人を求める傾向が強くなり、未経験者に対しては厳しく見られがちです。

派遣や契約社員として働いてきた同じ仕事で、正社員として同業他社への転職をするなら有利になることもありますが、そうではない場合には年齢とともに不利になってきます。

ある特定の分野のスキルを身につけるために、派遣や契約社員を選ぶのであればいいのですが、この先も派遣や契約社員としていろんな職場を転々とするということは将来的にもあまりおすすめはできないので、正社員で働くのであればラストチャンスと心得ておくようにしましょう。

31歳独身女性の転職はそれでも有利な理由

とはいっても、今は人材難の時代です。

特に、企業によっては中堅社員の人手が不足しているという企業も多くあり、31歳の女性を積極的に採用したいと考えている企業も多くあります。

31歳で既婚ともなると、採用するにあたって「すぐに子供ができたら…」と企業側が採用を渋るケースも多々あるのですが、31歳の独身女性の場合は歓迎されることもよくあります。

あなた自身が将来的に結婚をしたい、したくないどちらでも構いませんが、面接において「今はキャリアを磨いていきたい」ということを積極的にアピールできていれば条件的に不利になるということはあまりありません。

31歳の独身女性におすすめな転職エージェント

あなたのこれまでの経験も活かしながらも働きやすい企業を探すなら、転職エージェントでのコンサルタント相談がおススメです。

転職エージェントではあなたのこれまでの経験ややりたいとや労働条件などをコンサルタントと相談しながら、二人三脚で転職をサポートしてもらうことができます。

あなたが思いもよらなかったような企業が見つかることもあり、これをきっかけに、今後の人生をかけてやってみたい!と本気になれる仕事が見つかるという人もいます。

まずは、どんな企業と出会えるのか、非公開求人の中から紹介してもらってくださいね。