アクセンチュアの面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント

アクセンチュアの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


自分には向いていないと思われたんだろうか…

第一志望の企業だったただけにショック…

アクセンチュアは、コンサルティング会社として非常に人気が高い企業でもありますが、事業が拡大している傾向があるので中途採用も積極的に行われていることがあります。

今注目のビッグデータなどの最先端技術を駆使して、お客様の課題や変革をサポートするデータサイエンティストの募集なども行われ、東大出身者からも注目されていたりします。

また、コンサル職の募集でもポテンシャル採用を行っており、まだ社会人としての経験が浅い第二新卒者の募集がかけられることもあります。

でも、そんなアクセンチュアの面接で落とされてしまうと、一体、自分の何がいけなかったのか…と落ち込んでしまうこともありますよね。

でも、もしかすると、あなたの面接の準備不足が原因ということも…。

ここでは、今後も面接で落ち続けることがないように、アクセンチュアを落ちた理由について振り返って考えていきましょう。

落ちた面接ほど振り返るのが嫌になってしまいがちですが、落ちた原因について一度でも掘り下げて考えておくと今後の対策も立てやすくなりますよ。

アクセンチュア以外の求人を紹介してもらうなら、リクルートエージェント  がおすすめです。

アクセンチュアの面接を落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

ではさっそく、アクセンチュアを落ちた原因を掘り下げて考えていきましょう。

仕事内容・求められる人材像を理解した上で自己PRできていたか

アクセンチュアであなた自身が応募した職種に対して、仕事の理解や応募職種に対しての求められる人材像は理解でてきていたでしょうか。

求められている人材像を想定したうえで、あなた自身の自己PRができていたかどうかということは中途採用の面接では非常に大切になってきます。

例えば、コンサルティング職の募集であれば、論理的思考力やコミュニケーション能力は必要不可欠な要素となってくるので、それに対して過去の経験の中から課題を解決してきたことなどを自己アピールする必要があります。

これまでのあなたの専門的な業界での知識や経験も当然、アクセンチュアでは生かせる要素となることがあるので、仕事内容につちえよく理解を深めていくとアピールはしやすくなります。

また、コンサル職は必ずチームで仕事をしていくことになるので、リーダーとしてチームをまとめて率先して動いてきたことなどを盛り込んでおくと面接官からの印象はよくなるはずです。

挑戦意欲をアピールできていたかどうか

アクセンチュアで働く社員は、仕事に対しての意識が高く、クライアントのためにできることを自ら考え成果に対してコミットすることが人が多いのが特徴です。

若いうちからも責任ある仕事を任されることも多いので、中途採用としてアクセンチュアに応募をするなら成長意欲をみせることが必要です。

たとえあなた自身が社会人としての経験が浅く、コンサル職の経験もなくまだ第二新卒だから…といったような考えで面接へ望んでいたのであれば、他の志の高い応募者に面接で負けてしまう可能性もあります。

コンサル職の経験もなく、社会人としての経験がたとえ浅くとも、あなた自身がアクセンチュアでどのように仕事に貢献していきたいのかということを考え面接に臨めていたかどうかということもポイントですね。

アクセンチュアで5年先、10年先どうなっていたいかまで描けていたか

また、挑戦意欲の高さを示すといった意味でも、アクセンチュアで5年先、10年先までイメージをしていたかどうかも必要です。

例えば、数年間は経営コンサルタントとしてのスキルを実務を通していち早く身に着けていきつつ、5年先にはマネージャーとしてプロジェクトリーダーとして、計画、設計や管理を行って、プロジェクト全体を見通せるような人材になりたい。

また、10年先には人材を育成できるようになっていたいなど、今の段階でもそういった未来のイメージが描けているとあなたの志望度の高さがより企業へのアピールにつながりやすくなりますよ。

途中、キャリアプラン通りにいかないこともあったり、他部署へ異動したりといったこともあるかもしれませんが、今の時点でアクセンチュアで自分がどうしていきたいのかを強く持っている人のほうが魅力的な人材にはうつりますよね。

アクセンチュアで落ちたけれど諦めきれない人へ

アクセンチュアの面接で落ちたけれど、諦めきれないという人もいるかもしれませんね。

でも、アクセンチュア以外にももっと魅力的なコンサルティング職の募集や若くても責任ある仕事を任されれる仕事は探せばたくさん見つかるはずです。

どんなに対策をしていたとしても面接官との相性などで落とされてしまうことも当然あるものです。

転職サイトだけではなく、転職エージェントも活用すれば選択肢を2倍以上にすることができるので積極的に活用してみるようにしましょう。

登録からその後のサポートも受けられ、面接対策も行ってくれる上に求職者側に一切費用がかかることはありません。

まずは、エージェントのコンサルタントに数ある求人の中からあなた自身らしく働け、あなたの経験が最大限活かせるような企業を紹介してもらってくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる