アダストリアの中途採用の面接で落ちた!不採用なら見直したいこと

アダストリアの面接を受けたけれど、結果は不採用に…。


ブランドが大好きで店舗で販売がしたかったけど落ちた…

販売は自分には向いていないと思われたんだろうか…

アダストリアの中途採用の面接で落とされてしまうと、一体、自分の何がいけなかったのか…と自分を責めたり落ち込んでしまうこともありますよね。

アダストリアは、GLOBAL WORKやniko and…などの多くの人気ブランドを扱っている上に、アパレル企業の中でも福利厚生や制度が整っているため、転職先としても非常に人気のある企業の1つです。

とはいえ、アパレル販売未経験や第二新卒でも積極的に採用していることも多いのですが、そんなアダストリアの面接で落とされてしまったのは、もしかすると、事前の準備不足に原因があったのかもしれません。

今後も面接で落とされ続けない為にも、落ちた原因を振り返って考えていきましょう。

※アダストリア以外の求人を紹介してもらうなら、 リクルートエージェント がおすすめです。

アダストリアの中途採用の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

接客としてふさわしい服装・見た目・マナーができていたかどうか

店舗に配属されて販売になる機会が多いですが、当然、お客様と直接接していく仕事になるので見た目の第一印象は大切です。

  • 面接の場にふさわしいスーツを着用していたか
  • お辞儀をした時に顔に髪の毛がかからないように長い人はまとめていたか
  • 面接の場にふさわしいナチュラルなメイクで派手なアクセサリーなどはつけていなかったか
  • 面接の部屋に入室する際に、ノックをしてから入り扉を静かに閉めていたかどうか
  • 挨拶をした後、面接官が着席をする前に自分が座るようなことはなかったか
  • 緊張から髪の毛を触ったり、姿勢が乱れたりしなかったかどうか
  • 面接官の顔を見てしっかりと受け答えができていたかどうか etc

これらは最低限のことではありますが、面接の場で問題がなかったかどうか見直してみましょう。

第一印象でその人の印象はほぼ決まってしまいますから、清潔感を大切にして、次の日からでも店舗に立たせることができると思われるくらいの印象を残しておきたいですよね。

アダストリアで求められる人材像から逆算して自己PRができていたかどうか

アダストリアでは、お客様の立場になって考え行動ができたり、楽しみながらもどんな変化にも柔軟な対応ができ、挑戦意欲のある人が求められる傾向が強いです。

そんな求めれられる人材から逆算して、あなたのこれまでの社会人経験から頑張ってきたことなどを伝えることがポイントです。

例えば、

前職の営業経験でもお客様の立場に立って、お客様の悩みをまずはしっかりと聞き出して解決ができるように提案をするというやり方で接客をしていました。その結果、お客様に有難うと言っていただく機会が増えただけではなく、前年度の営業成績が110%の達成率で目標を達成することができました。この経験からも、洋服の販売でも常にどうすればお客様が喜んで商品を購入してくれるのかを常に考え、接客にあたっていきたいと考えております。

スーパーでの販売員をしていましたが、お客様からのニーズにこたえて、どこにどんな商品を置くと売り上げが伸びるのかということを常に考え、提案をしたことが採用されたこともありました。アパレル販売の仕事も店舗全体のことを考えて、どう売上を伸ばすのかという意味では理屈は同じだと思っています。これまでの経験を活かして、自分のお客様のニーズを拾い集めながらお店作りに貢献していきたいと考えております。

といったように、求められる人材像から逆算して伝えられるようにしておくと軸がぶれません。

採用担当者に、アダストリアが求めている人材像と合致していると思ってもらえるように、逆算思考を取り入れて自己PRするように心がけてくださいね。

志望動機はあなたらしさを交えて伝えることができていたかどうか

アダストリアの洋服ブランドが好きで携わりたかった…というようなことは、多くの人が考えやすい志望動機の典型ではありますが、あなたらしさが交えられているかどうかも、採用担当者の興味をひく上で大切です。

例えば、

アダストリアのブランドが好きでよく〇〇店舗へ足を運んで購入することが多いのですが、接客を受けた際に、自分の体型の悩みを聞いてくれた上で様々な洋服を提案してくれた社員の方がいらっしゃいました。私自身とても満足して商品を購入した経験があるのですが、今度は、自分がお客様に対して喜んでもらえるような接客をしたいと思うようになり、アパレルの販売員、そしてきっかけを下さった御社に興味を持ち志望いたしました。

など、何かしらエピソードを交えてみると、ただブランドが好きでといったことよりも印象に残りますよね。

もちろん、これが正解とは限りませんが、他のアパレル企業ではなく、なぜアダストリアなのかということをしっかりとあなた自身の思いを伝えらえられていたかどうかを考えてみましょう。

退職理由でネガティブなことを言いすぎていないか

中途採用の面接で聞かれることの1つとして、退職理由があります。

  • 前職での人間関係が悪かったから…
  • 残業が多くてきつかったから…
  • 給料が安かったから…

といったような不平不満を伝えてしまうと、面接官によってはそれだけで落としてしまう場合もあるので注意が必要です。

前職の退職理由はなるべくポジティブなものに変換して伝えらえるように、事前に準備ををしておくといいでしょう。

適切な逆質問ができていたかどうか

中途採用の面接では、「質問はありますか?」と聞かれた際に、できれば、1つ2つは用意しておきたいものですが、質問の仕方にもポイントがあります。

  • 有給休暇は取れますか
  • 特定のブランドで働けますか
  • 異動はないですか etc

といったように条件面のことばかりを気にしすぎてしまうと、あまり印象はよくありません。

また、アダストリアでは店舗間やブランド間で異動することもある会社で、募集要項にもしっかりと明記されているようなことをあえて聞かないように注意することも大切ですね。

条件面よりも目標を達成している店舗は、他の店舗と比べてどのような人が働いているでおしょうか、他の店舗と比べて何が違うとお考えでしょうか?

といったように仕事に直接直結するような内容で意外性ところから質問をすることで、興味を持ってもらえやすいですよ。

アダストリアを落ちたけれどどうしても諦めきれない人へ

アダストリアの中途採用で落ちたけれど、人によっては、不採用通知と同時にアルバイトからの採用なら検討するといったこともあったようですね。

先日株式会社アダストリアの正社員の最終面接を終えて、
今日不採用の連絡がきました。
その連絡の中に正社員登用制度も積極的にやっているということと、
アルバイトとしてなら採用するのでご検討下さいということが、
書かれていました。

引用元:yahoo知恵袋

どうしてもアドストリアのアパレルブランドで働くことを諦めきれない人は、アルバイトからスタートするという選択肢も検討してみてもいいかもしれません。

アダストリアでは、アルバイトの経験を経て正社員になる人もいます。

ただし、正社員登用制度も積極的に行っているとあっても、実際に正社員になれると保証されたわけであはりませんから、アルバイトの時給で生活が成り立つのかや、そこまでしてでもアダストリアで働くべき理由があるかどうかをよく考えた上で結論を出す必要がありますね。

アルバイトになってまでは考えられない…と思う方は、できるだけ早く気持ちを切り替えてアダストリア以上に魅力のある企業がないか探していきましょう。

ハローワークや転職サイトだけではなく、転職エージェントも活用することで転職の選択肢を2倍以上に広げることができます。

アダストリアのように社員の働く環境が整っている企業の求人も多く扱っています。

転職エージェントを利用するには、特別なスキルがないと利用できないと思っている方も多いのですが、転職を考えている人であれば誰もが利用することが可能です。

しかも、求人の紹介からその後の転職のサポート、内定をもらった後も一切費用がかかることはありませんから安心です。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる