36歳で転職は厳しい!転職に失敗しない為に知っておきたい全知識

36歳で転職をしても風当たりが厳しい…。

このまま転職ができないかも…と不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

一般的にも転職は35歳くらいまでが1つの区切りと言われています。

36歳ともなってくると転職市場における36歳に対しての風当たりは厳しく、中間管理職を経験していてもおかしくない年齢になってくるため、厳しい目を持って見られることはよくあります。

でも、36歳でもしっかりと転職を実現させてきた人はたくさんいます。

ここでは、転職エージェントで10年以上にわたって働いてきた経験から、36歳で転職に失敗しやすい人の特徴と成功させるための全ポイントをまとめてみました。

36歳で転職が厳しいと言われる理由は?

まず、36歳で転職が厳しいと言われるのはどのような理由があるのでしょうか。

長期キャリアの形成のため20代がほしい

企業側は、中途採用においては即戦力を求める傾向にありますが、その次に、長期キャリアを形成を目指す目的で第二新卒などの20代を希望する人が非常に多くなるからです。

36歳ともなれば、まさに企業の中間的なポジションであることから、これから長期で育てていくという年齢ではありません。

それだけのスキルと能力を持っている人でないと、ほしいと思われる人材になれないというのが正直なところです。

企業側が扱いにくい年齢だから

たとえ、36歳で管理職ポストとして転職ができたとしても、企業が変わればそのやり方も進め方も全く異なってきます。

そのため、一旦は誰かの元で指導を受ける形にはなりますが、30代前半くらいの若手が教えるといったことも出てきます。

教える側の立場にとってみれば、自分よりも年上の人を教えにくいといったこともあり、社内でのバランスを考えると36歳くらいの人を採用することで扱いにくいといったことも生じてくるからです。

人件費が大きくなるため見る目が厳しい

また、20代などの若い人たちであれば、給与はそれほどまだ高くはないため人件費としても低く抑えられています。

一方、36歳ともなってくると、最初から給与自体もある程度必要になってくるということもあるため、それだけ人件費をかけて企業は採用するということになります。

そのため、それだけの人件費を最初から投資するだけの価値のある人間かという目線で見られることから厳しくなってしまいやすいのです。

36歳で転職ができない?失敗しやすい人の特徴

では、36歳で転職活動をしてもなかなかうまくいかずに失敗しやすい人の特徴としては次のような傾向があるのでみておきましょう。

自分の強みと弱みを全く理解できていない

36歳となるとある程度の社会人経験があることから、自分の強みや弱みが何かということくらいは仕事を通してきて理解できているはずです。

これを分析できていないまま、やみくもに転職活動を続けていても上手くはいきません。

自分の長所となることを最大限に生かして働ける転職先を選んでいかなければ、なかなか転職活動もスムーズにはいきません。

アピールポイントに実績を盛り込んでいない人

志望動機や自己PRの中で、これまでの社会人経験の中で実績として落とし込んでいない人も転職で失敗しやすいので注意が必要です。

営業であれば、営業成績で具体的な数字に落とし込んで、自分はどれだけ貢献してきたのかということをアピールする必要性があります。

インパクトの数字を盛り込みながら、うまく伝えられることが必要になってきます。

管理職経験のない人

36歳にもなってくると、管理職の経験をしていてもおかしくない年齢です。

企業によりけりではありますが、36歳でチームをまとめる経験や管理職の経験をしていないという人はその時点で採用しないというようなところもあります。

36歳で今までにこういった経験を積んでいないという人は、それを覆すくらいのインパクトのあることを伝えられるかどうかで変わってきます。

なるべく早く新天地で管理職経験を積んでいけるようになりたいところです。

キャリアに一貫性がなく転職回数が多い人

36歳になるまでに転職を何度もしているだけではなく、職種もころころと変わっているという人はキャリアに一貫性がないとみなされる傾向が強いです。

企業によっては、こういう人材を採用してもまた同じようにすぐに辞めてしまうと思う傾向が強いことから、なるべく避けることが多くなりがちです。

転職回数が多くて職種を変えているという人は、そのことにも触れた上で今後どう自分は働いていきたいのかということをあえて伝える方がいいですね。

36歳で転職成功に結び付けるためのステップ

では、36歳で転職成功に向けてどう動いていけばいいのでしょうか。

自分が勝てる分野を見極めること

これまでの社会人としての経験をもう一度振り返って、自分の強みと弱みを徹底的に洗い出します。

そのうえで、自分の強みとなることを活かして働ける転職先を見つけていく必要があります。

一番いいのは同業他社への転職で即戦力として働けるような職場がおすすめです。

同業他社であれば、採用する企業にとっても即戦力となるあなたを採用できるだけではなく、他社の情報なども入手できるため、非常にメリットが大きいんですよね。

たとえ、同業界内ではなかったとしても、何かしら関連した仕事であれば少なからず有利にはなります。

まずは、これまでの経験を最大限に生かして働ける仕事はないか、自分の強みとなることを活かせる職場はどこかという視点で探していきましょう。

指導・教育経験や管理職経験は必ず盛り込む

これまでの経験の中で、誰かを指導したり教えたりしてきたことがある人や、管理職の経験がある人は、具体的にその経験も書類の中でもアピールしていきましょう。

ただ経験があるということを伝えるのではなく、具体的に〇人の人たちのどのような指導をしていたのかや、〇人の部下を持っていたのかまで数字を入れ込んでおくといいですね。

中間ポジションが不足している企業を探す

企業の中にはちょうど36歳くらいの人の中間的なポジションとなる社員が不足している企業も多くあります。

こうした企業を狙いうちして受けていくことによって、ある程度、選考に進んでいくということもできるようになってくるので、求人を厳選しながら探していきたいところです。

転職エージェントを活用すれば、どんな企業であなたくらいの年齢の人を積極的に採用しているのかということも教えてもらえます。

転職サイトだけではなくて、転職エージェントも必ず併用して使いながら進めていくようにしたいですね。