アマゾンの在宅勤務の面接で落ちた!不採用になったら見直したい事

アマゾンの在宅勤務で働けるお客様対応スタッフに応募したけれど、結果、不採用に…。


子供がいるから在宅で働けるのが理想だったのに…

自分には向いてないと思われたのかな…

志望度が高かった企業の面接で落とされてしまうと、自分の何がいけなかったのか…と責めて落ち込んでしまうこともありますよね。

アマゾンの在宅勤務の募集は、不定期で募集が出ることがありますが、小さい子供がいる女性にとって画期的な働き方ではありますよね。

自宅にいながらお客様と電話対応してお給料を稼ぐことができる仕事で、正社員登用制度もあることからママさんにはすごく人気の仕事です。

でも、そんなアマゾンの在宅勤務の面接で落とされてしまったのは、もしかすると面接の準備不足にも原因があったのかもしれません。

ここでは、今後も面接で落ち続けることがないためにもしっかりとアマゾンで落ちた面接を振り返っておきましょう。

落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはないかもしれませんが、今後、志望度の高い企業から内定をもらう為にも一度はやっておきたいところです。

アマゾン以外の在学勤務可能な求人を紹介してもらうなら、 リクルートエージェント がおすすめです。

アマゾンの面接で落ちた原因は?掘り下げて考えてみよう!

では、さっそくアマゾンの在宅勤務の面接で落ちた原因を掘り下げ考えてみましょう。

面接の質問に的確に答えられていたかどうか

アマゾンの在宅勤務では、過去には次のような面接での質問がありました。

引用元:yahoo知恵袋

これらに対してそれぞれ適格に答えることができていたかどうかというところはかなり重要になってきています。

なぜなら、在宅勤務としてお客様と直接電話でやり取りをして関わっていく以上、何か質問をされた時にあなたなりの返答がすぐにできるのかという能力が必要になってくるからです。

要はコミュニケーション力がそれなりに高い方でないと、何かお客様からイレギュラーの質問を受けた時に答えられないということです。

もちろん、アマゾンでも事前に在宅勤務者に対してはそれ相応の研修が実施されたり、電話を保留にして他のスタッフと連絡ができたり、チャットでやりとりしたりということもできるように対策もされていますが、それでも、最低限のコミュニケーション能力や臨機応援な答え方ができるかどうかというところは面接でも見られています。

面接で受けた質問に対して、曖昧な回答ではなくはっきりとわかりやすい言葉で正確に答えることができていたかどうかもう一度見直しておきましょう。

WEB面談に不慣感が出ていなかったどうか

アマゾンでのテクニカルやお客様サポートスタッフは、すべてWEBで面談が行われます。

それに対して不慣れ感が出ることなくスムーズに対応できていたかどうかという点も、アマゾンで在宅勤務していく上で大切なポイントとしてみなされます。

  • 画面が暗すぎたり逆光で顔色が悪く映っていなかったかどうか
  • 面接の場にふさわしい服装をしていたかどうか
  • 画面の背景や角度に問題はなかったかどうか
  • WEB面談でも相手の顔をしっかり見ながら受け答えでき、目が泳いだりしていなかったかどうか
  • 対面での面接とほぼ変わらない対応をすることができていたかどうか

こうしたことは見られているので、今一度問題なかったかどうか思い返してみましょう。

もし、WEB面談が不慣れで…という方は、友人や知人に事前に接続の練習から模擬面接を手伝ってもらったり、できない場合は、WEB飲み会でもいいので開催して対象なり慣れておくと結果が変わってくるはずですよ。

面接の場のルールやTPOは守ることができていたかどうか

在宅勤務のスタッフである以上、その人が信頼できる人物かということも見られています。

面接の場であることを理解した上で、時間に遅れない、マナーを守っている、TPOに合わせているということが何よりも大切です。

いち社会人としてマナーやルールを守れる人かどうかも見られています。

下記は、対面での面接での場合に限り、現在はWEB面接が推奨されています。

  • 面接には余裕を持って到着していたかどうか
  • スーツやシャツにしわはなかったか
  • ドアをノックした後に静かに扉を閉めていたかどうか
  • お辞儀をした時に髪の毛が顔にかからないように止めたり、まとめていたか
  • 面接官が着席する前に自分が着席するようなことはなかったか
  • 面接中はしっかりと姿勢を正してまっすぐ面接官の顔をみていたかどうか etc

本当に些細なことではありますが、こうしたところでもその人の人となりが出てしまいます。

在宅勤務でお客様から直接顔を見られることはないとはいえ、面接官からはマナーやルールを守れる人かどうかというところは面接でチェックされていまるので気を付けておきたいですね。

退職理由でネガティブなことを伝えていないかどうか

転職時の面接で落とし穴となることがあるのが退職理由です。

前職の退職理由は必ずといって聞かれることではありますが、ここでネガティブな答え方をしてしまっているとすぐに落ちます。

  • 人間関係が悪かった
  • 残業が多くて激務だった… etc

実際にそうであったとしても、次の転職時の面接で答えてしまうと不利になる可能性が高いです。

面接官に印象が悪くうつってしまうことが多いので、なるべくならポジティブな内容に変換をして伝えられるように準備しておきたいですね。

アマゾンの在宅勤務の面接で落ちたけれど諦めきれない人へ…

それでも、アマゾンの在宅勤務の仕事が気にいっていて、なかなか諦めきれないという人は、他の在宅勤務が可能な仕事を探したり、子育てと両立しやすい仕事がないか探してみるようにしましょう。

転職サイトやハローワークだけではなく、転職エージェントも活用すれば、求人数も今より2倍以上になりますよ。

これまでの経験を活かして働ける職場や子育てと両立しやすい仕事、在宅勤務ができる仕事などの求人もあるので、エージェントの非公開求人から紹介を受けてみてくださいね。

登録からその後のサポート、内定をもらった後も転職者側には一切費用がかかることがありません。

もちろん、無理な転職斡旋もないので活用しない方が損と言えるくらいですよ。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる