パン屋のバイト面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント

パン屋のバイトの面接で不採用に…。


パン屋で働きたかっただけにショック…

働きたかったバイトやパートの面接で落とされてしまうと、一体、自分の何がいけなかったのかと思うこともあるかもしれません。

パン屋のアルバイトは学生から主婦、フリーター、特に女性に人気の高いアルバイト先です。

そんなパン屋の面接で落とされてしまったのは、もしかすると、事前の準備不足に原因があったのかもしれません。

今後もやりたいバイトやパートの面接で落とされ続けない為にも、パン屋で落ちた理由を振り返って考えてみましょう。

バイト決まれば最大1万円!「マッハバイト」で求人を探す>>>

パン屋の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

パン屋で働くにあたってふさわしい服装・見た目だったどうか

パン屋のアルバイトやパートの面接では、必ずしもスーツ着用でなくても私服でも問題はない店舗がい多いです。

とはいえ、私服といってもジーパンにスニーカーといったカジュアルな服装よりも、綿のパンツやスカートにシャツやジャケットといったややキレイ目な服装にして臨む方が無難です。

たとえ、ジーパンやスニーカーだったとしても、できるだけ汚れていないキレイ目なものがいいでしょう。

パン屋である以上、見た目の清潔感は必要なのでそういった服装で面接の望んでいたかもう一度考えてみましょう。

また、髪の毛が明るすぎたり、お辞儀をしたときに髪の毛が顔にかかるような場合も気を付けたいですね。

髪の毛は茶色だとしても落ち着いたダークブラウン、髪の毛が長人は一つに束ねたりしながら印象を良くしておくことがおすすめです。

面接時の最低限のルールやマナーを守れていたかどうか

面接時間に早く到着しすぎたり、遅刻をしてしまうことも気を付けておきたいところです。

特に、遅刻というのは時間が守れない人、バイトにも遅れてくるかもしれないと判断されてしまい不合格の原因になってしまいます。

面接官の貴重な時間をいただいているという意識をもって臨むのであれば、10分くらい前に店舗に到着するように調整できるのが理想的です。

また、面接官と顔を合わせたときには、元気な声でしっかりと挨拶ができていたか、姿勢を正して面接中は受け答えができたか、最後に時間を頂いたお礼まで伝えられたかどうか今一度見直しておきましょう。

最低限のルールやマナーを守れる人かどうかということは、短い面接の中でもあなたの態度からみられています。

パン屋に対しての志望動機ははっきりと答えられたか

パン屋で働きたいと思った、なぜそのお店がいいのか具体的な志望動機を伝えられたでしょうか。

例えば、

他のパンの中でも御社のパンが大好きで、特に様々な商品の中でも焼きたてのクロワッサンが一番気に入ってよく購入しています。自分でもパンを焼くことが趣味なところもあるので、パン作りのスキルを上げる為にもぜひに働きたいと思い志望させていただきました。

といったように、なぜそのお店を選んだのかということも添えられていると理想的ですね。

他の応募者がいる中であなた自身のパンへの思いや熱意を伝えられるようにしましょう。

パン屋が求める希望条件に合わなかった可能性も…

見た目も問題なかったはずだし、面接官の質問にしっかりと答えられていたはずなのに…と思う方は、もしかすると、パン屋が求める希望条件に合わなかった可能性もあります。

開店前の早朝や土日祝日に人がほしいのにあなたの希望条件と違った場合は、当然ながらシフトに融通がききそうな人が選ばれるケースが多いです。

希望条件はなるべく条件を広げて伝えておく方がいいですが、条件面での不一致は致し方がないところではあるので仕方がないところではあるでしょう。

パン屋の面接で落ちたら他を探そう!

パン屋の面接を受けたあと、1週間以上何の連絡もない…といった場合には落とされてしまった可能性が高いですね。

前述もしたように条件面の不一致で落とされてしまうこともありますから、単純に合わなかっただけと捉えて気持ちを切り替えていきましょう!

アルバイト求人サイトの中でも、「マッハバイト」なら条件のいい求人が多いうえに、バイトが決まれば全員最大1万円もらえるマッハボーナスもついています。

駅構内の人気パン屋のアルバイトやパート求人もあるので、まずは、自分の住んでいる地域で募集が出ていないか探してみてくださいね。

バイト決まれば最大1万円!「マッハバイト」で求人を探す>>>