パン屋から転職!きつすぎる仕事から脱却して最高の職場を探すコツ

パン屋の世界はまさに修行・・・。

パンが大好きでパン屋に就職した人は多いのですが、この業界は正直ブラックなところがあります。

本当に就職先には注意しなければただ働きも同然で働かせるような店舗もあり、もともと大変な仕事だと分かっていた人でも、パン屋に就職した後にあまりにもキツイ現実から辞めたい・・・という人も少なくはありません。

転職エージェントで10年以上働いてきましたが、これはパン業界における悪しき風習のようなものが影響しているのではないかとさえ思うこともあります。

まだイメージはいいパン屋ではありますが、外食産業から日本人が消えて外国人労働者が増えているように、パン屋の世界でも日本人で働く人たちがこのままではいなくなってしまうのではないかという懸念さえも覚えてしまいます。

パンづくりを教えてもらえるのだから、これは修行なんだからといって、低賃金は当たり前といって働かせる経営者も多いのがんげ実です。

そんなパン屋を本気で辞めたい・・・という人は、実際にどんなところへ転職をしているのでしょうか。

自分には何もスキルがなくて他に何がでいるのか分からないと不安を抱えている人も多いかもしれません。

ここでは、そんな方のために酷使される仕事から転職して最高の職場を探すためのステップをご紹介していきます。

途中厳しいこともお伝えしていきますが、本気でパン屋を辞めたいと考えている人は、今後の方向性を探すためにもぜひ目を通しておいてくださいね。

パン屋から転職していく人たちの理由って?

前述もしましたが、パン屋の世界ではブラックとも取れるような働き方が当たり前に横行している世界です。

修行ということをいいことに長時間労働・低賃金で働かせているパン屋の経営者もいるので、こうしたきつい現場が耐えられないという人は多いですね。

早朝から夜遅くまで働き、休みもほとんどもらえない上に、月給15、6万円で保険もつかないといったところもあります。

もちろん、こうしたブラックなパン屋ばかりではありませんが、パン屋の世界は厳しく重労働であることに代わりはありません。

辞める人も多く人手不足な業界でもあるので、続けていくことに疑問を感じる人も多いのが現実です。

パン屋からの転職で注意したいことって?

とはいっても、パン屋での製造・販売にかかわってきたといっても、異業種への転職ともなるとそのままスキルが活かせるわけではないので厳しくなりがちです。

未経験者募集の求人のほとんどは大卒・20代半ばくらいまで

未経験者を積極的に採用している企業も見かけることはありますが、そのほとんどが大卒・20代半ばくらいまでといった若い人たちを希望しています。

これ以上の年齢ともなれば、即戦力となるような人を求める傾向にあるので、異業種への職種転換を考えているのであればなるべく早い方がおすすめです。

また、30代以降ともなってくれば、人を教育したりまとめたりといった管理能力も問われてくるので、こうしたスキルを持っていないという人はなるべく早く転職先で身につけられるようにしておきたいところです。

パン屋からの転職で役立つスキルを知っておくこと

また、パン屋でのスキルをそのまま活かして働くことはできませんが、あなの経験の中からアピールに繋がるものを把握しておくということは大切です。

例えば

  • 仕事において時間配分を考えた動きができ、チームで協力して働くことができる
  • 店舗に集客をするためのアイデアを出して実行してきたので企画遂行力がある
  • 細かな作業でも一つ一つ丁寧にこだわりぬくことができる
  • 朝はどれだけ早くても平気 など

あなたのパン屋での経験の中で、これだけは自分の中で得意だ、できるというものを把握しておき転職活動で役立てたいですね。

異業種への転職をしたくても自分には何もない・・・という人は、まずはここで自分が何をやってきて何ができるのかを把握しておくようにしましょう。

ギャップは当然ながら感じるもの

また、パン屋で働いてきた人が異業種への転職となると、それなりにギャップは感じてしまうことは当たり前です。

あなた自身がパン屋で働いて、仕事のきつさに驚いたことがあることと同じように、転職をしたからといってギャップを感じないということはありません。

異業種への転職をするのであれば、ギャップがあることは前提の心づもりしておくといいですよ。

パン屋からの転職先は?実際にパン屋からの転職に成功した人たちの事例

転職自体は厳しいとはいっても、異業種への転職はしっかりと面接対策をして事前準備を怠らなければできないわけではありません。

実際に私が転職エージェントでサポートをしてきた人たちは次のようなところへ転職を決めていきました。

食品専門商社の営業事務職 20代前半 女性

パン屋から事務職への転職もできないことはありませんが、少なくとも20代半ばくらいまでといった若さは必要になってきます。

経験がなくても、あなた自身がパン屋の仕事の中で、どう仕事に向き合っていたのかということを真剣に話されたことが採用担当者の心に響いたものがあり内定の決め手となりました。

食材宅配サービス会社 コールセンター 30代半ば 女性

個人の過程向けに食材を宅配している企業のコールセンターへと転職を決めた人もいます。

立ち仕事で体力のいる仕事から、デスクワーク中心の仕事になり体力的にも楽に働けているそうです。

売り上げノルマがあるようなところではなく、受注対応のみなので精神的にも無理なく働ける職場に転職できたようですよ。

歯科医院 歯科助手 20代後半 女性

医療法人の運営している歯科医院の歯科助手として転職に成功した人もいます。

歯科助手の仕事は資格がなくてもできる仕事で、歯科医院の先生の指示に従っての動きができれば働けます。

パン屋のようなきつい環境の中でも3年間頑張って働いてきたことをアピールし、見事内定を勝ち取っていましたね。

パン屋からの転職で最高の職場を探すコツ

パン屋から転職に成功した人たちには、他にも百貨店の販売員や看護助手などへの転職を決めた人もいました。

転職先を探すにあたっては、代表的なものは次の4つになります。

  1. ハローワーク
  2. 求人情報誌
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント

この中でも、異業種への転職なら転職エージェントは欠かせません。

なぜなら、コンサルタントがあなたに担当としてついて、数ある求人の中からあなたのような経験がある人を面接してみたいといったような企業側のニーズもある程度把握しているので、転職活動がスムーズに進みやすいというところがあります。

1人で転職活動をしていて求められていないような企業ばかり受けて落とされるよりも、照準を絞って受ける方がよっぽど効率的なのは分かりますよね。

よく転職エージェントは、誰にでも誇れるような立派な職歴やスキルがないと利用できないと思っている人もいるのですが、仕事を探している人であれば誰でも利用できる無料のサービスです。

登録からその後のサポート、内定をもらった後も一切費用はかからないため、利用しておいて損はありません。

そのうえ、様々な業界や仕事内容についてコンサルタントが熟知していることから、事前に業界や企業の情報について教えてもらえるうこともできたり、今後のあなたの方向性について相談にのってもらえたりもできます。

もちろん、その後の履歴書・職務経歴書や面接対策もしてもらえますよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる