ベルシステム24の面接で落ちた!不採用になったら見直したい事

ベルシステム24を通してコールセンターの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


コールセンターには向いていないと思われたのかな…

一体何がいけなかったんだろう…

ベルシステム24は主に多彩な業界でのコールセンターの仕事を受注している企業で、金融から生命保険、世論調査、テレビ通販、美容商品…あらゆる業界でのコールセンターの求人を扱っています。

そんなベルシステムを通して求人に応募してみたけれど、結果、落とされてしまうと、一体自分の何がいけなかったのかと自分を責めて落ち込んでしまうこともあるかもしれませんね。

コールセンターの仕事は大量に募集されることの多い仕事なはずなのに落とされてしまったのは、もしかすると、事前の準備不足が原因…といったこともあるかもしれません。

今後も志望している企業の面接で落とされない為にも、落ちた原因を振り返って考えてみましょう。

バイト決まれば最大1万円!「マッハバイト」で求人を探す>>>

ベルシステム24の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

応募した仕事にどれだけ精通しているかをアピールできたか

生命保険や事故対応、クレジットカードなど、ベルシステムの中でも特殊な知識が必要になるようなコールセンターの求人へ応募した場合は、その仕事にどれだけ精通しているかどうかということも大切です。

多くの場合、未経験でも可能で事前に商品研修なども受けることができますが、それでも応募者の中に同じような金融や保険関係などで働いている人がいた場合、即戦力となるような人が優先されやすくなります。

事前に知識がある人の方が対応するまでに時間もそこまでかからないからこそ、企業にとってもメリットが大きいからです。

これまで自分が経験してきた同じ業界の仕事や似通っている部分のある仕事を選ぶようにすれば、採用率もアップするかもしれませんね。

これまでに経験してきたような仕事ではない…といった場合には、自分がどんなことで貢献できるのかを具体的にアピールできるようにしなければ、他の経験のある応募者がいる中でくすぶってしまうこともあるので注意しましょう。

質問に対して瞬時に的確に答えることができたかどうか

コールセンターの仕事では、お客様の問い合わせに対していかに瞬時に的確に答えることができるのかということが求められる仕事です。

だからこそ、面接の場でも、面接官の質問にどれだけ的確に答えられていたかどうかもしっかりと見られているポイントでもあります。

面接官の質問の後で、「えっと」「それは~」「あの~」等、といった言葉を多用していたりする場合には、マイナスな印象を与えてしまうことに繋がります。

こうした言葉を無意識のうちに使っていたということはなかったでしょうか。

意外と人は緊張してしまうと頭が真っ白になり、知らず知らずのうちにこうした言葉が出てしまうということがよくあります。

コールセンターで働くプロとしてしっかりとした受け答えができる人物かどうか評価されているということを頭に入れて、事前に面接官の質問に答えられるようにあらかじめ準備しておきたいですね。

声の大きさや明瞭さに問題はなかったかどうか

さらに、コールセンターのスタッフとして働くのであれば、電話を通して相手に聞き取りやすい言葉の明瞭さやトーンも大切になります。

こうしたことが面接の中でも意識的にできていたかどうか、言葉に何度も詰まってしまったり、活舌が悪く声が震えていたり、声が低くて聞き取りにくかったりといったことがなかったどうかも見直してみましょう。

普段よりも意識的にトーンを高くしてみると、相手が聞き取りやすくなるのでおすすめでもありますよ。

面接時の服装や態度に問題はなかったかどうか

最後に、一番初歩的なことではありますが、面接時の服装や態度に問題がなかったかどうかも考えておきましょう。

  • 面接の場にふさわしいスーツを着用していたかどうか
  • スーツやシャツにアイロンをあててしわのないようにしていたかどうか
  • 靴やカバンが汚れていたりということはなかったか
  • 入室前にノックをし、静かに扉を閉めていたかどうか
  • お辞儀をした後に、面接官が着席する前に自分が座るようなことはなかったか
  • 姿勢を正して面接を受けられていたかどうか
  • 緊張から髪の毛や顔などをいじることはなかったか etc

コールセンターの仕事は相手に顔が見える仕事ではありませんが、いち社会人としての対応ができるのかどうかということは面接の中でも見られるところです。

気を抜かずにこれらのことができていたかどうかもう一度考えてみましょう。

ベルシステム24の面接結果はいつくるの?

口コミなどによると、ベルシステム24の面接結果は、だいたい1週間前後で来ることが多いようです。

1週間を過ぎても何の連絡もない…といった場合には、もしかすると落ちてしまったのかもしれませんね。

上記以外にも、ただ単純に条件面で合わないというような場合も落とされてしまうことがあるので、落ちたからといってまり深く落ち込みすぎずになるべく早く気持ちを切り替えるようにしましょう。

落ちた面接を次につなげるように振り返っておけば、自分が働きたい仕事に必ず就くことができるはずですよ。

ベルシステム24の面接で落ちたら切り替えて他を探そう!

ベルシステム24で出ているコールセンターの求人よりも、時給が200円以上高い求人が見つかるのがマッハバイトです。

高時給の求人を扱っているうえに、マッハバイトなら最大1万円のマッハボーナスももらえます。

大手求人サイトの求人が集まった良いところどりをしたような求人サイトなので、かなり豊富な選択肢の中から絞り込むことができるのでおすすめです。

まずは、自分の希望エリアを選択して、どんな求人が扱っているのかチェックしてみましょう。

「マッハバイト」で求人を探してみる>>>