異業種への転職

本に関わる仕事がしたい人必見!【おすすめの転職先6選】

記事内にプロモーションが含まれます

転職をするなら本に関わる仕事がしたい!

でも、実際に本に関わる仕事にはどんな仕事があるのか分からないという方も多いかもしれませんね。

ここでは、本に関わった仕事ができるおすすめの転職先について具体的にご紹介していきます。

転職エージェントでコンサルタントとして働いてきましたが、最近は、「〇〇が好き!」といった純粋な自分の思いを持って転職する人が実は少ないため、あなたが本が好きという思いは貴重なことです。

実際に、出版社や電子書籍系の企業から、読書好きや本に関わる仕事がしたいという人に来ていただきたいといったことを言われることもあった為、評価されやすいポイントだったりもするんですよ。

ぜひあなたの今のお気持ちを大切に今後に生かしてみてくださいね。

今後の方向性に迷いがある人には「Assign(アサイン)」!

あなたの価値観と経歴を3分で登録するだけで、AIがあなたに最適な業界や職種、具体的な企業の求人まで教えてくれるアプリ「VIEW」。

20代・30代向けになるので40代の方は利用できませんが、今後のキャリアの方向性や向いている仕事を明確にできる今までにはなかった全く新しい転職サービスです。

「このまま今の会社で働き続けていてもいいのか」と葛藤を抱えている方におすすめです。

\\アプリダウンロード後、無料の天職診断を受けてみましょう//

VIEWで無料診断を受けてみる

本に関わる仕事がしたい人におすすめの転職先

では、具体的に本に関わる仕事についてどんなものがあるのかみていきましょう。

本の出版・プロモーション活動

本(ビジネス・自己啓発・実用書など)の企画から自ら著者を発掘し、原稿の依頼をしていきます。

その後は著者とともに、原稿の整理、入稿、校正などの編集業務を行いながら書籍のPR活動も行います。

どうすれば、本が売れるのかを書店でのイベントを企画したり、SNSを使った販促を考えたりと実行ベースで進めていく仕事になります。

また、販促活動の1つとして、書店店頭でのPOPやポスター、パネルの作成といったことまで幅広く行います。

本の出版・プロモーションの仕事は、特別、司書の資格が必要といったこともなく、コミュニケーションスキルがありアイデアを出して、それを実現させていく力がある人なら楽しめる仕事になります。

最近は、出版社という大きな母体ではなく、コンテンツのダイレクト販売を行うような企業も増えているので、本に関わる仕事がしたい人にはかなりおすすめです。

電子書籍・デジタルコンテンツのセールスプロモーション

最近は、紙媒体の書籍のとどまらず、パソコンやスマフォ上で読める電子書籍が非常に人気になってきています。

グーグルやアマゾンといったネット上にお店を持っている人に対して、電子書籍の売り上げを上げるためのキャンペーンを企画から実行に移し、売り上げアップに貢献していくようなプロモーション活動の仕事があります。

季節ものを先取りした企画を考えて、メルマガやSNSを使った販促活動をしたりと様々なことを企画し、実行に移していきながら結果をみて分析をするような仕事も出てきています。

多少のネットの知識があり、本が好きという人という人が求められるような仕事であるため、本に関わる仕事がしたいという人にとっては面白い仕事になることは間違いありません。

学校向けの教材の編集や企画

小学校や中学校などの学習教材に特化して制作しているような企業もあり、原稿の執筆から編集、校正を行っていくような仕事もあります。

DTPなどのデザインができるスキルが持った人が採用される傾向が強いため、ただ本が好きだけでは難しいところはありますが、デザインスキル持っているという人ならおすすめです。

古書の査定・買取の仕事

最近では、インターネットを通して出張買取や宅配買い取りなどを行う企業も増えてきています。

医学書やIT技術系といった専門分野に特化したところであれば、需要も大きいためニーズも増えてきていますよ。

著作権管理の仕事

本の著作権管理を行うエージェントでの仕事もあります。

海外で出版された書物を日本で出版する場合には、著者などと著作権の契約を締結する必要がでてきます。

これを仲介するのが著作権管理の仕事で、海外の出版社と日本の出版社の架け橋になるような存在です。

日本の出版社から著作権の契約を結びたいと依頼されることもあれば、逆に、こんな海外の書籍はどうかと日本の出版社に対して売り込むこともある仕事です。

海外で人気の出ている書籍をいち早く見つけて、日本に取り込むといったこともできるかもしれない面白仕事ですよ。

求められる人材としては、本が好きということに加えて、かなり高い語学力を求められることもあるためハードルとしてはやや高めです。

英語が得意で本も好きという人であれば、ぜひ挑戦していただきたい仕事ですね。

書店員・ブックコンシェルジュ

そして、忘れてはいけないのが書店員・ブックコンシェルジュの仕事です。

店頭にとって書籍の取り扱いや販売を行う仕事で、直接お客様から求めている本について尋ねられたりすることも多いため、本についての知識がある方が有利に働くことができます。

直接お客様とやり取りができたり、毎日のように本を扱う仕事になるので本が好きという人にははずせない職場です。

また、書店全体の売り上げをどうすればアップさせることができるのかということも、日々、考えながら仕事ができてやりがいも感じられるはずですよ。

本に関わる仕事へ転職したいならどうする?

本に関わる仕事と言っても、本当に様々なものがあります。

転職先としては出版社が中心にはなりますが、紙媒体から電子書籍などの分野へ広げると関連した仕事は確実に広がっていきます。

本人関わる仕事を探すなら、リクナビNEXTがおすすめ。

正社員求人9割以上!リクナビNEXTにしかない限定求人が約85%もあります。

会員登録後に希望条件や職務経歴書を登録しておけば、あなたに興味をもっとあ企業からのアプローチも受けられますよ。