CADオペレーターから転職!おすすめの転職先と最高の職場を探すコツ

CADオペレーターとして働いているけれど、もう辞めたい・・・と考えている人もいるかもしれませんね。

設計者と現場からの板挟みになってしまうことがあったり、設計者から膨大な案件を引き受けて残業続き・・・というCADオペレーターも少なくはありません。

転職エージェントで10年以上働いてきましたが、CADオペレーターからの転職を考えてる人も少なくはありませんでした。

でも、実際に自分に何ができるのか分からないといった人も多く、転職自体に不安を抱えている人も多いようですね。

ここでは、そんなあなたのためにCADオペレーターからの転職先の実例や、最高の職場を探すためのコツをご紹介していきます。

途中、転職における厳しい現実もお伝えしていくので、本当に辞めたいと思っている人以外は読まないでくださいね。

CADオペレーターから転職していく人たちの理由って?

CADオペレーターの仕事を辞めたいと思う人達の理由は様々なものがあるのですが、代表的なものでいうと、精神的なストレスと長時間労働が理由になっている人がほとんどですね。

設計者と現場との間でCADを使って製図を行うのがCADオペの仕事ですが、CADオペはあくまでも設計者の指示に従って製図を行うことが仕事です。

それでも、現場から無理な設計だといったクレームを受けて、設計者との間で調整をする必要があったりと板挟みになることも珍しくあはりあせん。

また、設計者側がCADオペレーターの仕事量を考えずにどんどん案件を引き受けて回してくることも多く、長時間労働に繋がっているという現場も多いようですね。

CADオペレーターからの転職するなら注意したいこと

CADオペレーターの仕事は特殊な狭い領域なだけに、異業種への転職となるとそう簡単ではありません。

まだあなたが20代前半といった若さがあるのであれば、比較的、異業種であっても転職しやすいところはありますが、30代を超えてくるとより厳しくなってしまいます。

特に、企業側は30代以降の人材を採用する時には、これまでに人をまとめたり教育をしてきたかといったマネジメントスキルがある人を求める傾向が強く、CADオペとして淡々と設計図を見て製図をしていただけではなかなか難しいところもあります。

もし、あなたがCADオペレーターから異業種への転職を考えているのであれば、なるべく早いうちに職種変換をしてこうした土台を作っていくことをオススメします。

CADオペレーターからの転職先は?

とはいっても、CADオペレーターから転職ができないわけではありません。

CADオペレーターから設計士・建築士へ

人によっては転職をせずに勉強という道を選んだ人もいます。

現場で製図をしてきた経験を活かしてキャリアアップのために資格の勉強をして設計士や建築士に目指すという方向性も考えられます。

現場での実務経験がある人の方が、実際に転職するには有利になりやすいことから、やる気がある人なら考えてみてもいい方向性です。

設備管理・メンテナンス

これまでの製図の仕事から現場に出て管理をするという仕事に代わる人もいます。

ビルや商業施設などの設備保全や管理の仕事に転職をした人もいました。

この業界は設計士やメーカーから転職する人も多く、未経験者も積極的に採用しているのでCADオペレーターから転職もしやすくい転職先です。

製造業や建築業・メーカーの営業職への転職

また、図面のことがよく分かるという自分の経験を活かして、今度は売る側の営業職への転職をした人も多いですね。

製品の特性を事細かに把握できることから、営業面でもより詳しく提案ができるといったところで強みが発揮できる仕事です。

CADオペレーターとしてかかわってきた仕事内容から、あなたのような知識を持っている人を採用したいという企業を探せばチャンスは広がります。

CADオペ―レーターから転職して最高の職場を探すには?

他にもCADオペレーターとは全く違った業界・業種へと転職を決めたひとたちも多いですね。

転職先を探すにあたっては、

  1. ハローワーク
  2. 求人情報誌
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント

とだいたいこの4つで転職先を探すことになるのですが、異業種への転職やCADオペレーターの経験を活かして働きたいと思っている人なら④の転職エージェントがおすすめです。

コンサルタントがあなたに担当としてついて、今後の方向性について一緒に相談にのってもらえたり、あなたの知らない業界や仕事内容について事細かに教えてもらうこともできるからです。

また、企業側の人材ニーズも把握していることから、採用につながる可能性の高い求人をあなたの希望と擦り合わせて紹介してもらえますよ。

遠回りをせずに最高の職場を探すためにも、利用しておきたいところです。

求職者であればだれでも利用できて、登録からサポート、内定まで一切費用はかかることはありませんし、必ずしも紹介を受けた企業を受けなければいけないといったこともありません。

転職自体はあなた自身が決めることなので、無理な転職を勧められるといったこともありませんよ。

 

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる