保育補助の面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント

保育補助の面接を受けたけれど、結果、不採用に…。

面接で落とされてしまうと、


自分の何がいけなかったのだろうか…

保育補助として向いていないと思われたのだろうか…

とあれこれと気になっては落ち込んでしまいがちですよね。

保育士や幼稚園教諭の資格も必要とされない保育補助の仕事ではありますが、それでも、面接ではしっかりと人物を重視して採用しています。

もしかすると、保育補助の面接で落とされてしまったのは、面接の準備不足に原因があったのかも…しれません。

落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、今後も面接で落ち続けない為にも、しっかりと今後の対策していきたいところです。

保育補助以外の求人を紹介してもらうなら、 リクルートエージェント がおすすめです。

保育補助の面接で落ちた原因を掘り下げて考えよう!

保育補助の面接で落ちてしまったのは、次のことができていなかったという可能性はないかみていきましょう。

面接時の服装・マナーに問題なかったかどうか

保育園、幼稚園にしろ面接を受けるにあたって相応しい服装で望んでいたでしょうか。

  • 面接の場にふさわしいスーツを着用していたかどうか
  • 靴が汚れていたりしなかったかどうか
  • 高すぎないヒールでやや太めのパンプスを着用していたかどうか
  • 入室する際にノックをして扉を静かに閉めることができていたかどうか
  • 一礼をした時に髪の毛が顔にかからないようにまとめていたかどうか
  • 面接官が着席をする前に着席をしなかったかどうか
  • 背筋を伸ばして真っ直ぐと面接を受けられていたかどうか
  • 面接中に緊張から髪の毛をいじったり触ったりしていなかったかどうか
  • 正しい敬語を使えていたかどうか

最低限、これくらいのことは保育補助の面接でも面接官は見ています。

保育補助として保育士をサポートをしていく仕事ではありますが、子どもを預けている親から見れば、あなたが保育士ではないことなんて分からないですし、園の一員として見られることもあるからです。

そのため、園にふさわしい人物であるかどうかは、面接時の見た目やマナーでチェックされているところはありますよ。

体力があることをアピールできていたかどうか

保育補助の仕事は、保育士のサポートをする仕事とはいえすごく体力の必要な仕事になります。

保育士の代わりに、教室の清掃を隅から隅までしたり、食事の時のテーブルのセッティングをしたり雑用的なことが中心になる仕事です。

保育士の手が届かないことを頼まれたらなんでもできる、体力があるから動けるということがアピールできているかどうかという点もよく見られています。

保育補助の仕事を正しく理解できていたかどうか

保育補助の仕事は、子どもたちと関われて楽しそう!と思って始める人も多いのですが、実はその後にギャップを感じて辞めてしまう人も多い仕事です。

保育補助の仕事は、前述もしましたが保育士の補助的な仕事が中心で、清掃をしたり、制作物を作ったり、跡片付けをしたり、おもちゃを整理整頓したりなどの雑用が多くなります。

もちろん、子どもと関わることもできる仕事ではありますが、基本的には保育士が中心となって行います。

そのため、面接で子供が大好きで子どもと関わる仕事がしたかったので…といったことをあまりに協調しすぎると落ちてしまうというパターンもあります。

よほどの人手不足の幼稚園や保育園であれば、ギャップがあっても採用する場合もありますが、基本的に勘違いをしているなという人であれば不採用になってしまうケースも多いです。

ネガティブな退職理由を伝えていないか

中途採用の面接では、必ずといって前職の退職理由について質問をされます。

ここで、前の職場の不平や不満につながるようなことを言ってしまうと、その時点で落とされてしまうこともあるため注意しなければいけません。

  • 人間関係が悪かった
  • 残業が多くて体力的にきつかった

たとえ本当の退職理由だったとしても、次の転職希望先の面接で面接官に伝えることではありません。

伝えたところであなたのメリットになることは一切なく、逆に、印象が悪くなってしまうだけです。

うちに来ても同じようなことを思って辞めるのではないか…と思われてしまうだけなので、今後は退職理由は必ずポジティブなものに言い換えて伝えられるように準備をしておきましょう。

志望動機は具体的に伝えられていたかどうか

ただ、保育補助の仕事が子供と関われて楽しそうに思えたので…といったことであれば、他の希望者もたくさんいれば、インパクトに欠けるのは当然ですよね。

誰もが答えられそうな漠然としたことではなく、どうして保育補助の仕事がしたいのか、どうして他の園がある中で、そこの園で働きたいのかを明確にして具体的に落とし込む必要があります。

志望動機は、保育園や幼稚園に対してのラブレターのようなものですから、ここをどれだけ考えられていたかによって結果も変わりますよ。

最後に

面接の結果はどれだけ事前に準備ができていたかどうかで変わってきますから、後になって後悔の残らないように、上記のポイントは事前にしっかりと準備しておいてくださいね。

準備ができていることによって、面接での余裕も生まれてくることから、リラックスして普段通りのあなたで受けることができるようになるはずですよ。

保育補助以外の仕事も視野に入れていきたいと考えている方は、ハローワークや転職サイトだけではなく転職エージェントも活用して進めていきましょう。

転職エージェントでは、ハローワークや転職サイトの2倍以上の求人を抱えているので、あなたに合った仕事を紹介してもらうことができますよ。

登録からその後のサポートも完全無料で受けられるので安心で、決して無理な転職をさせられるようなことはありません。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる