清掃業から転職できる?清掃員を辞めて転職する場合に注意したいこと

清掃員を辞めたい・・・


休憩がなくて体力的にもかなりキツイ

底辺の仕事をしている気になって耐えられないし、給料が安くてやりがいを感じない…

転職エージェントで10年以上働いてきましたが、清掃業からの転職を考える人も少なくはありませんでした。

ただ、清掃員として働いてきた人の多くが、

自分のような人間が清掃員を辞めてどんな仕事に就けるのか・・・

他にどんな仕事ができるのか・・・

と不安な思いを抱えているという人がほとんどでした。

もしかすると、あなた自身も清掃員を辞めたいという気持ちはあっても転職自体に悩んでいることもあるのかもしれませんね。

ここでは、清掃業から転職する場合の注意点や清掃業から実際に転職した人たちの転職先についてご紹介していきます。

途中、現実的な厳しいこともお伝えしていくことにはなるので、本気で清掃業からの転職を考えてりうという人以外は読まないでくださいね。

>>>清掃業以外の求人をリクルートエージェントで紹介してもらう

清掃業から転職していく人たちの理由って?

前述もしましたが清掃業からの転職を希望する人の多くが

  • 清掃という仕事にやいがいを見いだせない
  • 底辺の仕事をしている気になってしまい自分に自信を持てない
  • 体力的にきつく将来的に長く働ける気がしない
  • 給料が安くてわりに合っていない など

本当に様々な理由から転職を考えている人がほとんどですね。

そんな清掃員を辞めたい方々にそもそもなぜ清掃員を選んだのかとお聞きすると、自分には掃除くらいしかできることがなかったと思ったから・・・など、後ろ向きな理由から清掃員の仕事を選んで働いているという人も多いんですよね。

正直、清掃員の仕事を後ろ向きな気持ちで選んでいた人は、自己肯定感を持てていないというところがあるのかもしれません。

後ろ向きな理由から仕事を選んでしまうと、結局長く続かなかったり、少し合わないことがあると辞めたいと思ってしまうので、もしこれから異業種への転職をするのであれば、前向きな気持ちから仕事を選ぶことをしていきましょう。

清掃業からの転職で気を付けたいこと

とはいっても、清掃業からの転職はそう簡単ではありません。

未経験分野への転職となると即戦力が優先されてしまう為、面接の中で明確に自分の強みをアピールする必要性が出てきます。

そのため、清掃業の仕事をしてきた経験の中から、あなたがどう仕事に向き合っていたのかや、得意としていたことをアピールにできるのが一番です。

例えば

  • 時間配分を考えて仕事を進めることができる
  • 丁寧な清掃を心掛けていたことから、人が気づかないようなことに気づく心遣いが自然とできるようになった など

これまでの清掃員としての仕事を振り返ってみて、自分の強みについて考えてみてください。

清掃員に就いていた人の多くが、自分には何もスキルがない・・・と思っている人も多いのですが絶対にそんなことはありません。

とある企業の社長が毎日トイレ掃除を続けていたところ、社員が意識を変えて働くようになり業績が回復したといったエピソードもよく知られるところではありますが、「清掃」ということは仕事のすべての基本になることです。

あなた自身がやってきたことに誇りを持って、堂々と転職活動に臨みましょう。

異業種への転職で落ち続けてしまう人のほとんどが、落ちる前提で面接に臨んでいたり、後ろ向きな気持ちで仕事を選んでいるといったところにあります。

面接が採用になるかどうかのほとんどは事前準備で決まりますら、今からでも自分には何ができるのかを考えてみてください。

>>>清掃業以外の求人をリクルートエージェントで紹介してもらう

清掃員からの転職先は?リアルな転職先事例


新幹線の清掃の仕事に3年間ついていましたが、足腰にくるようになり転職を希望しました。転職エージェントからは、レンタカーの営業所スタッフの仕事を紹介されましたが面接には不安がありました。仕事においてどれだけ自分がスピードを重視して働いていたかを面接でアピールすればいいというアドバイスを受け、面接対策をしてもらったところ無事に内定ももらえました。適度にデスクワーク、立ち仕事で身体にも負担はありませんし、人とコミュニケーションも最低限しか取らないので苦にもなりません。清掃員の仕事以上にやりがいを持って働けています。

企業ビルの清掃を5年半ほど続けていましたが、一生このままでいいのかという思いから清掃の仕事を辞めました。現在は看護助手の仕事を紹介されて医療法人に勤めています。女性だけの世界で厳しさはありますが、たんたんと指示されたことをこなしていくというところが自分に合っていると感じます。患者さんや看護師から感謝の言葉を伝えられることもあるのが何よりうれしいですね。

清掃員の仕事に就いたものの、底辺の仕事ではないかと思うことが多く、自分に自信が持てなくなってしまいました。その時僕は47歳。もう最後の転職だと思いタクシー会社に転職。最初は悪戦苦闘の日々でしたが、徐々にどうすれば客単価を上げられるのかということを考えられるようになっていたり、効率的に売り上げをあげながら回れるかということを意識できるようにいもなりました。乗客とはあまり話をしませんが、たわいもない会話で心が癒される時がありますね。

清掃業からの転職で最高の職場を探すために

転職先事例について見てきましたが、しっかりと面接対策をして臨んでいれば異業種への転職といったことはできないわけではありません。

転職先を探すにあたっては、

  1. ハローワーク
  2. 求人情報誌
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント

の4つの探し方があります。

清掃員として働いてきた方の多くが、ハローワークを中心に転職活動をしがちなところがあるのですが、実際に異業種へ転職をするなら利用しておきたいのが④の転職エージェントになります。

転職エージェントとは、仕事を探している人であれば誰でも利用できる無料のサービスで、コンサルタントがあなたについて非公開求人の中から求人を紹介してもらえます。

あなたの希望と企業側とのニーズとをすり合わせた上で紹介をしてくれるので、効率的に転職活動を進めていくことができるようになりますよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる