契約社員の面接落ちた!不採用になったら見直したい5つのポイント

契約社員の面接を受けたけれど、結果は不採用・・・。

正社員ではない契約社員の面接なのに落とされてしまうと、一体何がダメだったのか・・・と落ち込んでしまうこともありますよね。

志望度が高い企業であればあるほど、落ちてしまうショックも大きいはず。

でも、今後も面接で落ち続けないためにも、受けた面接を振り返って対策をしておくことも大切です。

契約社員とはいえ、企業側にとっては一定期間の間、一従業員として雇うことにはなるので、必ずしも正社員よりも受かりやすいというわけではありません。

契約社員の面接で落ちてしまう理由は?

ではさっそく、あなた自身の面接を振り返りながら、見直すべきポイントを見ていきましょう。

有名企業の契約社員の募集に応募した

契約社員の採用は、正社員の採用に比べるとハードルはやや下がるのは確かです。

とはいっても、有名企業の契約社員の求人が出ると、応募者が殺到することもよくあり倍率がかなり高くなってしまう場合も出てきます。

もし、誰しもが知っているような有名企業の契約社員の募集に応募をしたのであれば、他の応募者の中から差別化ができていなかったことが落ちてしまった要因かもしれません。

最近の契約社員の傾向としては、 正社員ではないけれど、正社員として働くくらいの気持ちを持って面接に臨んでいないと普通に落とされてしまいます。

即戦力になれるスキルをアピールできていなかった

契約社員の募集とはいっても、企業側は正社員同様に即戦力を求める傾向はあります。

たとえ未経験の分野への転職で「自分には何も活かせるものがない・・・」と思っている人でも、過去の経験の中から引っ張り出してでも見つける必要があります。

他の応募者の中からあなた自身が差別化できるポイントがここにありますよ。

退職理由を前向きなものに言い換えていなかった

契約社員の面接であっても、面接官は過去の履歴を気にしています。

前職の退職理由が曖昧だったり、ネガティブなものだった場合にはふるいにかけられてしまうこともあるので、ポジティブな退職理由に言い換えができていたかどうかを思い出してみてください。

志望動機が漠然としていた

面接で不採用になってしまう人のほとんどが、志望動機が漠然としすぎていることがほとんどです。

志望動機は、企業にあてたラブレターのようなものなので、他のたくさん企業がある中で、その企業じゃないといけない理由をあなたは伝えられていたでしょうか。

面接官は、応募者の志望動機には興味があるものなので、ここでもアピールができていたかどうか見直してみてください。

逆質問をしなかった

最後に、面接の中で面接官に対して逆質問はしていたでしょうか。

「質問をする=その企業に対して興味がある」ということですから、逆質問をしない手はありません。

ちなみに、有給消化についてや、残業時間などの条件的な質問ではなく、

  • 御社でトップ成績を上げている人はどんな人ですか?
  • 御社の社風をひとことで言うならどんな社風ですか? など

具体的にあなた自身が勤務することがリアルに想像できるような内容にしましょう。

できれば、面接前に最低2つ以上は用意しておきたいですね。

最後に

志望していた企業の面接で不採用になってしまうと、この先また働きたいと思える企業が出会えるのか、内定がもらえるのか・・・と不安になることもありますよね。

面接で不採用になってしまう人のほとんどが、準備不足が原因で落ちていますから、上記のポイントを振り返ってしっかりと準備をしていきましょう。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる