塾講師から転職!オススメの転職先と最高の職場を探す3つのステップ

塾講師をもう辞めたい・・・そういって転職相談に来られる人も少なくはありませんでした。

業界的にみても学習塾の講師の仕事の労働環境は決して良い方ではないため、人材紹介会社で10年以上勤務してきましたが、塾講師の仕事から転職したいという人はそれなりにいました。

でも、塾講師として勉強を教えるという経験はしてきても、他に自分に何ができるのか・・・、自分にはスキルが何もないといって不安を抱えている人も少なくはありませんでした。

ここでは、塾講師から異業種へ転職するならオススメの転職先についてや、最高の職場を探すためのステップをご紹介していきます。

途中、現実的に厳しいこともお伝えしていくので、本当に塾講師を辞めてもいいと考えている人以外は読まないでくださいね。

塾講師を取り巻く労働環境は厳しい!辞めていく塾講師の理由

あなたはどんな理由から塾講師を辞めたいと思っていますか?

他の人は次のような理由で辞めていく人が多いのですが、あなた自身にも当てはまるものはあるでしょうか。

不規則な長時間労働

基本的に学習塾は生徒が学校が終わった後に働くために、時間帯も不規則で土日も出勤しなければいけない仕事です。

深夜まで指導をした後に事務処理や次の授業の準備など、やることがたくさんあり日によっては0時を回るまで仕事をしていたという人もいるかもしれませんね。

そんな生活を続けていると、プライベートな時間を持てなくて将来的に不安を抱える人も少なくはありません。

生徒募集の営業が辛い

講師業ではありながらも、生徒が集まらなければ学習塾は成り立ちませんから、塾によっては講師自らが指導を行っているところも多く、営業ノルマもありキツイと感じてしまう人もいます。

仕事の割りに給料が安い

塾によって様々ですが、月給制で固定給をもらえるところもあれば、コマ数によって講師給が決まってくるところなどがあります。

平均年収としては、350~400万円程度になってきますが、それでも労働対価としては安いと感じる人が多いようですね。

教えることが向いていない

実際に塾講師になってみたものの、教えることがあまり好きではないと気づく人もいます。

やってみなければ分からないことではあるので仕方がありませんが、向いていないと感じる仕事ほど続けていくのは苦痛ですよね。

塾講師からの転職でオススメの転職先ってあるの?

異業種への転職は決して簡単ではありませんが、それでも塾講師から転職に成功した人達もたくさんいます。

実際にどんなところへ転職したかというと次のようなところです。

社会人のための資格取得スクールの生徒募集営業

同じ教育業界の中でも、営業職へと転職をした人もいます。

営業をすることはいとわないという人であれば、教師の募集営業などは塾講師の経験も活かせる仕事です。

学校法人に対しての学習支援ツールの営業

学校法人に対してiPadを通して勉強できる学習支援ツールの販売などを行う企業へと転職をした人もいました。

塾講師として教育業界で携わってきたことを強みにできる転職先です。

企業に対しての社員研修を提供する会社

また、起業に対して社員研修を行うような研修会社に転職を決めた人もいます。

人に教える・指導するということが得意な人であれば、こうしたところで自分の武器を最大限に生かして仕事することも可能です。

と、皆さん様々な方向へと転職をしていかれます。

塾講師からの転職はそれなりに厳しい!転職時の注意点

とはいっても、中途採用においては、即戦力を求められることからそう簡単に異業種への転職ができるわけではありません。

未経験者に求められるのは第二新卒ばかり

未経験者を歓迎している求人も多く見かけられますが、そのほとんどが20代半ばまでの第二新卒を希望している企業が大半です。

それ以降は、即戦力の人が優先されてしまうため、人気の企業になればなるほどハードルは上がります。

30代以降はさらに厳しい

さらに、30代以降になってくると今度は人をマネジメントしてきたかどうかの経験も求められてくる傾向にあります。

塾講師として塾全体を管理してきたり、マネジメントしてきたといった人であれば、有利に働くことも多いのですが、そうではない場合には、自分自身の経験の中から活かせることを見つけていかなければいけません。

塾講師から最高の職場を探すための3つのステップ

最後に、塾講師から最高の職場を探すためにも次のステップを確認していきましょう。

やりたくない事から逆算して方向性を考える

まだこれがやりたいとはっきりと見つかっていない人は、あなた自身が塾講師を辞めたいという気持ちからこれから先、これだけはやりたくないということに焦点をあてていきましょう。

案外、人はやりたいことを探すといっても分からない人の方が多く、逆にやりたくないことをはっきりさせる事から自分の求めているものを理解することの方が今後の方向性も定まりやすくなります。

塾講師として持っているスキルを把握する

次に、あなた自身にしか持っていない塾講師の経験から得てきたスキルについて把握しましょう。

  • 相手に対して的確に教育・指導ができる
  • 時間配分を意識した仕事ができる
  • 親御さんとの関係も築き生徒募集が得意 など

あなた自身にしかない強みを考えて、をれを活かせる仕事は何かを見つけていきます。

また、自分の持っている強みを把握しておくことで、今後の転職活動においても多いに役立ってくることなのでとことん向き合っておきましょう。

自分には何もスキルがない・・・というのは幻想で、必ずあなたが塾講師として働いてきた経験の中には他の人にはできないものがあるものです。

より多くの求人情報に触れていき絞っていく

最後に、より多くの求人情報を見ながら、世の中にはどんな会社があってどんな仕事があるのかを見ていきましょう。

求人を探すにあたっては

  1. ハローワーク
  2. 転職サイト
  3. 転職エージェント

だいたいこの3つが代表的なものになってきますが、異業種への転職をするなら③の転職エージェントの活用が一番効率的です。

コンサルタントが担当としてついてあなたの希望を聞いたうえで、企業側が求めている人材とのニーズがマッチする求人だけを絞って紹介してくれるからです。

面接へ実際に進む前にも、業界や仕事内容についても教えてくれることから、あなた自身にとっても本当に働きたいと思えるかどうかの判断も事前につきやすくなります。

ハローワークや転職サイトも活用しながらでも利用することができ、一人で転職活動を進めるよりも転職のプロがついているのであなた自身にとっても心強い味方になってくれるはずです。

登録から内定後も求職者のあなたには一切費用はかかりませんから、利用していて損はない転職サービスです。

塾講師から異業種へと転職をした人はたくさんいますから、まずは、あなた自身が本当に働きたいと思える企業があるか探してみてくださいね。

ハローワークと転職サイトの2倍以上の求人を転職エージェントが非公開求人として抱えていますから、あなたの希望の求人もきっと見つかるはずですよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる