データ入力から転職!私には何もスキルがありませんと陥りがちな人へ

データ入力をしてきたけれど、もっと違う仕事をしたい…と感じている人は多いかもしれませんね。


入力業務って頭は使わないけれど、このままででいいのかな…と思ってしまいます。

データ入力の仕事は、単純な入力業務が続くので長く働き続けていると苦痛に感じてしまったり、将来、自分に何が残るのか…と不安に思う人もいるようです。

仕事内容のほとんどが入力業務中心になってくる仕事であれば、自分以外の人でもできる仕事であるため、自分にしかできない仕事がしたいという思いが強くなるのかもしれませんね。

でも、データ入力の仕事をしてきた方の中には、「自分には何もスキルがない…」そう思って転職自体を躊躇してしまったり転職できるのかと不安に思う人も多いようです。

ここでは、転職エージェントのコンサルタントとして働いてきた私から、転職における注意点や最高の職場を探していくためのステップをご紹介していきます。

しっかりとポイントを押さえておけばデータ入力から異業種への転職も可能です。

今の仕事から違う仕事を見つけて自分のできる幅を広げていきたい!と考えている人は参考にしてみてくださいね。

データ入力からの転職でおすすめできる転職先は?

ではさっそく、データ入力からの転職でおすすめできる転職先はどんなところがあるのでしょうか。

データ入力の仕事は、どんな仕事でも基本となる仕事になるので、あなたの経験を活かして働ける幅は意外と広いものがあります。

データ入力から一般事務職へ

データ入力も事務職にはなりますが、データ入力以外の仕事も行う一般事務職への転職が一番しやすくなります。

企業によっては、一般事務職として総務や経理も経験できることもあり、そういった企業を選んで転職をするとあなた自身のキャリアの幅も広げられます。

これまでの入力業務だけではなく、見積書の作成やプレゼン資料を作ったり、様々な経験ができる職場もあるのでやりがいも実感できるのではないでしょうか。

データ入力から営業事務へ

もっと人とコミュニケーションを取ったり、臨機応変に対応するような仕事がしたいという人には、営業事務への転職がおすすめです。

基本は事務をベースにサポートをしていく仕事になりますが、営業から任されるという責任感もありますし、営業がしてほしいと思うことを先回りしてサポートしていくといったことも求められてきます。

時には、営業に替わって顧客や取引先とやり取りをすることもあったり、急な会議資料の作成など、単純な入力業務だけではない仕事もたくさんあるので、よりやりがいを感じやすくなりますよ。

データ入力から法律事務へ

また、専門的なスキルを付けたいといって法律事務への転職をする人もいます。

法律事務とは、法律事務所で弁護士を一般事務の面でサポートする仕事になりますが、裁判所の提出時に必要な書類などを作成することもあり、間違いが許されないような書類に関わることもあります。

また、専門用語なども多用されていて、法律面でも知識もある程度必要になってくる仕事です。

専門的であることからあなた自身のキャリアアップにもつなげていくことができます。

データ入力から営業職へ

データ入力の仕事から営業職への仕事にシフトする方も少なくはありません。

営業職だからといって事務作業がないわけではなく、仕事によっては、営業時間以上に事務処理をしている方が多い営業の仕事もあります。

また、営業未経験者を積極的に採用している企業も増えています。

これまでの入力業務だけでは物足りなさを感じていたり、自分の成果が目に見えて分かるような仕事に就きたいという方なら検討してみてもいいですね。

意外と自分には事務しかできないと思っていた方が、営業職へ転職することで面白さに気づいて営業成績を上げる人も多くいます。

何事も挑戦してみないことには分からない事なので、気になる方は積極的にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

リクルートエージェントでデータ入力以外の求人を紹介してもらう>>>

データ入力からの転職で注意したいこと

様々な転職先について見てきましたが、データ入力からの転職で注意しておきたいことも押さえておきましょう。

異業種への転職なら早ければ早い方がいい理由

同じ事務職としての転職であれば、経験を活かして働くこともできますが、入力業務から販売や営業職、企画職などの異業種への転職なら、なるべく早い方がおすすめです。

どうしても中途採用の場合には、即戦力となる人が有利になってくるからです。

未経験であれば、20代半ばくらいの第二新卒者を希望する場合も多いので、転職を考えているなら早ければ早い方がいいにこしたことはありません。

30代以上になると求められる基準が上がってくるので注意

さらに、30代以上で異業種への転職となると、求められる基準も上がり、これまでの社会人経験の中で人を管理したりマネジメントをしてきた能力があるかといったことが問うような企業もあります。

もし仮にこうした経験がない場合であれば、面接の中でゆくゆくはリーダーやマネージメントする経験も積みたいといったことをアピールして内定につなげていくことは可能です。

いずれにしても、面接の中であなた自身がしっかりと自分をアピールすることが求められてくるので事前準備をしておくといいですね。

データ入力からの転職で最高の職場を探すためにしたいこと

データ入力から転職して自分自身の幅を広げていきたいと感じている人は、転職エージェントでのコンサルタント相談がおすすめです。

あなたの希望に合った求人を探してくれるだけではなく、面接までの事前準備を徹底して行ってくれます。

転職のプロによるサポートが受けられるうえに、登録からその後のサポートも完全無料!

1人で転職活動を進めていくよりもはるかに効率的に進めていくことができますよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる