歯科助手の面接で落ちた!不採用になったら見直したい3つのポイント

歯科医院の面接を受けたけど、落ちた・・・。

歯科助手の面接で不採用になってしまうと


自分の何がいけなかったのか・・・

と責めて落ち込んでしまいがちですよね。

落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、それでも、今後も面接で落ち続けない為にも、不採用になった理由について考えていくということはとても大切です。

歯科助手の仕事に落とされてしまう人のほとんどが、しっかりと事前準備をしないまま面接を受けている人ばかり。

ここでは、そんな歯科助手の面接に落ちた人が見直したいポイントについてまとめてみました。

歯科助手以外の求人を紹介してもらうなら、リクルートエージェント がおすすめです。

歯科助手の仕事で求められることを把握しておこう

まずは、歯科助手の面接で求められることを把握しておくようにしましょう。

これを知っているか知らないかでは雲泥の差で、求められていることから面接でのアピールの仕方を考えれば採用までの近道になりますよね。

清潔感があるかどうか

歯科助手は歯科医院の顔としての仕事になるので、歯科医院の雰囲気に合わない人の場合には院長の判断で落とされてしまいます。

容姿が端麗である必要はありませんが、医院の顔としてふさわしい清潔さは何よりも大切です。

面接の中で、

  • スーツやシャツがしわだらけ
  • 靴が汚れている
  • 爪の手入れができていない
  • 面接にふさわしいメイクをしていない
  • お辞儀をした時に髪の毛が顔にかかる など

こうした些細な事でも採用側としては気になるものです。

協調性があるかどうか

歯科医院の仕事は、院長、衛生士とチームで仕事をしていく仕事です。

その中で歯科助手に求められていることは、協調性があるかどうかになってきます。

既にいるスタッフたちと相性が合うだろうかといったことも考えながら見ていくので、過去の経験の中からチームで仕事をしてきたことなどを具体的にアピールできるといいですね。

接客スキルがあるかどうか

歯科助手の仕事は、事務というよりも受付・接客の仕事です。

一般事務職として企業に勤めてきた人にとっては、ややギャップを感じてしまうところでもあるので、接客業としての仕事だと意識する方がいいですね。

経験がある人は、接客スキルがあることを具体的に面接の中でアピールするようにしましょう。

もし、接客の経験がない場合には、仕事の中で何を大切にしてきたかということを伝えてアピールにつなげたいところです。

歯科助手の面接で落ちたら見直したいポイント

前述してきた求められることを意識しながら、不採用になった面接を振り返っていきましょう。

退職理由はポジティブなものになっていたかどうか

中途採用の面接で必ず聞かれるのが、前職の退職理由です。

ここで仕事がいかにきつくて大変だったか、人間関係がひどかったかということを伝えても、あなたには何一つメリットはありません。

ここで伝えるべきことは、前向きな退職理由です。

たとえネガティブなことから退職をした人であっても、誰かのサポートをする仕事がしたいと思っていた・・・など、ポジティブなものにして伝えるようにしてくださいね。

志望動機が明確になっていたかどうか

ただ単純に歯科助手の仕事に興味を持ったので・・・と誰でも考えられるようなものではなく、なぜ多くの歯科医院がある中でその医院を選んだのかという理由です。

志望動機は相手の歯科医院に対してのラブレターのようなものですから、他の歯科医院がたくさんある中でなぜその医院が良かったのか明確にしてアピールにつなげておきましょう。

質問をしていたかどうか

面接の中で質問はしていたでしょうか。

たとえ質問はありますか?と聞かれなかったとしても、1点質問があるのですが・・・と伝えておくと相手へのアピールに繋がります。

質問があるということは、医院に対して興味があるということイコールですから、あなたの印象もぐんとよくなることは間違いありません。

ただ、

  • 残業時間はどれくらいか
  • 有給は取れるのか

といったような条件面での質問はNGです。

  • 働くなら長く働き続けたいと思っているのですが、現在いらっしゃるスタッフさん方はどれくらい働かれているのでしょうか?
  • 患者さんは一日に何人くらい来院されるのでしょうか? など

実際にあなたがその医院で働いたことを想像しているようなものになるのがいいですね。

その方がよりあなたが前向きに歯科助手の仕事をしたいと考えていることが伝わるのでメリットが大きくなります。

もし面接の中で質問をしていなかったという人は、次からの面接でも取り入れてみてくださいね。

歯科医院の面接で落ちてしまった人へ

不採用になってしまった理由について考えられたでしょうか。

面接ではこれが完璧にできていたとしても、年齢、院長との相性などで不採用になってしまうこともあるものです。

あまり深く考えて落ち込みすぎないようにして、次の面接へと進めるようにしてくださいね。

歯科医院はコンビニよりも数が多いので、歯科助手の求人も探せば見つかるはずです。

次の面接ではここでお伝えしたことに気を付けて、面接の中でしっかりとアピールできるようにつなげましょう。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる