立ち仕事がもう限界!仕事を見直してデスクワークへの転職も考えよう

立ち仕事が辛くてもう限界!

そんな悩みを抱えながら仕事をしている人もいるのではないでしょうか。

転職エージェントでコンサルタントとして働いてきましたが、販売職、接客・サービス業など…長時間にわたって立ち続けて仕事をすることが辛いと転職相談を受けることも少なくはありませんでした。

特に、女性で立ち仕事が限界に来る人は多かったですね。

自分なりに工夫をして、自分に合う靴を探して買いかえてみたり、コルセットをつけて姿勢を強制してみたり、接骨院に通ってみたり…とあの手この手の努力をしてきた人もいました。

私も同じ女性としてよく分かるのですが、毎月来る月経痛に耐えながら必死でこらえて働いているという人も多かったです。

もしかすると、あなた自身もこれまでにいろんな対処法をやってみたけれど、もう立ち仕事が限界にきているという状態なのかもしれませんね。

根本的に立ち仕事のきつさから解放されるには、仕事自体を見直すほかありません。

ただ、立ち仕事からデスクワークへの転職を安易に決めてしまうとギャップを感じて辞めたくなってしまう場合もあります。

ここでは、立ち仕事からデスクワークへ転職する場合に押さえておきたい事や、デスクワークの仕事を選ぶ上でのポイントを私なりにまとめてみました。

辛い立ち仕事から解放されて、自分の身体が心地よく感じる最適な仕事を探したいという人は目を通してみてくださいね。

立ち仕事からデスクワークへ転職する場合に注意したいこと

事務職は採用のハードルが高い場合も多い

立ち仕事が辛いからという人がまず考えるのが事務職への転職ですが、実は、事務職の仕事は正社員として転職するならハードルが高い職種でもあります。

特に、一般事務などの場合には、企業側が20代前半の若い人を望む傾向が強く、それ以上の年齢の場合には、経験を求めてくる傾向にあるからです。

立ち仕事が辛いから一般事務がいいだろう…と考えていても、新卒ではない限りハードルは高くなるということは覚えておきたいところです。

一般事務職でも企業規模や条件をこだわらないといった人であれば、決まる可能性もありますが、正社員でそれなりに給料も良くてといったことを望む場合には長期戦になることも考えておく方がいいですね。

デスクワークの仕事が苦行に感じてしまう人もいる

立ち仕事から事務職などのデスクワークへの仕事へ転職ができた場合でも、人によってはギャップを感じてしまうこともよくあります。

特に、立ち仕事で接客業でお客様に接してきた人に多く、デスクに座って黙々とこなすことが苦痛に感じてしまう人もいるものです。

  • 時間が長く感じる
  • 集中力がもたない
  • 動き回りたくなってしまう
  • 誰か人と話したくて仕方がない etc

人によっては、楽だと思っていたはずのデスクワークが苦行へと変わる場合もあるので注意しなければいけません。

最初のうちは窮屈に感じることもあるかもしれませんが、ある程度、時間をかけてデスクワークに慣れていければいいと予め捉えているといいかもしれませんね。

立ち仕事からデスクワークへの仕事へ切り替える場合のポイント

デスクワークのバランスを考えて仕事を選ぼう

デスクワークの仕事といっても何も一般事務職だけではありません。

企画職、人事、総務、秘書など様々な職種があります。

こうした仕事では、ただ単純に黙々と目の前の仕事をこなすというだけではなく、人と接する場面も多い仕事でもあります。

また、たとえ営業職であってもデスクワークの仕事がないわけではありません。

意外と営業職であっても、デスクワーク8割、外回り2割といったスタイルの仕事もあったりします。

いずれにしても、企業ベースで内容は変わりますが、あなたが立ち仕事からデスクワークへシフトすると言ってもどれくらいの割合が自分に適しているのか考えられるといいですね。

人と話すことや接客が好きだけれど、四六時中立ち仕事は嫌という人は、一般事務以外の仕事も含めて範囲を広げて絞っていくことをおすすめします。

プロに頼って効率的に求人を紹介してもらう

立ち仕事がもう限界に来ているという人は、転職のプロである転職エージェントのコンサルタントにサポートしてもらいながら最適な職場を探してみましょう。

転職エージェントならあなたの希望に合ったところと、企業側との人材ニーズをすり合わせた上で非公開求人の中から紹介してもらうことができます。

そのため、一人で転職活動を進めていくよりも、スムーズに転職活動が進められることは間違いありません。

履歴書や面接対策も個別企業にあわせてアドバイスしてもらえる上に、求職者側には一切費用がかかりません。

この先も今の立ち仕事を続けられる自身がないという人は、実際に限界がきて倒れてしまう前に相談してみてくださいね。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる