ドンキホーテの正社員の面接で落ちた!不採用なら見直したいポイント

ドンキホーテの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


やってみたい仕事だったけれど、自分には向いていないと思われたんだろうか…

ドンキで働きたかったけれど、自分の何がいけなかったんだろう…

面接で落とされてしまうと、あれこれと悩んだり落ち込んでしまいがちですよね。

でも、多くの人が面接の準備不足が原因で落とされてしまっているケースもあります。

落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、今後も面接で落ちつけない為にも必要な作業です。

志望している企業から内定を勝ち取りたいという思いが強い方は、今後の参考にしてみましょう。

ドンキホーテの正社員の面接で落ちた原因を掘り下げて考えよう!

目標に対してどれだけ努力ができるかをアピールできたか

ドンキホーテは、どちらかろいうと実力主義な社風として知られています。

結果が重要視される傾向にあり、売り上げを上げられる人の昇進も早い会社です。

だからこそ、面接の場においてどれだけ目標に対してコミットできるかということを、過去の経験を通してアピールすることが求められます。

これまでに、販売、営業経験がある場合には、必ず売り上げ目標に対してどれくらいの達成率で成果を出してきたかといった具体的な数字を交えておく必要があります。

自らの意志でやり遂げた実績をアピールできていたか

たとえ、営業や販売経験がたとえなかったとしても、自らの意志で動いてやり遂げたことがある経験を伝えられていたかということも大切です。

ドンキホーテでは、仕入れや店舗の販売などで自分の意見を反映させて動いていくことができる企業です。

そんな社風を汲み取って、これまでの経験の中からやらされ仕事だけではなく、自らが考えて行動に移し、結果、どうだったかまで具体的に伝えられているといいですね。

それが成功したしなかったに関わらず、あなたがそこから何を学んだかを伝えた上で、自主的に考えて行動することができるということをアピールしておきたいところです。

プラスアルファのスキルもアピールできたか

ドンキホーテの顧客の中には、外国からの観光客も大勢いるので、日ごろの接客の中で、英語や中国語、韓国語などが必要になるケースも出てきます。

そのため、少しくらいなら英語や中国語などの外国語が話せるといった人であれば、もれなくアピール材料にしておくことも必要です。

たとえ誇れるような資格として持っていなかった場合でも、外国への留学や旅行経験があることなどに触れてみてもいいかもしれませんね。

また、英会話が趣味で現在勉強中ですとアピールしてみるのも、それなりの効果を発揮します。

5年・10年先にドンキホーテでどうなっていたいかまで伝えられたか

ドンキホーテでは、社員に対して将来的には幹部候補として成長してくれることを期待しています。

だからこそ、ドンキホーテであなた自身が5年先、10年先にどうなっていたいのかまでイメージして面接に臨む必要があります。

例えば、5年先には自ら仕入れた商品で売り上げに大きく貢献しトップ成績を収め、10年後には店長職を経験していたいといったことまで落とし込んで、面接に臨めているとなおいいですね。

退職理由はネガティブなことを伝えたりしていなかったか

念のための確認ですが、退職理由でネガティブなことを伝えたりしていないでしょうか。

転職の場合には必ずといってこれまでの退職理由について聞かれることになりますが、ここで、前職の不平や不満につながるようなことを伝えてしまうとその時点で落とされてしまうケースがよくあります。

  • 人間関係が悪く居心地が悪かった
  • 残業が多く体力的にきつかった など

こうしたことで本当に退職をしていた場合でも、次の転職時の面接で伝えるのは避けるべきです。

面接官に伝えたところでうちに来ても同じようなことで辞められてしまうのではないか…とマイナスイメージに捉えられてしまう可能性が高いです。

どんな退職理由であったとしても、あらかじめポジティブな内容になるべく変換して答えられるように準備をしておきたいですね。

ドンキホーテの面接で落ちたけれど諦めきれない人へ

ドンキホーテの面接で落ちてしまったけれど、まだ諦めきれないという人は、ドンキホーテ以上に魅力的な企業を探してみましょう。

上記のことができていてどれだけ準備をして面接の望んでいたとしても、企業との相性で落ちてしまうこともあるのが面接です。

落ちてしまうと落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、できるだけ早く切り替えてもっと志望度が高い企業を見つけていきましょう。

ドンキホーテのように、成果をしっかり評価してくれて、給料もそれなりに高い企業は探せばまだまだたくさん見つかります。

ハロワークや転職サイトだけではなく、転職エージェントも活用して非公開求人の中から紹介も受けておきましょう。

転職エージェントでは、求人の紹介をしてもらうだけではなく、あなたにコンサルタントが担当としてつき、履歴書や職務経歴書の添削から個別企業に応じた面接対策をしてくれます。

登録からその後のサポートも内定をもらった後も一切費用はかからないので、むしろ、利用していないと損なくらいです。

ハローワークや転職サイトの2倍以上の求人を抱えているので、ドンキホーテよりも働いてみたいと本気で思える企業も見つかるはずです。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる