工場の面接で落ちた!正社員で不採用になったら見直したいポイント

工場の面接を受けたけど、結果、不採用に・・・。

面接で不採用になってしまうと自分の何がいけなかったのだろう・・・と自分を責めて落ち込んでしまうこともありますよね。

でも、工場勤務なら誰でも受かるというのは落とし穴で、しっかりと面接対策をしていなければ当然ながら不採用になってしまうことも多い職場です。

転職エージェントで10年以上、コンサルタントとして働いていましたが、工場の面接で不採用になった人からの転職相談を受けることも少なくはありませんでした。

ここでは工場勤務で求められることを重点に置きながら、落ちてしまった面接を振り返っていきましょう。

自分が落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、これをしっかりとしておくことで面接で落ち続けるこということはありません。

工場の面接で落ちたら見直したい3つのこと

工場勤務だから誰でも受かるという事は決してありません。

企業側はあなたが本当に入社してもギャップを感じずに働き続けるか、他の人たちと強調して働けるか、早く辞めたりしないかといったこと見て人を選ぶので、面接の中で次のようなことができていたかどうか見直してみましょう。

真面目な印象を与えていたかどうか

工場の生産ライン1つとっても、納期や時間を守ってきっちりと仕事をこなしたり、他の人たちと一緒にライン作業をする仕事も多いですよね。

正社員の場合には、パートさんをまとめたりといったことも必要になる現場もあります。

だからこそ、あなたが本当に真面目に仕事に就いてくれる人なのかというところを見ている面接官は多いですね。

だからこそ、面接時でマナーがしっかりとある人かどうかということもチェックされています。

  • 面接時間の10分くらい前には到着していたかどうか
  • 面接部屋に入る前にノックをしていたか
  • お辞儀をしていたかどうか
  • 面接官が着席する前に座らなかったかどうか
  • 面接にふさわしい服装で望んでいたかどうか など

こうした当たり前なことができてなければ、面接での印象は悪くなってしまいます。

基本的なことをまずは見直しておきたいところです。

退職理由がポジティブなものになっていたかどうか

面接で必ずといって聞かれることが、前職の退職理由になります。

残業が多いから、給料が安いから、人間関係が悪かったからなどのマイナスなことをここで伝えていては、完全に面接は落とされてしまいます。

たとえあなたが人間関係が嫌で辞めた場合であっても、ここではポジティブな退職理由を考えて伝えられるようにしておく必要があります。

そのまま本当のことを伝えたところであなたには何のメリットもありません。

例えば

  • もっと目の前のことに集中して仕事ができる工場勤務の方が自分の性格的にも合っていると思ったので退職しました
  • 前職では経済的に不安定になることもあり、生活力をもっと安定させたいという思から退職を決意しました

といったように、あなたが前向きに働きたいと思っているようなことが伝わるようなものに言い換えるようにしましょう。

明確な志望動機を伝えられていたかどうか

工場の仕事もたくさんありますが、なぜあなたはその企業の面接を受けたのかという志望動機はかなり大切です。

志望動機はその企業へのラブレターのようなものなので、ここでしっかりとその企業に向けたものを考えられているかどうかは大きな差になってきます。

他の応募者の中でもあなたが選ばれるためにも、誰でも思いつくようなものではなく、自分の性格も織り交ぜながら一ひねり加えた志望動機にしておきたいですね。

  • 自分の好きな自動車製造に関わることができること、たとえその一部の部品であってもモノづくりに携われることに興味があり御社を志望しております。将来的には製造ラインの責任者になれるように経験を積んでいきたいと思っています。

 

  • 自分の性格的にも1つのことに熱中して働くことが好きなため、御社での検査の仕事に大変興味を持ち志望しました。人と協力して働くことが好きなため、パート従業員の管理など人をまとめるようなスキルも付けていたいと思っています。

といったように、将来的にあなたがその企業でどうなりたいのかまで伝えられているとベストですね。

あなた自身ができるこを明確にアピールできたか

また、面接ではあなたが過去の経験の中から何ができるのかということも面接官には気になるところです。

これまでの仕事の中で工場での経験があれば、具体的にどのようなことをしてきたのかを伝え、何ができるのかということを明確に伝えておくのもいいですね。

もし、工場での勤務経験がない場合でも、前職であなたが大切にしてきたことの中から、真面目に仕事に取り組める人であることを自己PRしましょう。

最後に

面接で落とされてしまうとこのままで大丈夫なのかと不安もあるかもしれませんが、できるだけ早く気持ちを切り替えて、より魅力的な企業の求人を探してみるようにしましょう。

ハローワークや転職サイトだけではなく、非公開求人を多く扱っている転職エージェントも活用することで選択肢を確実に広げることができますよ。

求職者であれば誰もが利用でき、登録からその後のサポートも内定をもらった後も一切費用がかかることはありません。

まずは、あなたが本当に働きたいと思えるような魅力的な求人があるか、非公開求人の中から紹介を受けてみてくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる