【母子家庭で不採用!】面接に落とされたら見直すべき3つのポイント

Aさん:「母子家庭」と伝えると、面接ですぐに落とされてしまうんです・・・。

私:それ、本当に「母子家庭」だけが原因ですか?

人材紹介会社で10年以上転職相談を受けてきましたが、シングルマザーの人たちから「母子家庭」と伝えるだけで不採用になるんですと相談を受けることがありました。

確かに、企業によっては子どもがまだ小さい・助けてもらえる親が住んでいないなど、母子家庭の人を採用したがらないケースはあります。

もしあなたがこうした企業への面接へ進んで、すぐに不採用にされてしまったのであれば、悔しい思いでいっぱいになるでしょう。

でも、企業によっては保育園からの急な呼び出しで帰られてしまうと、会社の中の仕事自体が回らないというような状況になってしまうところも多いので採用側の気持ちも分かります。

「母子家庭だから落ちた・・・」

でも、それを言い訳にしていても、あなたの大切な子どもを守れるわけではありません。

これからあなたが子ども(たち)を養って幸せにしていくと決めたのなら、もう一度本気で転職(就職)活動に挑んでいきましょう。

母子家庭の人たちで転職できた人たちを過去にたくさん見てきましたから、あなた自身が子どもを思う気持ちを胸に秘めながら前向きに進んでいけば最高の職場を見つけられるはずですよ。

母子家庭の転職活動なら、面接対策も充実している リクルートエージェント がおすすめです。

母子家庭で面接に落ちたら見直すべきポイント

あなたが面接で不採用になってしまったのであれば、次のことを見直していきましょう

母子家庭を望まない企業の採用を避ける

前述したように、母子家庭を望まない企業もあるのは仕方がありません。

でも、最近では「母子家庭」ということを気にしない、むしろ、「母子家庭」であっても積極的に受け入れている企業が増えてきています。

企業の採用担当者によっては、母子家庭の人なら何があっても生活がかかっているので働き続けてくれるという見方をする人もいるからです。

もちろん、母子家庭だから面接で有利になるということはマレですがが、面接を受ける前から母子家庭を望んでいない企業に応募することを辞めてしまえば、採用される可能性もあがりますよね。

面接の中で子どものサポート体制について具体的に伝えること

母子家庭で面接を受けた場合、採用担当者が一番気になるのは、子どもの年齢と子供が熱を出した時などのサポート体制があるのかどうかということです。

サポート体制がある人の場合

家の近くに両親が住んでいて、いざという時には助けてもらえるといったフォロー体制がある人は、必ず具体的に何をしてもらえるのかということを面接の中で伝えるようにします。

子どもを保育園に預けていても、簡単に子供はすぐに熱を出したり、下痢になったりして保育園から連絡がかかります。

保育園のお迎えは、基本的に祖母が迎えにいけるので、私が仕事の途中で抜けて帰ることはよほどのことがない限りは大丈夫ですと言ったように伝えるようにします。

サポート体制がない人の場合

では、逆にサポート体制がない人の場合にはどうすればいいのかということですが、これも正直に伝えておくといいでしょう。

このことを隠して入社したところで首を絞められるのはあなた自身ですから、企業側にも理解してもらった上での転職が最も理想的です。

いざという時には自分がいかなくてはいけないが、仕事自体はできる限り頑張って努めたいという前向きな気持ちを伝えておけば大丈夫です。

母子家庭を採用したくないような企業ではなければ、理解を示してくれる場合もあります。

面接対策に抜かりはなかったか

いずれにしても、面接を受ける企業に対しての

  1. 志望動機
  2. 前職の退職理由(あれば)
  3. 自己PR

については、力を抜くことなく対策をしておきましょう。

子どものために働かなければいけない、生活がかかっているからばかりに気を取られてしまうのではなく、基本的なことができていなければ採用されるものも採用されません。

不採用になった面接で、

  • 志望動機が他の誰でも思いつくような内容になっていなかったかどうか
  • 前職の退職理由でネガティブなことを伝えなかったか
  • 自分のこれまでの経験の中からできること・持っているスキルを明確に伝えることができたか

もう一度考えてみてください。

  • 志望動機は、起業のホームページをくまなく読んで自分にしか言えないこと、本当に自分に落とし込んで考えられたかどうかが重要です。
  • 前職の退職理由は、たとえ嫌なことが理由で辞めたとしても不平や不満を言うのではなく、ポジティブに言い換えて伝える必要があります。
  • 具体的に何ができるのか・得意なことが何があるのかを伝えましょう。

落ちた面接を振り返ることほど胸が痛むことはありませんが、それでも、今後の面接で落ち続けないためにも必要な作業です。

母子家庭で今後の転職活動に不安が残る人へ

それでも、今後の転職活動が不安があるという人は、転職エージェントを使ってコンサルタントを間に挟んでの転職活動をサポートしてもらいましょう。

1人で転職活動を進めていても、求人を見ても母子家庭を採用したくない企業なのかどうかは分かりませんよね。

無駄足をこれ以上踏まないためにも、事前にある程度話を進めてもらえて、母子家庭でも働きやすい職場環境があるところを紹介してもらう方があなた自身も安心ではないでしょうか。

希望を伝えて求人の紹介をしてもらえるだけではなくて、

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 個別の面接対策
  • スケジュール管理 など

転職のプロがサポートしてくれる上に、求職者には一切費用がかかることはありません。

転職エージェントは企業側から採用にいたった場合のみ手数料を頂いているだけなので、あなたに負担になることは何もないんですよね。

転職を考えている人なら誰もが利用できるもので、人に誇れるようなスキル・経験がない人は利用できないというようなものではありません。

母子家庭の面接をスムーズに進めていくためにも、積極的に活用してみましょう。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる