【花屋から転職】辞めたい人におすすめの転職先と職場探しのコツ

見た目以上に重労働・・・そんな花屋を辞めたいという人もいるかもしれませんね。

転職エージェントで10年以上働いてきましたが、花屋で働いている人たちからの転職相談を受けることも少なくはありませんでした。

でも、花屋で働いてきただけに自分には何もスキルがない・・・と悩んでしまう人も多いのですが、花屋から実際に転職サポートをして転職を実現してきた人もたくさんいるので安心してください。

ここでは、花屋から転職するにあたって必要な情報をまとめてみましたので、もう本当に花屋を辞めたいと考えている人は読んでみてくださいね。

途中、現実的な厳しいこともお伝えしていきますが、これから最高の職場を探すためにも必要なことになるの目を通しておきましょう。

>>>花屋からの転職ならリクルートエージェント

花屋から転職していく人たちの理由って?

花屋からの転職をしていく人たちの理由は実に様々なものがあるのですが、その中で共通していることもいくつかあります。

花屋の仕事内容がとにかくきつい

花の水切りやバケツに水を入れて運んだりといった作業が出てくるので、かなりの重労働な仕事です。

お店によっては、ブライダルやスーパーなどへお花を卸しているというところもあり、車への積み下ろしをして運んだりといった仕事をしている人もいることでしょう。

また、冬場はとにかくキーパーからの冷気でさらに店内は寒くなりますし、冷たい水作業もしなければいけません。

このまま働き続けられるのかといった不安も出てくることがあるのが花屋の仕事です。

お花が好きで触りたくて入ったのに、仕事内容がきつくて合わないという人は意外と多いですね。

給料が安い

また、花屋の仕事は良くても月給18万円からというところが多く、年収でも300万円あればいい方です。

にもかかわらず、仕事は重労働にはなってしまうので、仕事内容に対しての給料自体が見合っていないと感じる人がほとんどです。

アレンジができずに心が折れてしまった

花をアレンジしたり花束を作ったりという仕事がしたくて勉強して入った人もいますが、それでも、お客からの苦情などを受けて心が折れてしまったという人もいます。

中には、仏花がどうしても作ることができなくて、結局、クビのような形になって終わったという人までいましたね。

花屋からの転職で注意したいこと

では、実際に花屋から異業種への転職を考える場合に、注意したいこともあるので見ておきましょう。

転職活動において活かせるスキルを知っておくこと

未経験での転職ともなるとそれなりに厳しく、企業のほとんどが未経験なら「20代半ばくらいまでの第二新卒者がほしい」といった希望を持っているところも多いです。

そのため、経験のない20代半ば以降の転職であれば、これまでの花屋での経験の中で活かせることは何があるのかということを知っておく必要があります。

例えば

  • 花の種類やことわざなどを覚えたり、アレンジなどをやり方を学んだり、常に自分から吸収したり勉強ができること
  • お客様とコミュニケーションを取って欲しいものやイメージを形にすることができること
  • 力仕事には自信があること など

自分自信の経験の中から、これは転職活動で武器になるということを知っておくと後々約に立ってきます。

いまいちど、あなたの経験を振り返って自分には何ができるのか、何に強みがあるのかということを把握しておくようにしておきましょう。

30代以降の転職はより厳しくなってくる

30代以降ともなれば、転職市場はより厳しくなり人をまとめてきたようなマネジメント経験も必要になってきます。

こうした経験を積んできていないという人は、なるべく早く転職をしてこうしたスキルをつけていけるように努力したいところです。

いずれにしても、異業種への転職を考えているなら早めに転職を実現させて土台を作っていくことをオススメします。

>>>花屋からの転職ならリクルートエージェント

花屋からの転職先は?実際に転職に成功した人たちの事例

花屋からの転職は特殊な仕事だけに厳しくなりがちですが、決してできないわけではありません。

実際に私が転職サポートをしてきた方々の中にはに次のような転職先へと転職を決めた人がいました。

ブライダル企業 フラワーコーディネーター 20代 女性

アレンジに自信があれば、花屋からフラワーコーディネーターとして転職を実現させた人もいます。

受発注からデザイン、設営まで様々なことに携わることができる仕事です。

求人枠は多くはありませんが、花屋での経験を積んできて新たな環境にステップアップをしたいという人にはぜひチャレンジいただきたい仕事です。

ブライダル企業 ウェディングプランナー 30代 女性

お花の知識があるということを武器に働けるのがウェディングプランナーの仕事です。

具体的に会場装荷や花嫁のブーケなどをより具体的にお客様に対して提案することができますよね。

ブライダル企業としてもいざとなれば、生花を扱えるプランナーが1人いるのは会社としてもかなり助かるところもあるようです。

花屋で働いてきた経験を活かして働くことを考えるなら、選択肢の1つとして考えてみてもいいかもしれません。

プランナー職は年齢があまりに若いと逆に信用をしてもらえないこともあるので、30代以降の方でも比較的転職しやすい職種でもありますよ。

広告代理店 営業事務 20代後半 女性

花の世界から全く違う業界や業種へと転職を実現した人もいます。

花屋の仕事が重労働できつくて、デスクワークを中心にやりたいといった人は営業事務などへの転職をする人もいますね。

未経験なので20代半ば以降になるとやや厳しくなりがちですが、あなた自身の経験の中からアピールできることを引き出して面接に臨めば転職ができないわけではありません。

花屋からの転職で最高の職場を探すコツ

他にも花屋から異業種への転職を実現してきた人はいますから、あなたも焦らずにしっかりと今後の方向性を見定めていきましょう。

転職先を探すにあたって

  1. ハローワーク
  2. 求人情報誌
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント

の4つがありますが、花屋から転職を考えているなら転職エージェントがおすすめです。

コンサルタントがあなたに担当としてつくので、今後の方向性を一緒に考えてもらえるだけではなく、客観的に見てあなた自身の経験の中から活かせるものを引き出してもらうこともできるからです。

企業が求めている人材像も把握していることから、あなたのニーズと企業との要望をすり合わせるということもできるんですよね。

その中から、求人をいくつか絞って提案してくれるので、転職活動も効率的に進めていくことができます。

登録からその後のサポートも内定をもらった後にも、求職者には一切費用はかからないので利用しておきたいサービスの1つですね。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる