林業辞めたい!林業からの転職でおすすめの転職先と成功の秘訣


林業の仕事がきつすぎる…将来が見えない…

林業の仕事がきつくて辞めたい…と感じている方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントのコンサルタントとして働いてきましたが、林業に携わっている方々から転職相談を受けることも少なくありませんでした。

林業は想像以上に大変なきつい仕事でもありますが、一体どのような理由から辞めていく人が多いのでしょうか。

あなた自身の辞めたいと思う気持ちと照らし合わせて、自分の気持ちにまずは向き合っていきましょう。

また、林業からの転職時の注意点やおすすめの転職先までまとめてみましたので、異業種への転職も考えたいという方は最後まで目を通してみてくださいね。

林業から転職するなら、 リクルートエージェント がおすすめです。

林業を辞めていく人たちの理由とは?あなた自身の辞めたい理由に向き合おう!

危険が伴う割に給料が安すぎて将来が見えない

林業の平均年収は約360万円ほどといわれていますが、これは、サラリーマンの平均年収440万円のはるかに下をいっています。

常に危険とも隣り合わせな仕事にも関わらず給料が安いことに不満を感じる方がほとんどで、仕事で怪我をしても医療費を自己負担させられたというようなケースもあるようです。

給料が安いので子供を養いながら林業で食べていくとなると、かなりの節約や奥さんも共働きが必要になってきます。

林業を始めた若い人たちは特に、身体的なリスクがある上に将来が見えないし、家族を持っても養っていけないからといって転職する人がほとんどですね。

仕事がきつくて体力的に限界

林業の仕事は、重たいチェーンソーを持って険しい山林を歩いたり、思いものを持ったりと体力的にもハードです。

夏は暑く、冬は寒い環境の中で働かなければならないため、より身体にも堪えます。

腰を痛めたり怪我をすることもつきものなので、体力的にも限界を感じて辞める人も多いですね。

若いうちはなんとか頑張れたとしても、年齢を重ねた時にいずれ限界がくるので早いうちに職業を変えたいと思う人もいます。

人間関係が狭く耐えられない

林業に古くから携わってきた職人気質なタイプの人が多いということもあって、理不尽に怒鳴られたり、いやがらせを受けたりといったことも人によってはあるようです。

狭い人間関係の中でお互いに協力して働かなければいけないため、そこから逃げ出すには転職しかないと踏み切る方も多いですね。

どこにでも人間関係はありますが、林業の世界での人間関係は親方や経営者との距離も近くより密度が濃くなってしまうこところはあるのでしょう。

林業から異業種へ転職する場合の注意点

林業から全くの異業種へ転職をするのであれば、なるべく若いうちに転職をするのがおすすめです。

20代でまだ若い人であれば、ポテンシャル採用でその人のスキルよりも潜在的な可能性を見出して採用する企業も多くあるからです。

30代以上ともなってくると即戦力として働ける人はもちろんのこと、誰かに対しての指導経験があったりといったマネジメント経験も求められる傾向が強いので、林業から異業種への転職をするならなるべく早いうちに行動しましょう。

林業から転職でおすすめの転職先は?

林業から転職をするならできるだけこれまでの経験が活かせる職場がおすすめです。

これだけではありませんが、林業での経験が活かされやすい転職先についてみていきましょう。

住宅・ハウスメーカーなどの不動産業界の営業職

コミュニケーション能力があるという方であれば、不動産の営業職に挑戦してみてもいいかもしれません。

不動産の営業職は未経験からの転職者を積極的に採用していることが多くなります。

林業に携わってきたという経験を活かして、木造戸建て住宅を売るといった仕事に就いてみるのも面白みがあるかもしれません。

不動産の営業職でも企業によっては、固定給+インセンティブがついてかなり高年収を期待できる部分もありますから、林業を脱して安定的に収入を増やしたいという方は一度は見ておきたいところですね。

木材の加工会社

加工機を使った製材作業、木材の研磨や塗装作業などこれまでの林業に携わってきた経験をフルに活かすことができる職場です。

木材の運搬にはチームワークも大切になり、フォークリフトが必要になる場合もありますが、操作資格がない方でも企業によっては資格取得の支援があるようなところもあります。

木材に携わってきた経験や知識を無駄にしたくないと思う方は検討してみてもいいでしょう。

住宅資材商社

工務店や建築会社などから入る木材の発注に応える仕事です。

定期的に訪問して商品の案内や施工プランに合わせた提案営業を行い、見積書の作成から発注業務まで行います。

一連の流れを覚えることができれば、まだ取り扱ったことのなに資材の仕入れや発注なども自身で行っていくこともできたりもできます。

農機具の販売職

農機具の扱いに慣れているという経験を活かして、農機具の販売営業の仕事に就く方もいます。

店舗ででの新品、中古の農業機械の販売をしたり、依頼を受けた農家に出向いて農機具の買取や査定などを行います。

それをWEBサイトへの出品をし、配送も行ったりといった仕事もあります。

林業からの転職を成功させる秘訣は?

林業からの転職を成功させるなら、ハローワークや転職サイトだけではなく転職エージェントも活用してプロのコンサルタントの転職サポートも受けておきましょう。

転職エージェントでは2倍以上の求人数を抱えているので、普段は目にすることのない求人を紹介してもらえる可能性も高いです。

希望に合うような求人を紹介してもらえるだけではなく、コンサルタントが間に入って面接対策までしっかりとサポートしれくれるので、林業からいきなり異業種への転職が不安という方でも安心です。

転職エージェントは、学歴や特別なスキルを持っている人だけが利用できると思っている方も多いのですが、将来的な転職を考えているといった方であれば誰でも利用することが可能です。

登録からその後のサポートも内定をもらった後も一切費用がかかることもありません。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる