ガリバー(現:IDOM)の面接で落ちた!不採用なら見直したい事

ガリバーの面接を受けたけれど、面接の結果は、不採用・・・。

面接で落とされてしまうと


自分には営業は向いていないと思われたのだろうか…

何がいけなかったんだろうか…

とあれこれと考えて落ち込んでしまうこともありますよね。

(※ガリバーインターナショナルは、2016年に株式会社IDOM(いどむ)に社名変更されています。)

ガリバーは、全国展開している中古車の卸売りモデルで成長してきた企業で、消費者にも広く知られている企業の1つです。

そんなガリバーは、最近は、リスクヘッジのためにも様々なメーカーの新車だけを販売する小売店舗の強化や、車が好きないろんな車に乗りたいマニアのために、いろんな車種をの乗り換えることができる月額性プランなどを打ち出しています。

まさに社名同様に、車の卸だけにはとどまらないようなことにも挑んでいる企業です。

全国にも店舗数が多くあるため、年間通して中途採用の募集も積極的に行われています。

ですが、そんなガリバーの面接で落とされてしまった…というのは、もしかするとあなたの面接に対しての準備不足が原因だったこともあるかもしれません。

今後も志望している企業の面接で落ち続けないためにも、ガリバーの面接を振り返っておきたいところです。

落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、本命の企業から内定をもらうためにも大切な作業の1つになりますよ。

ガリバー以外の求人を紹介してもらうなら、 リクルートエージェント がおすすめです。

ガリバーの中途採用の面接で落ちた原因を掘り下げて考えよう!

第一印象で営業向きではないと思われていないか

ガリバーの仕事では、直接お客様に接していく仕事になるため、第一印象が営業向きかどうかということは重要視されています。

人の印象は第一印象で8割は決まると言われているため、面接の場での見た目・雰囲気・マナー・立ち居振る舞いができているかどうかということは面接官にチェックされています。

  • 面接の場にふさわしい上下セットのスーツを着用していたかどうか
  • スーツやシャツにしわがないようにアイロンをあてていたかどうか
  • 靴が汚れていなかったかどうか
  • A4サイズの書類が入る起立式の鞄を使っていたかどうか
  • お辞儀をした時に髪の毛が顔にかからないように短くしていたり、女性の場合はまとめていたかどうか
  • 入室する際にドアをノックし静かに閉めたかどうか
  • 面接官が着席する前に座らなかったかどうか
  • 椅子に深く腰をかけ、姿勢を正して面接官のいう事に耳を傾けていたかどうか
  • 面接中に髪の毛をいじったり、股が開いていたりしなかったかどうか

基本的にはことにはなりますが、こうしたことがしっかりとできていたでしょうか。

ガリバーは営業未経験者も積極的に採用している企業にはなりますが、少なくとも、こうした基本的なマナーなどが守られているかどうかは見られています。

明日にでも店頭に立たせることができる人物かどうかという視点でみられるため、もう一度振り返っておきましょう。

前職の退職理由をポジティブなものに言い換えられていたか

中途採用の面接では、必ずといって前職の退職理由を聞かれることになりますが、ここで、前職の不平不満につながるようなことを伝えてしまうとそれだけで落とされてしまう可能性が高いです。

  • 人間関係が悪く上司からのパワハラがあったため退職しました。
  • 残業が多く仕事が割りに合わないと感じていたため退職しました。

極端な例かもしれませんが、こうしたことを次の転職の面接の場で伝えたところで、あなたには一ミリのメリットはありません。

この人を採用しても同じようなことで悩んで退職するのではないか、また不平不満を感じることができると辞めるのではないかと面接官に思われてしまうだけです。

退職理由は、たとえどんな理由だったにせよ、ポジティブな内容に言い換えて伝えられるように見直しておきましょう。

ガリバーに対しての志望動機が漠然としていなかったか

面接官が一番気になっていることの1つに、志望動機があります。

ここで、他の面接者が誰でも思いつくような、「車が好きで営業にも興味があったため志望しました。」といったような志望動機では漠然としすぎています。

志望動機は相手企業に対してあなたをアピールできるチャンスになるので、より具体的な志望動機にしておくことが大切です。

ガリバーのどんなところに魅力を感じて志望したのか、あなた自身がガリバーで働くことを通してどう成長したいのかまで落とし込んで伝えられているのがベストです。

適切な質問をしていたかどうか

面接の場所で適切な逆質問はできていたでしょうか。

相手企業に対して質問をするということは、それだけ興味を持っているということをアピールすることにつながります。

最低でも事前に2つか3つくらいの質問を用意しておくことは大切です。

特に、ガリバーのように挑戦意欲や成長意欲をかってくれるような企業に対して、逆質問をしないというのは非常にもったいないことですよ。

ガリバーへの転職が諦めきれないという人へ

ガリバーへの転職が諦められないという人は、ガリバーのように全国展開していて成長を遂げているような企業を探してみましょう。

面接で不採用になる人のほとんどが、面接準備ば不十分だっただけという人がほとんどです。

  • 企業の求人情報だけではなく、採用ページをくまなく読み込んでいたでしょうか
  • 企業のサイトからどういった人材が求められているかということは分析できていましたか
  • ガリバーで働くイメージを5年先、10年先まで持って面接に臨んでいたでしょうか

これらのことが事前にできていなければ、本当に働きたいと思う企業からの内定をもらうことはいつまでも難しくなってしまいます。

少しでも不安があるという人は、一人で転職活動を進めていくよりも転職エージェントでプロに頼ってみるという方法もおすすめです。

あなたの希望に合った求人を選定して紹介してくるだけではなく、履歴書の添削から個別企業にあわせた徹底的な面接対策を本気でしてくれるため、転職活動もスムーズに進みます。

登録からその後のサポート、内定後をもらった後も求職者側には一切費用がかからないサービスなので安心ですよ。

本気であなたが働き続けたいと思える企業から内定をもらうことを目標に、突き進んでいってくださいね。

 

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる