ヘルプデスクから転職!キャリアプランが描けないと悩んでいる人へ


ヘルプデスクをもう辞めたい…。

この先どんなキャリアを描けばいいのか…

転職エージェントで10年以上、コンサルタントとして働いていましたが、ヘルプデスクをしている方からの転職相談を受けることもありました。

ヘルプデスクという特殊な仕事なだけに、ヘルプデスクからの転職となるとつぶしが効かないので自分にできるのだろうか…と不安に思う方も少なくはなかったですね。

ヘルプデスクからのキャリアプランを描きにくい…と感じている方は、ヘルプデスクから転職で最高の職場を探すためのステップをみていきましょう。

>>>ヘルプデスクからの転職ならリクルートエージェント

ヘルプデスクを辞めていく人たちの理由って?

ヘルプデスクを辞めていく人たちの理由は実に様々です。

  • あまりにも特殊な仕事になるので、ヘルプデスク以外の仕事ができない
  • 相談ではなくクレームのようなことを受けることもありストレスが大きい
  • 残業が多く給料が低く昇給もあまり望めない
  • ヘルプデスクという仕事にそもそも向いていない
  • 出向という形で働いているので、会社に愛着がわかない

あなた自身はどんな理由からヘルプデスクの仕事を辞めたい…と感じているでしょうか。

辞めたいという気持ちは、一見ネガティブにとらえてしまいがちですが、自分の本当の想いに気づくチャンスでもあります。

辞めていく人で多かったのは、ヘルプデスクを続けていくることでキャリアプランが描けない…という人が多い印象でした。

たしかに、デベロッパーのような開発ができるスキルがある一部の人は別ですが、ヘルプデスクとして働いてきた方は、長年ヘルプデスクを続けていく人が多いのが現状です。

とはいえ、ヘルプデスクからの転職ができないわけではありません。

ヘルプデスクからの転職でおすすめの転職先は?

ヘルプデスクの仕事をそのまま活かして働けるところは、確かに多くはありません。

ですが、ヘルプデスクとして働いてきた経験が評価されやすい仕事もあります。

テストエンジニア

エンジニアが開発したシステムに不具合がないかをチェックするのが、テストエンジニアとしての仕事になります。

ヘルプデスクとして働いてきたITスキルを活かせるだけではなく、根気強くテストしていく為、ヘルプデスクとして働いてきた忍耐力も活かして働くことができる仕事です。

ヘルプデスクのように、社内の人とコミュニケーションを頻繁に取ってということも少ないので、そういったところにストレスを感じやすい方にはおすすめできます。

テストエンジニアが未経験からでも採用している企業もあり、一から実技や知識研修をしてくれるとこもあります。

それなりに給料も高く安定していることから、将来設計もしやすい仕事です。

セキュリティーサポート

また、ヘルプデスクのキャリアアップにもつながる仕事として、情報セキュリティーの部門があります。

大手企業などではITのセキュリティー専門部署を置いて、社内の情報セキュリティーの強化に努めているところが増えてきています。

年々、重要な役割として認識されてきているので、こうした分野への挑戦も視野に入れてみるのも1つです。

IT企業の営業職

ひとくちに、IT企業の営業職といっても様々な仕事がありますが、お客様の課題をヒアリングしてコンサルティングを行ない商品やサービスを提案していくような仕事が多いです。

法人向けや個人向けといろいろとあり、ヘルプデスクとしてITに携わってきた経験も活かせる場合もあります。

営業職であれば、給料アップになることも多いので、ヘルプデスクからより仕事の幅を広げていくためにもおすすめです。

>>>ヘルプデスクからの転職ならリクルートエージェント

ヘルプデスクからの転職で最高の職場を探すコツ

ごく一部の転職先を見てきましたが、ヘルプデスクからの転職で最高の職場を探すステップを見ていきましょう。

ヘルプデスクとして面接で活かせるスキルを知っておく

中途採用におては、即戦力となる人が優遇される傾向が高いです。

そのため、ヘルプデスク以外の仕事へ転職したいと考えている人は、これまでの経験の中からアピールできることを知っておく必要があります。

ヘルプデスクとしてできるスキル

  • ITスキルが高いので社内でITトラブルに対応することができる
  • どんなに難解な質問を受けた場合でも、内容を理解して分かりやすく相手に説明できる能力がある
  • クレームを受けても冷静に対処でき忍耐力がある

あなた自身がこれまでの経験を通して、これだけは人には負けないというものがあるはずです。

面接の中でうまくアピールできるように、自分のやってきたことを振り返るということも大切です。

やりたくない事から逆算してやりたいことを見つける

やりたい事が見つからないという人は、この先、仕事として絶対にやりたくない事からあなたの望んでいる働き方を見つけていくようにしましょう。

例えば、

  • 潰しのきかない専門的すぎる仕事はやりたくない
  • クレームを受けるような仕事をしたくない
  • 人とコミュニケーションを多く取る仕事はしたくない

といったように、あなた自身がこれだけは嫌だということをあなたの今の辞めたい気持ちに向き合って考えてみてください。

こうれをすることで、あなたが今後転職をした時に、ギャップを感じずに働ける場所を見つける手助けになってくるはずです。

活かせる職場を絞り込んでいく

そして、最後にあなた自身の経験を活かすことができて、働きやすいと思える環境のある仕事を探していきましょう。

ハローワークや転職サイトといった求人の探し方もありますが、ヘルプデスクという専門的な仕事をしてきた方なら、転職エージェントのコンサルタント相談がおすすめです。

転職エージェントでは、非公開求人としてハローワークや転職サイトなどの2倍以上の求人を抱えていますし、コンサルタントがあなたに担当としてついて、ヘルプデスクの経験を評価してもらえるような求人をピックアップしてくれます。

1人で転職活動を進めていくよりもはるかに効率的に勧められ、登録からその後のサポートまで完全無料なので安心です。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる