ホテルマンから転職!異業種への転職リスクと最高の職場に出会う方法

ホテルマンから異業種への転職を考えている人も多いのではないでしょうか。

実際に、100以上の業界や業種がある中でも、宿泊業・飲食サービス業の離職率は常にトップにランクインされています。

人材紹介会社で10年以上勤務してきましたが、そんなホテル業界から離れて異業種への転職をする人も少なくありませんでした。

  • 景気の影響を受けやすい
  • 業界全体で見ても給料が安い
  • 不規則なシフト勤務で体力的にキツイ
  • 縦社会でやりがいを感じない
  • 将来性を見いだせない など

様々な理由からホテルマンを辞めて異業種への転職を考えるようです。

とはいっても、ホテルマンから全く未経験分野への転職は、それなりにリスクも伴うところもあります。

ここでは、ホテルマンの転職リスクや異業種への転職するならオススメの転職先、最高の職場を見つけるステップをご紹介していきます。

途中、厳しいこともお伝えすることになるので、ホテルマンから本気で転職をしたいと考えている人以外は読まないでくださいね。

新型のコロナウイルスの影響でホテル業界が大打撃を受けています。リクルートエージェント を利用すれば、この状況下でも売り上げを伸ばしている企業や積極的に採用を行っている企業の求人を紹介してもらえます。

ホテルマンから異業種への転職は難しい?異業種への転職リスク

では、ホテルマンから異業種への転職するには、どんなリスクが付きまとうのでしょうか。

異業種への転職は経験がないためにそもそも採用されにくい

そもそも未経験分野へ転職する場合、即戦力となりにくいために採用自体がされにくい場合があります。

まだあなたが20代であれば、未経験分野でも採用される可能性は十分にありますが、30代以降の方で異業種への転職をする場合には、教育や指導、マネジメント経験などが必要になってくることがほとんどです。

30代でマネジメント経験がないといった人は、何を持って転職活動をするのかあなた自身の経験の中から武器になるものを見つけていく必要があります。

ギャップを感じてしまうことが多い

異業種への転職は、これまでの経験とは全く異なるところでの挑戦になるため、環境の変化や仕事内容の違いで大きなギャップを感じてしまいやすいところがあります。

同じ接客業であればなじみやすいかもしれませんが、接客業以外のことをスタートさせるとなるとギャップは当然生まれます。

最初から転職にはギャップは付き物であるという考えで転職しなければ、後になって痛い目に合ってしまう可能性もありますよ。

全くのゼロからのスタートの場合も

転職する企業によっては、異業種からの転職者であってもその分野では経験がないので、全くゼロからのスタートになることもあります。

給与面や上下関係の中で、新人として学んでいくという姿勢がなければ、異業種への転職はなかなか難しくなってしまいます。

今の立場を捨てでも本当に転職をしたいのかどうか冷静になって考えた上での転職がおすすめです。

ホテルマンから異業種へ転職するならオススメの転職先

異業種への転職はそれなりにリスクもありますが、だからいといってホテルマンから異業種への転職ができないわけではありません。

ホテルマンから異業種へ転職するならオススメできる転職先をまとめてみました。

ホテルで働いてきた経験を活かして働ける職場にはどんなところがあるのか見ていきましょう。あくまでも一例になるので参考程度に御覧ください。

ホテルマンから営業職へ

ホテルマンから営業職への転職をして収入を大幅にアップさせた人も多いですね。

ホテルマンは人に喜んでもらうことが好きで、相手を一瞬で引き付ける要素を持っている人も多くいます。

また、普段からお客様が求めていることをすぐに対応し、何か言われる前に行動するというフットワークの軽さも備わっていることから経験が評価されることも多いですよ。

マンション管理会社のフロント職

最近、街中を中心にタワーマンションの建設が相次いでおり、それに付随してマンションでのコンセルジュサービスを行うところも増えてきています。

この分野ではそれなりに人手が不足していることもあり、ホテル勤務で働いていた人を積極的に採用したいと考えている企業も多いです。

需要が増えている分、求人も見つかりやくホテルでの積極経験も活かせる分野です。

グランドスタッフ

女性ならグランドスタッフもおすすめで、ホテルでの接客経験があれば経験を活かして働くことも可能です。

ただし、求人としては新卒で採用されることが多いので少ない上に、倍率も高いことから難易度は高めになってしまいます。

百貨店の販売員

百貨店でも接客スキルを存分に生かして働ける職場です。

百貨店でも勝敗がはっきり分かれてきていることもあり、転職する場合にはどの百貨店で働くかは大変重要にはなってきますが、これまでの経験を活かして働きたいという人にはおすすめできる転職先です。

その他にも、コールセンターや営業事務職などへ転職をしたりと様々な人がいます。

自分には何があるのかをよく見極めて転職先を絞っていけるといいですね。

>>>ホテルマンからの転職なら実績No,1のリクルートエージェント

ホテルマンから最高の職場に出会う為にしたいこと

最後に、ホテルマンをどうしても辞めたい・・・という人は、転職をして最高の職場に出会うためにも次のステップを見ておきましょう。

本当に長く働き続けられるような最高の職場に出会う為にも大切なことです。

自分の持っているスキルを把握すること

まず、これから異業種へ転職する場合には、今のあなたが持っているスキルは何かを把握することが大切です。

【ホテルマンが持っていると考えられるスキル】

  • 相手の立場に立った接客ができる
  • 相手が求めていることを想像して先に動ける
  • 相手が心地のよいと感じられるコミュニケーションが取れる
  • 立ち居振るまいに品がある
  • チームで連携しながら仕事ができる
  • 時間配分を考えた仕事の取組み方ができる など

ホテルマンとしてあなたにしかないスキルをまずは考えてみてください。

これを最初にしておくことで、今後の転職活動に大いに役立っていきます。

勝てる分野を見極めること

自分が持っているスキルが分かったら、そのスキルで戦える場所はどこかをよく見極めるようにしましょう。

何度も言いますが異業種への転職は、経験がないだけに不利になりがちですから、あなたが持っているものをいか面接でアピールできるかが勝負になってきます。

面接の事前準備を徹底すること

そして、企業ごとにホームページをくまなく読み込んで求められている人材像を把握します。

それに基づいて、

  1. 退職理由
  2. 志望動機
  3. 自己PR

少なくともこの3つを掘り下げて企業ごとに考えておくようにしてくださいね。

最初に考えたあなた自身が持っているスキルを盛り込みながら、他の応募者にはない志望動機や自己PRを考えてみましょう。

異業種への転職で不採用になってしまう人のほとんどが、面接での準備不足が原因で落とされていますから、この部分を面倒にならないように準備しておいてくださいね。

転職エージェントを活用する

本気でホテルマンから異業種への転職を考えているなら、転職エージェントも活用しておきたいところです。

転職サポートのプロであるコンサルタントがあなたに担当として付くので、あなたが転職市場において勝てる分野を見極めてくれます。

あなたの希望している条件と企業が求めている人材像、この2点のバランスが取れるところが一番採用につながりやすいので、プロに任せて進めてみるのも1つの選択肢です。

転職エージェントでは求人を紹介してくれるだけではなくて、

  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 企業に合わせた面接対策
  • 面接スケジュールの調整 など

転職における様々なサポートをしてもらえます。

しかも、求職者は最初から最後まで無料で利用できるサービスになるので利用しない手はありません。

人材紹介会社は、採用が決まった企業から手数料をいただく形で成り立っているので、それぞれがwin-winな関係で成り立っているんですよ。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる