マクドのバイト面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント

マクドナルドのバイトの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


頑張って答えたつもりが何がいけなかったんだろうか…

接客は向いていないと思われたんだろうか…

マクドナルドのバイトの面接で落とされてしまうと、一体自分の何がいけなかったのかとあれこれと考えて悩んでしまうこともあるかもしれません。

マクドナルドは学生やフリーター、主婦など幅広い層に人気のあるアルバイト先ではありますが、採用基準はそれなりに厳しくアルバイトでもしっかりと人物を重視して採用されています。

マクドナルドの面接で落とされてしまったのは、もしかすると、事前の準備不足に原因があったのかもしれません。

今後もアルバイトの面接で落ち続けることがないように、今ここでマクドナルドで落ちた原因を振り返って考えてみましょう。

バイト決まれば最大1万円!「マッハバイト」で求人を探す>>>

マクドナルドの面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

接客業にふさわしい服装で面接に臨んでいたかどうか

マクドナルドの面接は、私服で臨んでも問題はありません。

ただし、接客業としてふさわしい清潔感のある服装、見た目だったかどうかは大切です。

ズボンや靴、カバンなどが汚れていたり、シャツはしわだらけ…といったことはなかったか、お辞儀をしたときに顔に髪の毛がかかるような人は一つまとめにしたり、かためてセットしたりできていたでしょうか。

髪の毛の色も派手すぎない落ち着いた色で、華美なアクセサリーもしていなかったでしょうか。

些細なことかもしれませんが、あなた自身が面接のルールを守れているのかどうかということは、こうしたあなたの見た目の印象から見られていますよ。

面接官の質問に対して的確に答えることができていたでしょうか。

マクドナルドのアルバイトの面接で役に立つ質問として、公式サイトに公表されているのがこちらです。

  1. 今、一生懸命に取り組んでいることはありますか?
  2. この1年くらいの間にご自分が実施されたことで、自慢が出来ることがあったら教えてください。
  3. グループやチームで協力して何かに取り組んだことがありますか?
  4. またそのときのあなたの役割や貢献できたことはありますか?

引用元:マクドナルド公式サイト

面接へ行く前に必ずどんなエピソードを答えるのか考えておくと安心ですね。

これさえもせず面接に臨んで、面接官からの質問につまってしまったり、的確に答えられなかった場合には、用意されていたこともできない、コミュニケーションが取りにくいといった判断をされてしまいます。

当日は緊張から答えられないということもあるので、なるべくなら事前に答えを考えておくほうがいいでしょう。

求められる人材像を把握した上で質問に答えられていたかどうか

さらに、マクドナルドで求められる人材として、公式サイトでは次のようなことが挙げられています。

  1. お客様に満足いただけるように努力する人
  2. 責任感をもって自ら行動できる人
  3. ルールを守れる人
  4. 仲間とのチームワークを大切にできる人

引用元:マクドナルド公式サイト

これらをしっかりと理解した上で面接官の質問に答えることはできていたでしょうか。

ルールを守りチームで協力しながら責任をもってお客様にサービスを提供できる人こそが求められる人材なので、そこから逆算してあなた自身のことを自己PRできているということが必要です。

過去のアルバイトの経験や学生経験の中から、チームで協力して仕事をしてきたことやルールを守り責任をもって実行してきたことなど具体的なエピソードが語られているとベストですね。

志望動機は具体的に伝えてアピールできたかどうか

志望動機はマクドナルドへの思いを伝えられるアピールポイントです。

  • 普段からマクドナルドを利用していて馴染みがあり、ここなら安心して働くことができると思った為
  • いつも利用している店舗での接客がいつもきもちがよく、私もこんな職場でサービスを提供する側になりたいと思った為
  • アルバイトの経験は初めてですが、マクドナルドなら接客やマナーを身に着けるのに最適であると以前から考えていたため

といったようにあなた自身にしか答えられない志望動機を伝えていたでしょうか。

他の飲食店ではなくなぜマクドナルドをアルバイト先として選んだのかを伝えることで、あなたのやる気やマクドナルドへの思いが面接官に伝わることになります。

他のどんな質問よりもアピールできるところではあるので、これもしっかりと事前に準備できていることが大切ですね。

適正検査で落ちてしまった可能性も…

面接でしっかりと答えていた場合でも、マクドナルドで実施される適正検査で不採用になってしまうこともあります。

マクドナルドの適正検査はあなた自身がマクドナルドの仕事に向いているのかどうかということを、客観的に判断してくれるような検査になります。

これに落ちてしまうという人は、働き始めてからお互いにストレスを感じてしまい結果的にあなた自身が辞めてしまう可能性があるわけですから、適性検査で落とされてしまったのであれば、致し方ないと思うようにしましょう。

どれだけ店舗が希望する勤務条件にシフトが入れると伝えていても、適性検査で合わないと判定された人はもっとあなた自身に合う仕事があると思って次を探す方が賢明です。

店舗側が求める勤務条件と合わないことも

最後に、店舗側がほしい曜日や時間帯などで入れないという人も面接で不採用になりやすくなります。

特に、主婦層に人気のある平日の9時から15時までの間などでは、なかなか採用の空きが出ることはなく、いざ空いたとしても応募者が複数人いるということは当たり前です。

土日祝日が入れたり、夕方から夜遅めの時間帯まで入れるといった人を望んでいるケースもあるため、落ちてしまったのは求める条件と合致しなかった可能性も考えられます。

マクドナルドの面接結果はどれくらいでくる?落ちたら次を探していこう!

マクドナルドの面接の結果は、合格者だけに1週間以内に電話連絡がくることが多いようですね。

それ以上経過しても何の連絡もないといった場合には落とされてしまった可能性が高いので、なるべく早く気持ちを切り替えてもっとあなたの条件に合うようなアルバイト先を探していきましょう。

アルバイト求人サイトの中でも、「マッハバイト」なら好条件のバイト求人も扱っている上に、バイトが決まれば全員最大1万円のマッハボーナスがもらえます。

マクドナルド以外にも人気飲食店チェーンのアルバイトやパート求人も豊富に扱っているあるので、まずは、自分の住んでいる地域で気になる募集が出ていないかチェックしてみてくださいね。

バイト決まれば最大1万円!「マッハバイト」で求人を探す>>>