製造業から転職するには?【使える自己PRやおすすめの転職先】

製造業から転職をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

コロナの影響を受けて将来性がない…

毎日同じことの繰り返しでやりがいが感じられない

給料が安い…

様々な理由から転職する人も多いのが現状です。

ここでは、製造業から転職をしていく人たちの理由やこれまでの経験から自己PRに使えるスキル、おすすめの転職先などをまとめてみました。

製造業から転職していく人たちの理由って?

景気の影響を受けやすく直近ではコロナの影響で大打撃

どんな業界の製造業かにもよりますが、景気の影響も最も受けやすく、直近ではコロナの影響で大打撃を受けたのも製造業でした。

自動車もそうですが、それ以上に航空関係の製造業は瀕死の状態でそこからの転職者も増えているようです。

特に、中小企業などの下請け業者にとっては深刻な事態としかいいようがなく、このまま生活ができるのかと不安におびえて転職をする人も。

時間がたてばいずれ工場もいずれ再開はされますが、それでも、コロナの影響が2年くらい先まで続くかもしれないとも言われており、当分の間は景気も悪くなることも予想されるため製造業への影響はしばらく続きそうです。

同じことの繰り返しでやりがいが感じられない

モノづくりが好きで製造業への道を選んだという人が多いのですが、毎日の同じこと繰り返しに嫌気がさしてしまう人も多いですね。

自分は何のために仕事をしているのか、このまま潰しがきかない仕事を続けていていいのかと自問自答をすることが増えて、最終的には異業種へ転職していくようです。

昇給が少なく将来性が見込めない

製造業の仕事は、30代、40代になっても年収400万、500万代ということが多く他の業界と比べても平均年収も少なくなります。

大手企業ならまだ将来性が見込める人もいますが、そうではない場合は年齢を重ねてもほとんど昇給しないようなところも多く、将来性が見込めないと思って転職をする人も多いですね。

製造業から転職する人の多くがもともとの収入よりも大幅アップできることも多いので、そういう視点で転職先選びをしていくようにしましょう。

思っていた仕事と違った

就職したばかりの人に多いのが思っていたのと違ったという理由です。

昔からモノ作りが好きで興味があったので、製造業を選んで就職してみたものの入った後、毎日仕事を続けていく中で理想と現実の乖離に気づくこともあるようです。

やりがいに溢れ楽しく毎日仕事ができると思っていたのに、つまらない仕事と感じて早くに見切りをつけて早期退職の道を選ぶ人も多いですね。

製造業から転職する場合の注意点

すぐに資格の勉強をしようとしないこと

製造業から転職をしようと思う方で多いのですが、すぐに何か資格を取ったり勉強をして将来に生かそうとする人ですがあまりおすすめはできません。

医師や看護師、保育士などの国家資格ならまだしも、民間資格を取得して資格の勉強のためにお金と時間を使ったあげく、結局、その方向性に進まない人がほとんどだからです。

よほど意志が強く資格を活かして仕事をするということを決めている人以外は、まず何か勉強をして資格と考えるのではなく先に転職先を探してしまう方がいいでしょう。

未経験分野への転職は早ければ早い方がおすすめ

異業種へ未経験で転職をするのであれば、30代、40代になって転職をするよりも20代のうちにできるだけ早く転職をする方がおすすめです。

なぜなら未経験者を採用している企業の多くがなるべく20代などの若い人材がほしいというところが多いからです。

30代や40代ともなてくると即戦力として働ける人やこれまでに人をまとめたりしたリーダーシップやマネジメント経験があるかどうかも必要とされる求人が増えてくるので、製造業から転職したいと思ったら早めに結論を出すようにしましょう。

製造から転職する場合の使える自己PRは?

製造業から異業種へ転職をするなら、今のあなたにどんなスキルがあるのかということを知っておくことが大切で、今後の転職時の過程で自己PRとしても使うことができます。

どんな作業でも根気づよく仕事ができる

同じことの繰り返しを続けてきた中で、何もスキルが自分にはないと思う方も多いのですが、どんな作業でも根気強く続けられるということも実はスキルのうちの一つです。

営業職や事務職の仕事であれ、根気づよく目の前の仕事に取り組まなければいけないことはあるもので、もくもくと目の前の仕事に没頭し集中力を発揮することができるということもあなたの自己PRとして取り入れられますよ。

細やかな仕事がミスなくできる

ミスがゆるされない製造の仕事で、細かいところまできちんと見通して見通せるということもあなたの武器のうちの一つにもなります。

その几帳面さを活かして次の転職先でもミスなく仕事をこなしていきたいといったように、いくらでもあなたのアピールにつなげることはできます。

目標から逆算してスケジュールが立てられる

製造現場では、その日によって製造量も変わってきますが、その日に必要な製造量から逆算して効率的に作業をしたりと考えて動いた経験はありませんか。

目標から逆算してスケジュールを立てて動くということは、どんな仕事においても求められてくる基本的なビジネススキルですよ。

製造業から転職するならおすすめできる転職先

製造業から営業職への転職

もともと製造業で携わってきた同じ業界の営業職への転職は、あなたの経験も評価されやすく転職しやすいところがあります。

営業職の仕事は、製造の知識をある程度持っている人の方が商品への理解も深まる上に、モノづくりの立場からの他の人とは違ったアプローチもできるよになるからです。

また、同じ業界ではなくとも営業職へ転職することで、給料面で大幅なアップにつなげられることも多いので、製造業から営業職への転職は未経験であってもおすすめです。

多くの企業が営業職については未経験の人でも歓迎している場合が多く、転職後に商品知識の研修からスタートし、その後、先輩社員とともに同行しながら覚えていくことができる仕事でもあるからです。

営業職ともなると目標をもってそれに向かって突き進むというイメージがありますが、実は製造業であなたが日々、その日の製造目標に応じて製造に携わってきたということと同じで、目標から逆算して行動していくことが求められる仕事になる仕事です。

製造業から事務職へ転職

女性で多いのが製造業から事務職へと転職を希望する人たちです。

日々目の前の仕事をミスなくこなしてきた几帳面さをウリにして、事務職へと転職を成功させる方もいます。

ただ、一般事務職の仕事は基本的に新卒で採用することが多く、中途で求人が出ることはあまりありません。

出ていた場合でも事務職経験者を求める企業が多いので、倍率は高くなるということは心得ておくほうがいいでしょう。

製造業から介護職へ転職

景気に影響されないような安定した業界へ転職をしたいのであれば、介護職への転職も考えられます。

人と接する仕事がしたい、ありがとうと直接言われるような仕事をしたいといった気持ちを持っていた方には合っているかもしれません。

介護職は人手が不足している業界で未経験であっても就職後に研修をしてくれるようなところも多く、求人も豊富にあるので転職もしやすいですよ。

製造業からIT企業へ転職

製造業からの転職ならIT企業への転職もこれからはおすすめできます。

IT企業といってもその職種は多岐にわたり、開発を担当するITエンジニア、クライアントと交渉をして案件を取ってくる営業職、プロジェクトの進行管理を行うプロジェクトマネージャーや、自社や外部に向けたヘルプデスクから、バックオフィスとして支える事務や経理などがあります。

未経験でも積極的に採用している企業も多く、コロナといった影響を受けても、在宅にすぐに切り替えることができるという柔軟性を持っているところもポイントです。

コロナ状況下で伸びている企業へ転職

新型コロナウイルスの影響で多くの企業が直撃を受けてしまいましたが、その中でも伸びている業界や企業なども実は数多くあります。

ネット通販、冷凍食品の会社、製薬会社、ドラッグストア、スーパー、物流関係、在宅ワークを支援する会社など、これからの会社は大幅に利益を上げています。

コロナ終息後も将来的にもなくならない仕事ではあるため、こうした業界を狙って転職活動をしてみるのもいいかもしれません。

製造業から異業種へ転職するには?

製造業から転職先を探すにあたっては、

  1. ハローワーク
  2. 転職サイト
  3. 求人情報誌
  4. 転職エージェント

の4つがありますが、製造業から未経験分野へ転職をするなら転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントではコンサルタントが間に入って、これまでのあなたの経験の中から強みを見出して経験を評価してくれる企業の求人を紹介してくれます。

転職サイトなどに比べても2倍以上の求人を抱えているので転職先の選択肢を広げることにもつながり、登録から転職サポート、内定をもらった後も一切費用がかかるようなことはありません。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる