新入社員だけど月曜日の朝が憂鬱…そんな気持ちをかっ飛ばす方法5選

週末の土日を楽しんだ後の、月曜日の朝…

もう憂鬱すぎて会社に行きたくないという思い…という思いを持ってしまう人は多いことでしょう。

私自身も新入社員で営業職として働き始めた頃は、月曜日の朝には憂鬱な気持ちで電車に乗っていたことをよく覚えています。

でも、毎週毎週やってくる月曜日に気持ちよく仕事に行けたら、土日も仕事のことを考えることなくもっと楽しめるし、月曜日の朝からスムーズに仕事モードに以降することができますよね。

ここでは、そんな月曜日の朝に憂鬱な気分になってしまいやすい新入社員のために、そんな気持ちをかっ飛ばす為のコツについてまとめてみました。

新入社員が月曜日の朝に憂鬱になってしまう原因・理由とは?

では、新入社員が月曜日の朝に憂鬱になってしまう原因・理由には何があるのでしょうか。

土日の休みの日があまりにも充実していたからこその反動

土日に友人と遊んだり、恋人と会ったり、あるいは、一人でのんびりと家で過ごしたりと充実させればさせるほど、その反動で月曜日の朝には会社に行きたくないという思いを強くしてしまう人は多いですよね。

週末が楽しければ楽しいほど、このままの状態がいつまでも続けばいいのにと思ってしまうことは誰にでもあるものです。

月曜日が来ることで、また1週間が始まるという気持ちから憂鬱な思いが立ち込めてしまうのです。

まだまだできない仕事がたくさんあるから

新入社員でまだまだ入社したばかりという人は、先輩社員から指導や教育を受けている最中でまだまだ仕事ができないという人は多いですよね。

自分の知らないことや分からないことがたくさんあるうちは、自分の思い通りに要領よく仕事を進めていくといこともできません。

時には、先輩社員から怒られたり、厳しく指摘を受けたりすることもあるかもしれません。

新入社員なら誰もが通るみちで仕事の面白みも分かっていない状態なので、月曜日の朝に憂鬱な気分になってしまうのも無理はないのです。

会社の人間関係に気を遣って疲れてしまうから

新入社員でまだ職場環境になれていないという人は、会社に行くことで自分自身を律しtえ常に緊張状態にあるということが多いですよね。

そのため、普段の自分とは違う自分を見せていたり、いつも周りに気を遣っているという状態の時は必要以上に疲れてしまいやすいものです。

だからこそ、月曜日の朝になるとまた人間関係に気を遣って仕事をしなかければいけない…という思いになってしまうのです。

やりたくない仕事が月曜日にあるとき

重要な会議や商談など、頭をフル回転させなければいけないような重要な案件が月曜日にあるという時も憂鬱な気分になってしまいやすいものです。

会議なんかが月曜日の朝にあれば、一瞬で仕事モードに戻されてしまいますよね。

人間だれしもやらなければいけないことがある状態の時には、行きたくないという思いの方がかってしまいやすいものです。

休みの日に体内時計がくるってしまっている

平日はあまり睡眠時間を確保できていなかったり、休みの日に寝だめをしてしまうタイプの人は体内時計がくるってしまっている可能性が高いです。

普段と1時間でも遅く起きてしまうだけで、人間の体内時計はくるってしまうと言われていますから、なるべくなら休日の寝だめはできるだけ避けたいところです。

人間は寝だめをしたからといって、平日の分の寝不足が解消されるというわけではありません。

こうした体内時計のくるってしまった状態が、月曜日で一旦リセットをしなければいけないことで朝がなかなか起きれなくて憂鬱になってしまうこともあります。

新入社員で月曜日の朝をかっ飛ばす為にやりたいこと

月曜日の朝一番に簡単な仕事からスタートさせる習慣を

仕事が覚えたばかりでまだ要領をつかめていない新入社員は、とにかく月曜日の朝から重要な案件を抱え込まないのがおすすめです。

なるべくなら、月曜日の朝一番には単純な作業からスタートできるようにしておくのが理想的です。

どんな小さなことでもいいのですが、例えば、自分の机のテーブルや電話の受話器をウェットティッシュでふく、加湿器に水を入れる、不足している文房具があれば補充をする…。

これくらい簡単な作業的なことをルーティンに組み込むようにしてみてください。

音楽好きは自分の好きな音楽で気分を変えるべし

音楽が好きというタイプの人は、通勤途中でもいいので自分の気持ちが上がるような音楽を聴くというのも有効的です。

音楽によって脳内のドーパミンが刺激されたり、やる気中枢が活性化したりもするものです。

試合前に音楽を聴き効果的に取り入れているスポーツ選手も多いですが、それと同じで仕事に行く前に自分のやる気スイッチを押してくれるような音楽を聴いてみましょう。

音楽が好きという人なら簡単にこれで気持ちのコントロールができてしまいますよ。

体内時計を整えて朝から太陽を浴びよう!

休みの日は寝だめをせずにできるだけ普段を同じように起きるようにしましょう。

また、体内時計をリセットさせる意味でも、しっかりと朝の時間帯に太陽の光を浴びるということもポイントです。

時間がないという人は、朝を起きた瞬間にカーテンを飽きて光を取り込むだけでも変わりますよ。

社内恋愛をしてときめく感情を利用する

職場内恋愛をすることで、あの人に会えるからというときめく気持ちから会社に行きたいという思いが芽生えたりするものです。

新入社員だから職場恋愛なんて…と思っている人もいるかもしれませんが、人は恋愛をすることで簡単に変われてしまうものです。

無理に恋愛をする必要はありませんが、職場でも出会いはあるかも?くらいに考えているといいかもしれませんね。

やらされ仕事ではなくやりたい仕事しよう!

まぁ、ここまでは本当にありきたりなことをお伝えしてきました。

最後にお伝えしたいことは、人はやらされ仕事の状態の時にいる時は、月曜日の憂鬱な気分からは抜け出せないということです。

私が月曜日の朝に憂鬱を感じなくなったのは、仕事がとにかくやりたいという状態になれたからです。

新入社員のうちは難しいかもしれませんが、自分自身がこの仕事を選んで自分自身が好きでやっているという自分自身に責任を持てるかどうかでも変わります。

行きたくない…やりたくない…という感情は誰にでもあるもので、この気持ちをうまくコントロールしつつ社会人生活を続けてほしいと思っています。

今の会社を選んだのも仕事を選んだのもあなた自身ですから、とことん夢中になるくらいにまずは仕事をしてみてください。

月曜日の憂鬱な気持ちを抱えながらでも、それでも仕事をすることであなたの気持ちも変わっていくはずですよ。

最後に

憂鬱な気分を変えるには、仕事に夢中になろう!というのはすごく矛盾していることかもしれませんが、これができない限りは憂鬱な気分から抜け出せないと私個人としては思っています。

現在、私は個人事業主として活動していますが、自由な時間が増えて裁量権のすべてが自分にある今でも、時として朝から憂鬱な気持ちに襲われることだってあるものです。

新入社員なら当然あってしかるべきの感情ですから、その気持ちの向き合いつつも前へと進んでいけるといいですね。

ジョブカフェ・サポステと併用したい転職エージェント

リクルートエージェント 

コンサルタントがあなたの転職を無料で徹底サポート

民間の転職エージェントでも、担当のコンサルタントが間に入ってあなたの転職をサポートしてくれます。履歴書の書き方から面接対策まで徹底して行ってくれる上に、登録からその後のサポートも完全無料で利用でき、費用がかかるようなことは一切ありません。

求人の選択肢を広げることができる!

20万件以上の求人数を抱えているので、ジョブカフェやサポステなどでは扱っていない求人も豊富にあります。登録をして初めて紹介してもらえる非公開求人の中には、あなたが働いてみたいと思えるような企業が見つかるかもしれませんよ。

リクルートエージェントに登録してみる