マイナビエージェントの電話がしつこい!ウザイと感じた場合の対処法

マイナビエージェントの電話がしつこい!うざい!

もしかすると、そんな思いを持った人もいるかもしれませんね。

ここでは、マイナビエージェントからの電話がしつこい!と感じた場合の対処法についてまとめてみました。

某転職エージェントで働いてきた元コンサルタントとしての立場からの視点になるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

マイナビエージェントの電話はしつこい!うざい!と感じた人の口コミ


マイナビエージェントに登録後、非公開求人を紹介してもらうだけと思っていたのですが、面談に来るようにと言われてちょっとウザイと思いました。まだ転職するかどうかもはっきり決めていないのにお断りしようとしたのですが、求人を見てからでもいいのではないか?と言われたりしてちょっとしつこいと思いましたね。

平日にまだ仕事をしている時間にマイナビエージェントから何度も着信。忙しいのにちょっとイライラしてしまいました。

コンサルタントと面談をした後、たくさん求人を紹介してもらったのですが、どれも自分にしっくりくこなくてエントリーしようと思わなかったのですが、1社2社くらいはエントリーしてみてくださいというような電話がきて、ちょっとしつこいなって思いました。

マイナビエージェントを通して受けた企業から内定をもらったのですが、自分で転職サイトを使って受けた企業からも内定をもらってそちらの方が良かったのでお断りをしました。担当者宛にメールでそのことを伝えたのですが、そのあとに電話がかかってきて理由を聞かれたりしてしつこいなと思ったことはあります。

マイナビエージェントの担当者がしつこく電話をしてくる理由は?

では、マイナビエージェントの担当者がしつこく電話をしてくる理由には何があるのでしょうか。

実際に元転職エージェントのコンサルタントとして視点から赤裸々にお伝えできればと思います。

求職者に聞きそびれていたことがあるから

転職エージェントに登録後に、登録者に対してコンサルタントはまずは電話でアプローチをかけることが多いです。

その際に、転職時期についてや希望している条件の仕事、これまでの経歴などを伺っていくことになるのですが、この際に聞きそびれていたということがあれば、その後も電話をかけてくる可能性は高いですね。

希望条件などが具体的に把握できていない場合には、面談時に実際に求人を紹介したりといったこともできないので、何かしら聞きそびれていたことがあるから何度も電話をかけているということはあります。

求職者の経歴が素晴らしいから

求職者の経歴が素晴らしいということは、それだけ紹介できる求人も増えて転職もしやすいということになります。

要するに、企業側に自信を持っておすすめできる経歴の持ち主であれば、しつこく電話をかけて面談につなげて転職をしてもらいたいという希望をコンサルタントは持つものです。

焦らないと選考のタイミングを逃すことがあるから

企業側には、このタイミングで人を採用したいという選考のタイミングがあります。

もう最初のエントリーの終了が近づいている時や、焦って連絡をしないと選考のタイミングを逃してしまう場合には、求職者側に何度も電話を入れて確認をする場合もあります。

求職者にぴったりの求人が見つかったから

求人は本当に生ものなので、タイミングによっては求職者の望むような求人がないという場合もあるものです。

でも、登録後にしばらくしてから求職者が希望していたような求人見つかった時には、再度その人に連絡を入れてお知らせをすることもよくあります。

あなたに紹介したい求人があるからこそ、担当者は必至に電話をかけているのかもしれません。

自分の営業面での成績のことを考えて

転職エージェントのコンサルタントは、転職サポートをすべて無料で行ってくれますが、単なるボランティアではありません。

マイナビエージェントもいち民間企業であって、転職エージェントは求職者を企業に紹介することによって紹介料をもらって成り立っています。

そのため、コンサルタントもそれぞれが目標数字を抱えていて、その数字に達成する為に月にどれくらいの人数の転職をさせなければいけないといったことも行動ベースで落とし込んで考えています。

自分の営業成績のことも考えて、何とか今月中に内定承諾に持っていく方向でできないかと考えて連絡をしていることもあるものです。

企業側から返事の催促をせまられているから

面接を実際にうけた後に、企業側から返事の催促を迫られているということもよくあります。

まだ求職者が他の企業も受けて考えているところなので…といくら伝えたところで、企業側にも都合はありますから、返事の催促を迫るケースもあります。

マイナビエージェントからの電話がしつこい!うざい!と思った時の対処法

では、マイナビエージェントからの電話がしつこい!うざい!と思った時はどうすればいいのでしょうか。

担当者に直接伝えよう

あなた自身が不愉快に感じてしまうほどに電話がひつこいと思ったのであれば、そのまま直接担当者に伝えるようにしましょう。

  • 直接会った時
  • 電話
  • メール

何度も電話をしてきてしつこいと感じていることは直接伝えない限り分からないものです。

電話の頻度や時間帯を変えてもらう

電話の頻度や時間帯を考えて連絡をしてきてほしいのであれば、できれば、平日の19時までは仕事中になるので、それ以降で連絡をしてきてほしいと伝えておきます。

また、一度でも着信を残しておいていただければ、必ずこちらから折り返すということも伝えておけば、何度も担当者から連絡があって困るということは少なくとも減るはずです。

メールに変えてもらう

平日は残業などで遅くなり連絡が取りにくいことがあり、また、仕事に集中していることもあってなるべく電話を避けてほしいと伝えましょう。

できれば、連絡をもらう場合には必ずメールにしてほしいということも伝えれば、担当者も理解してメールでの連絡をしてくれるようになりますよ。

担当者を変更をする

ちなみに、自分の担当になったコンサルタントとの相性が合わないと感じた場合には、担当者を別の人に変えてもらうということもできます。

お互い人間同士ですから相性の合わない人に自分のこれからの人生の相談もできないでしょうから、いっそのこと新しい人に担当になってもらえないか相談してみましょう。

言いにくいようであれば、メールで担当者変更の旨を伝えれば、何の問題もなく対応してもらえますよ。

条件の変更をお願いする

転職を今すぐと伝えていたけれど、もう少し先延ばしにしたいというような場合であれば、条件の変更を担当者に伝えてお願いしましょう。

コンサルタントは直近で転職を考えている方から対応し、求人などの紹介を行っていきまうす。

半年以上も先になりそうと当初の条件が変わることもあるかと思うので、その場合は、コンサルタントに伝えてタイミングが来てから連絡をもらうようにすれば、何度も電話が来て困るということもなくなります。

退会処理をしてしまう

もうこの先、マイナビエージェントを利用することがないというのであれば、退会処理をしてしまいましょう。

他から内定をもらったり、転職自体をもうやめたというのであれば、必要はありませんよね。

正直な理由を担当者にメール、あるいは、電話で伝えて退会をお願いすれば、今後一切連絡がくることはなくなります。

マイナビエージェント以外の転職エージェントを利用するなら?

マイナビ以外で転職エージェントを利用したいなら、やはり王道のリクルートエージェントは外せません。

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から、未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

面接まで徹底したサポートが受けられる!

コンサルタントが履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポート。企業の内部情報を調べ上げた独自レポートまで用意してくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

無料で利用できるリクルートエージェントに登録してみる