ネオキャリアの面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント

ネオキャリアの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。

志望していた企業の面接で落とされてしまうと、


自分の何がいけなかったのか…

向いていないと思われたのか…

とあれこれ考えたり、落ち込んでしまう人もいるのではないでしょうか。

ネオキャリアは介護事業を中心に増収増益も続けている企業で、勢いの会社のある1つです。

ネオキャリアの選考過程ではしっかりと人物を重視して見られますが、通年落として積極的に中途採用の募集は出ていたり、未経験者も多く採用されている企業です。

そんなネオキャリアの面接で落とされてしまったのは、もしかすると、あなたの面接の準備不足にも原因があったのかもしれません。

ここでは、今後の転職活動で落ち続けないためにも、しっかりと不採用になった面接を振り返って次につなげていくように準備しましょう。

落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、ここで向き合えるかどうかで今後の転職活動の結果が変わってくることになりますよ。

転職活動中の面接対策なら、リクルートエージェントがおすすめです。

ネオキャリアの面接を落ちが原因を掘り下げて考えよう!

面接での第一印象に問題はなかったか

まずは、面接での第一印象に問題はなかったか確認していきましょう。

  • 上下そろえたスーツを着用し、シャツやスーツにしわなどはなかった
  • 靴が汚れていなかったかどうか
  • 女性の場合は、面接の場にふさわしいナチュラルメイクでストッキングに伝線がいったりしていなかったかどうか
  • A4サイズの書類が入る起立式の鞄を使っていたか
  • 入室する際にノックをして静かに扉を閉めたかどうか
  • お辞儀をした時に髪の毛が顔にかからないように、短くしていたり、長い人はまとめていたかどうか
  • 面接官が着席する前に座ったりはしなかったか
  • 着席した時に姿勢をまっすぐにし、足をそろえていたかどうか
  • 面接中に髪の毛を触ったりいじったりはしていなかったかどうか

あくまでも面接での基本的なことになりますが、ネオキャリアのような人材業界の営業職の仕事ではこうしたことができているのかどうかということはしっかり見られています。

第一印象でその人の8割は決まってしまうと言われているほどですから、こうした場所で適した服装・装い・マナーができていたかどうかも一度振り返って考えてみましょう。

あなた自身がネオキャリアに入社すれば、採用する立場になる側なのためこうした面接の場での気遣いできるかどうかは大切です。

退職理由では不平不満を伝えていないか

中途採用の場において、必ずと言って聞かれるのが退職理由です。

この退職理由を聞かれた際に、前職の不平や不満を少しでも伝えてしまうと、その時点でアウトになってしまっている可能性が高いです。

  • 人間関係が悪くてパワハラも受けていたので退職しました
  • 残業時間がかなり多く、給料が見合っていなかったために止めました etc

本当の退職理由だったとしても、ネガティブなことを面接の中で伝えるのはNGです。

あなた自身にはメリットは一切なく、相手企業からは採用しても同じように不満を抱えてすぐに辞めてしまうと見られてしまいかねません。

何度もいいますが、ネオキャリアのような人材業界で働くのであれば、転職後はあなた自身が採用する立場になるため、こうした初歩的なことでつまずかないように気を付けたいところです。

退職理由は、しっかりとポジティブなことに言い換えて伝えられるように予め準備しておくと安心です。

ネオキャリアへの熱い思いは伝えられたかどうか

また、志望動機を聞かれた際に、他の面接者と比べてもあなた自身がどれだけ熱い思いを伝えられたかどうかでも決まります。

志望動機は、相手企業への絶好のアピールできる機会になるので、人材業界に興味があったので…と言ったような漠然とした内容だと落とされてしまいます。

他にも様々な企業がある中で、なぜネオキャリアなのかということを伝えられていたかどうかがポイントです。

例えば、

企業の採用活動をただ単純に人材を紹介するだけではなく、リスティング広告やSNSなどの多用なメディアを使って、その企業がどうすれば独自で人材確保できるのかという点から課題を解決することができる仕事に大変興味を持ちました。企業の本当の課題に答えることができるのは、御社でのWEBコンサルの仕事だと感じています。

働きたいという意欲のある人と人材不足の介護施設側のニーズに答えることができる仕事であると同時に、社会からも必要とされている仕事であると感じ非常に魅力を感じたため志望いたしました。営業経験を活かしていち早く現場での仕事を覚えた上で、将来的にはリーダー的な立場でマネジメントもできるようになりたいと考えています。

こうしたように、具体的に何に魅力を感じたのかや、入社後にどのように働き、どうなりたいのかまで伝えられると印象もグンと良くなりますよ。

ネオキャリアの面接で落ちたけれど諦めきれない人へ

ネオキャリアの面接で落ちてしまったけれど諦めきれないという人もいるかもしれませんね。

ネオキャリアのような人材業界の中でも、介護事業やWEB広告のコンサルなどの事業も行っているような企業は他にもあります。

落ちてしまった面接を振り返ったうえで、次に繋がるようにしっかりと面接準備をしっかりとして内定につなげていきましょう。

転職エージェントを活用すれば、あなたの希望にあった企業をすぐに紹介してもらうこともできますよ。

登録からその後のサポートも内定後も完全無料で利用できるので安心です。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる