あなたは大丈夫?イライラされる新入社員の気を付けたい態度や姿勢


先輩社員のあたりがきつくて、何だかイライラさせてるみたい…。

あなたももしかすると、知らないところで先輩社員をイラつかせているということもあるかもしれません。

あなたのどんな態度が先輩社員をイラつかせているのか、新入社員が気を付けたいことをまとめてみました。

先輩社員によっては、イライラしすぎてあなたのことを宇宙人呼ばわりしている人もいるかもしれません。

そんなことにならない為にも今すぐ次のことをチェックしてみましょう。

先輩社員をイラつかせる!新入社員が気を付けたい態度や姿勢

挨拶をしない

初歩的なことですが、新入社員なのに元気の良い挨拶をしない人やマナーが悪い人は気を付けたいですね。

いち社会人として基本的なこともできないのかと思われて終わるだけで、あなたの周りからの評価も下がっています。

新入社員としてまだ仕事がすぐにはできない状態なのですから、元気よく挨拶をするくらは最低限忘れないようにしましょう。

先輩社員に対しての返事が「うん」

新入社員にも関わらず、先輩からの問いかけに返事を「うん」。と返すのは絶対に止めましょう。

その瞬間に、先輩社員がイラっとしてしまっても仕方ありません。

目上の人に対しては、たとえ仲が深まってきた先輩社員であったとしても、「うん」と返事を返すのはやめてくださいね。

ついうっかり「うん」と言ってしまったのであれば、失礼しましたと一言添えてすぐに訂正をしてください。

先輩社員の方をポンと叩く新入社員

新入社員で、先輩社員の方をぽんぽんと叩いてその人を呼んでいる人がいました。

先輩社員からしてみれば、私、この子よりも下に見られているの?と思われてしまって当然の行為です。

あなたの仲がいい友人ではないのですから、きやすく目上の先輩社員の方をポンポンと叩いて呼ぶような真似は絶対に止めましょう。

仕事に対してのやる気が見えない新入社員

新入社員にも関わらず、仕事に対して本当にやる気があるのかどうかが見えないという人もイラつかせるポイントです。

特に、指導をしている時にメモを取らない人や分からないことがあっても聞かない指示待ち状態の人は気を付けてください。

新入社員は自ら動いて行動すして、できるだけ早く仕事を覚えようとしているという姿勢を見せることが肝心です。

いつまでも先輩社員に言われてから行動するという人は、もしかすると、指示待ち新人というレッテルを貼られている可能性もありますよ。

何度も同じことを繰り返して聞く新人社員

一度覚えた仕事は二度と聞かないというくらいの気持ちで、仕事を覚えるということも新入社員として必要なことです。

もちろん、それでも忘れてしまうことはありますが、その場合には、「一度教えて頂いたのに申し訳ありませんが、このやり方はこうでしたでしょうか?」と聞くことくらいは必要です。

教えたことを何度も繰り返して聞かれる先輩社員は、自分の仕事の手を止めてそれだけあなたに時間を使わなければならず無駄でしかありません。

教えているのにいつまでたっても覚えようとする努力もせずに、何度も何度も繰り返して聞くというのは先輩社員の時間を奪う行為なので気を付けましょう。

報告・連絡・相談をしない新入社員

仕事を進める上で、報告、連絡、相談をしないで仕事を進める新入社員も先輩社員をイラつかせることがあります。

それで仕事がスムーズに行っていた場合でも、必要なことを先輩に報告をしていないことで起きてしまうミスや失敗というのもあるものです。

まだ仕事を覚えきれていない新人は、とにかくすぐに先輩にホウレンソウを徹底するようにしてください。

素直さがない・上から目線の新入社員

仕事上のことで注意をしても、素直に受け入れない新入社員も危険です。

間違ったことをしたのであれば、すぐに謝罪し改めるようにするように心がけてください。

新入社員として教えてもらっている立場なのであれば、素直に自分の間違いや失敗も受け入れ、先輩から注意をされることを柔軟に取り入れて仕事をする必要がありますよ。

注意を受けて嫌な顔をしてしまったり、上から目線で先輩社員にたてついたりという時点であなたの態度が先輩社員の逆鱗にふれてしまうこともあるかもしれません。

仕事の要領がまだまだ悪くても、仕事で失敗をしたとしても素直さがないプライドの高い新人社員は先輩社員から一番嫌われるもとになります。

最後に

新入社員として気を付けたい態度や仕事に対する姿勢について、最低限のことをまとめてみました。

新入社員として周りに気を遣うことも多いとは思いますが、先輩社員を敬う気持ちと素直さと仕事に対する積極性を持っていれば上記に挙げたような態度をとることはありません。

少しでも思い当たるというところがあったという人は、明日からでもすぐに取り入れてみてくださいね。