新入社員が半年で辞めたい!知っておきたい退職リスクと理想の辞め方

新入社員として半年だけれど、もう辛くて辞めたい…。

そんな気持ちを持っている方も多いのではないでしょうか。

これまで、10年以上にわたって転職エージェントのコンサルタントとして働いてきましたが、新入社員として入社、転職した会社を半年で辞めて相談に来られる方も実は少なくありませんでした。

でも、半年で辞めるという選択をするということは、次の転職に必ず影響も出てくるので注意が必要です。

それでもどうしても辞めたいという思いのある人だけ読んでみてくださいね。

新入社員で半年で辞める人の理由は?

労働条件面で納得できずに半年間働いてきた

仕事をしていく上で、仕事の業務量と給与が全然見合っていないと感じる人も半年になると出てきます。

半年にもなってくると、自分がやるべき仕事の内容や業務量について理解も深まりますから、それに見合っている対価なのかどうかということも判断がついてきます。

人によっては、労働条件に納得がいかないまま半年間働いてきて、きりのいい半年というタイミングで見切りをつけるという人も多いですね。

転職して半年だけど仕事ができない

転職した会社で半年後に辞めたいという人の多くが、半年だけれど仕事ができない感じている人が多いですね。

転職者の場合には、即戦力として企業側から求められる傾向が強く、本人としても早く仕事に慣れないという思いもあります。

でも、新しい会社で働けば全く一から覚えなければいけないことも多く、新卒とほとんど変わらないという状態のこともよくあるものです。

特に、転職先の仕事が専門性が必要で多くのことを覚えなければいけない場合には、半年だけど仕事がでいずに会社に役立てていないという焦りから辞めたくなってしまうということがよくあります。

半年間、悩み悩んだ結果、自分には向いていないと感じて結論を出してしまう人も少なくありません。

半年の間に会社のことが良く見えて不満を感じてしまいやすい

転職した会社で半年になもなると、周りの状況もある程度のことはよく見えてきます。

上司の仕事の進め方、会社自体の方針、これまであなたが働いてきた企業とは様々な違いにも気づくようにもなってくるものです。

そのため、人によっては会社や仕事内容からやり方など対して違和感を覚えたり、ギャップを感じてなぜそうなのか…という不満を覚えてしまうこともあります。

そうしたギャップから始まった不満がつもりにつもって、半年で辞めたいという人も多いですね。

知っておきたい!新入社員で半年で辞めることのリスク

とはいっても、新入社員が半年で辞めてしまうと、それなりにリスクもあるので注意が必要です。

次の転職時には不利になってしまう可能性が高い

半年という経歴は、経歴上は短期退職となってしまうのであまり評価されなくなってしまいます。

特に、大手企業など優良企業を中心に書類選考が行われる企業では、まず経歴で短期で退職した履歴があれば、それだけで落とすというところも多いので不利になってしまいがちです。

書類選考でこれまでよりも落とされる確率が上がるということは、あらかじめ理解した上で辞めるかどうかを判断する必要があります。

転職をしても同じような不満を感じてしまうことも

転職をしたとしても、今あなたが抱えている問題と同じことが起きてしまうということもよくあります。

転職後に思っていたのと違った…と結局、同じような不満を抱いてしまうというリスクも無きにしも非ずです。

今の職場での不満があっても、転職をせずに解決できる方法がないのかどうか十分に考えた上で結論を出すのがおすすめです。

新入社員で半年で辞める理想の辞め方

それでも新入社員で半年でどうしても辞めたいという人は、次のような手順を踏んでいくのが理想的です。

在職しながら次の転職先を探してみる

勢いで辞めてしまうよりも、まずは今の仕事を続けながら次の転職先について探してみるようにしましょう。

本当に今よりも良い条件で働ける企業はありそうか、もっと魅力的に思うような仕事があるのかどうかを念頭におきながら、働きたいと思うような求人があるかどうかを探すことが先決です。

実際に辞めてしまってから探しても、結局のところ働いてみたいと思うような企業が見つからなくて、一体自分は何がやりたいのか分からなくなってしまうこともあるものです。

だからこそ、在職中に次の転職先探しは平行しておくのが理想的で、他の企業を探していく中でもしかすると、今の仕事でもう少し頑張ってみようと思えるような気持ちになることもあるものです。

転職エージェントも使って転職活動を並行していく

本当に辞めたい気持ちが強い人は、在職しながら同時並行で転職活動を進めていきましょう。

1人で転職活動を進めていくのにはなかなか大変ですが、転職エージェントを活用すれば、忙しいあなの代わりにコンサルタントが間に入って求人を探してくれて情報提供もしてくれます。

半年で辞めるという退職理由をどのように相手企業に伝えればいいのかというところまで、プロの視点からアドバイスもしてくれるので活用していて損はありません。

本気で働きたいと思える企業から内定をもらって辞める

まずは、本気で働きたいと思える企業から内定をもらいましょう。

それから、今の会社と仕事内容、労働条件など天秤をかけて辞める辞めないの判断をしても遅くはありません。

実際に辞めるという判断をした場合でも、既にほかの企業からの内定を頂いているということを今の会社に伝えれば、辞めやすいというのもあります。

あなた自身が引き止めに合うことなく辞めやすいので、半年で辞めたいという人はなるべく平行しながら転職活動をして内定をもらうことを目指してみてくださいね。