日本交通の面接で不採用!中途採用で落ちたら見直したいポイント

タクシー業界の最大手、「日本交通」の面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


志望度が高い企業だったにショック…

自分には向いていないと思われたのかな…

志望していた企業の面接で落とされてしまうと、自分の何がいけなかったのか…と自分を責めたり落ち込んでしまうこともありますよね。

日本交通は異業種からの転職者も積極的に受け入れている企業で、転職回数もそこまで問われることもなく、通年通して中途採用も行われていることが多い企業です。

とはいえ、そんな日本交通の面接で落とされてしまったのは、もしかると面接での準備不足という原因があったのかもしれません。

今後も面接で落ち続けることがないように、今ここで落ちた面接を振りかえって今後に備えておきましょう。

日本交通以外の求人を紹介してもらうなら、リクルートエージェント  がおすすめです。

日本交通で不採用になった原因を掘り下げて考えてみよう!

健康面で不安要素がなかったかどうか

タクシードライバーの面接では、必ずといって持病を持っていないかや精神病などを含めて病気を持っていないかどうかは質問されます。

面接で持病を伝えてしまうと不利になってしまうからといって隠してしまうと、面接でたとえ合格したとしても入社前の健康診断で落ちてしまいます。

健康診断などで異常が見つかれば、その時点で嘘をついていたということもわかります。

健康面で病気などを持っていた場合には、まずは病気を治してからということが必要な場合もあり、お客様を乗車させて運転するというタクシー運転手の仕事にはなかなかつきにくいといった場合もありますよ。

面接の場にふさわしい第一印象で臨んでいたかどうか

日本交通は、タクシー業界の中でも最大手になってくる会社です。

運転手となれば、当然、会社の顔として働くわけですから、マナーやルールが守られているかや愛想がいいかどうか接客スキルはあるかどうかはしっかりと面接の中で見られています。

特に、日本交通の中でもVIP専用ドライバーに応募した方は、より厳しくチェックされていますから今一度問題がなかったか次ようなことができていたか振り返っておきましょう。

  • 面接の時間には余裕を持って到着していたかどうか
  • 面接の場にふさわしい上下セットのスーツを着用していたかどうか
  • シャツやスーツやカバン、靴が汚れていたり、シワだらけということはなかったかどうか
  • ノックをして入室をした後、静かに扉を閉めていたかどうか
  • 面接官が着席する前に自分が座るということはなかったか
  • 一礼をしたときに髪の毛が顔にかからないように、短くしていたり女性で長い人はまとめたりしていたかどうか
  • 椅子に深く腰を掛けて姿勢を正して面接官の顔を見ていたかどうか
  • 面接官から聞かれる質問にちぐはぐな回答をしなかったかどうか
  • 緊張から髪の毛や顔をいじったりということはなかったかどうか etc

あくまでも最低限のことではありますからしっかりとできていたかどうか考えてみてくださいね。

求められる人材像から逆算して自己PRできていたかどうか

主にタクシー運転手では、

  • どんな場面においても規律を守って運転すること
  • どんな顧客とも親しみやすくコミュニケーションが取れること

が求められますが、ここから逆算して過去の経歴の中から自己PRすることが必要です。

時間やルールを守って仕事をしてきたことや接客業についてたのであれば、一人一人の顧客に合わせた対応をしてきたことなど、何かしら具体的な経験を盛り込んでアピールすることで、求めている人材像に合っていると思わせる効果があります。

単純にあなた自身をPRするだけではなく、日本交通がどんな人を採用したいのかをよく考えた上で伝えられていたかどうか見直してみましょう。

志望動機は誰よりも明確なものだったかどうか

志望動機は、相手企業に対しての最大限アピールができるところです。

ここで単純にタクシードライバーに興味を持ったから、未経験でもチャレンジできるとおもあったからといった簡単なことではなく、なぜあなたがタクシードライバーを志したいのかどうか、また、なぜ数あるタクシー会社の中で日本交通なのかを言えている必要があります。

あなたの人生プランの中にドライバーという技術がどのような位置づけになってくるのか落とし込んで考えられていたでしょうか。

また、日本交通社でなければならない理由を伝えられていたでしょうか。

もし、伝えられていなかった場合には、企業分析が足りていない証拠ですから、求人の募集ページだけではなく企業のホームページや企業に転職した人の口コミ掲示板なども参考にしながら練り上げるといいですよ。

将来的にどうなりたいのかまでアピールできていたかどうか

日本交通に入社後、2種免許を取得した後に一般ドライバーとして乗務するようになった後のキャリアプランを持って面接に臨んでいたでしょうか。

1年先、5年先、10年先まで考えて日本交通でどんなキャリアを積んでいきたいといった具体的なイメージをしているのかということも面接ではとにかく大切です。

例えば、最初は一般ドライバーとして慣れた後は、6年先にはビジネスクラスのでドライバー、いわゆる黒タクのドライバーとなり、最終的には観光タクシーとして外国人をもてなせるようになるまでになりたい。

もしくは、人によってはドライバーから離れて、サービスを考えるような企画、マーケティングなどに就きたいといったことでもいいかもしれません。

将来的にどんなキャリアプランを描いているのかまで伝えられているとベストですね。

日本交通社を落ちたけれど諦めきれないという人へ

日本交通社で不採用になったけれどどうしても諦めきれないという人は、できるだけ早く気持ちを切り替えてもっと魅力的な企業の求人を探していきましょう。

中途採用の面接では、どれだけ準備をした面接であったとしても最終的には企業との相性で落とされてしまうことはあるものです。

ハローワークや転職サイトだけではなく、転職エージェントも活用すれば、選択肢をこれまでの2倍以上に増やすことができますよ。

転職エージェントでは間にコンサルタントが入って、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

登録からその後のサポートも内定をもらった後も完全無料で、強引な転職斡旋をさせるようなこともありません。

日本交通社のような大手企業で技術を身につけられる企業は探せばたくさんありますから、まずは、あなたの希望に合った求人があるか非公開求人の中から紹介を受けてみてくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる