作業療法士の面接で落ちた!転職で不採用になったら見直したいこと

作業療法士の転職で面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


志望度が高い病院だったのに残念

自分の何がいけなかったのかな

志望していた医療機関の面接で落とされてしまうと、一体自分の何がいけなかったのか…と落ち込んでしまうこともありますよね。

作業療法士の求人は、欠員での募集だけではなく体制の強化から増員のために募集される医療機関も少なくはなく、求人も比較的多くあります。

ただし、条件がそれなりにいい医療機関になると、一つの募集に作業療法士が複数人受けることもあるため、面接の準備不足が原因で落とされてしまうこともあります。

今後も面接で落ち続けることがないように、いまここで落ちた面接を振り返って考えておきましょう。

作業療法士の転職時の面接で落ちた原因を振り返って考えてみよう!

第一印象やマナーに問題はなかったかどうか

医療機関に対しての第一印象、マナーには問題はなかったでしょうか。

患者に対しての振る舞いにも関わってくることになるので、面接の場ではしっかりと面接官にチェックをされています。

次のようなことができていたかどうか今一度見直しておきましょう。

  • 面接の時間10分ほど前に前もって到着できていたかどうか
  • 面接の待ち時間中に携帯をいじったりしているようなことはなかったか
  • 面接の場にふさわしいスーツを着用していたかどうか
  • スーツやシャツ、カバンや靴が汚れていたりということはなかったかどうか
  • ノックをして入室をした後、静かに扉を閉めていたかどうか
  • お辞儀をしたときに髪の毛が顔にかからないようにまとめたり、短くしていたかどうか
  • 面接官が着席した後で自分が着席していたかどうか
  • 緊張から髪の毛や顔をいじったりするようなことはなかったか etc

最低限のこととにはなりますが、今一度思い返してみてくださいね。

作業療法士として求められる人材像を把握した上で自己PRできたか

自己PRはただ単純にあなたの特技をアピールするだけではいけません。

必ず、作業療法士として医療機関がどのような人材を求めているのかということをしっかりと把握した上で、そこから逆算してあんた自身の過去の経験からアピールする必要があります。

作業療法士は、患者さんの状態を前向きに捉えながら残された可能性への取り組みをしていく仕事です。

他の職種の人たちとチームを組んで仕事ができること、患者さんの気持ちに寄り添えることが何よりも大切になってくるので、これまでの作業療法士としての経験の中から、あなたが仕事の中でいかに他の人と協力してきたかや、工夫して取り組んでいたかを伝えられるとベストです。

退職理由でネガティブなことを伝えていなかったか

転職時の面接では必ずといって聞かれるのが退職理由です。

ここで、

  • 人間関係が悪かった…
  • 給料が安かった
  • 休みが少なかった…etc

といったような労働条件的なことを伝えてしまうとその時点でアウトになってしまうこともよくあります。

退職理由は必ずポジティブな表現に言い換えて伝えられるように、あらかじめ何を伝えるかは準備しておくようにしたいところです。

志望動機が漠然としたものになっていなかったかどうか

また、志望動機は面接官の最大の関心ごとでもあるため、志望動機が漠然としすぎているのもあまりよくありません。

求人内容だけではなく病院のホームページをくまなく読みこんで志望動機を準備していたでしょうか。

他の人と差をつけるという意味でも、休みの日などに実際に受ける病院の受付へ行って働く職員の顔を見たり、雰囲気を感じ取るといった行動だけでもあなた自身にしか伝えられない志望動機は生まれます。

人気のある医療機関であるほど複数人の作業療法士が受けているので、あなたにしか考えられない明確な志望動機になっていたかどうか今いちど考えてみてくださいね。

数ある医療機関の中で何が魅力に思ったのかとことん考えてあなた自身のオリジナルなものを伝えられるようにしたいところです。

将来的なことを具体的にイメージした上で面接に臨んでいたか

最後に、作業療法士の面接で将来的なことまでイメージをして面接に臨んでいたかも大切です。

医療機関の多くは、作業療法士を一人採用すれば、できるだけ長く働き続けてほしいといった思いを持っているところも多いです。

そのため、1年先だけではなく5年先、10年先にどうなりたいかまでイメージしている人の方が説得力が増しますよ。

将来的には、患者さんの精神的なアプローチもしっかりできるようにコーチングスキルを高めるべくNLPを学んでおきたい、10年先には管理職として人をまとめられるようなスキルを磨きたいといったような明確なものをイメージしておくのもおすすめです。

作業療法士の面接で落ちたらどうすればいいの?

作業療法士の求人は比較的多くあるため、落ちた医療機関以上に魅力に感じる転職先を探していくようにしましょう。

ハローワークや転職サイトだけではなく、作業療法士専門の転職エージェントも活用すれば、求人数も2倍以上に広げられます。

コンサルタントが間に入って病院側の求める人材とあなたの希望条件があったところだけを紹介してくれるので、一人で転職活動を進めるよりも効率的です。

事前にしっかり面接対策もしてもらえる上に、作業療法士側には一切費用はかかりませんから積極的に活用してサポートを受けてみてくださいね。