オープンハウスの面接に落ちた!不採用になったら見直したいポイント

オープンハウスの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。

面接で落とされてしまうと、


自分は不動産には向いていないと思われたのか…

何がいけなかったんだろう…

とあれこれと考えて落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

オープンハウスは、ここ数年増収増益をたたき出しながら急成長を続けている企業で、中途採用の募集も積極的に行われています。

とはいえ、面接で落とされてしまったのは、もしかすると、あなたの面接準備不足が原因になっていることもあるかもしれません。

ここでは、今後も面接で落ち続けないためにも、不採用になった面接を見直しておくということも大切です。

落ちてしまった面接を振り返ることほど嫌な作業はありませんが、今後につなげていくことができるのでこのタイミングでやっておくと安心ですよ。

転職活動中の面接対策なら、リクルートエージェントがおすすめです。

オープンハウスの面接に落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

第一印象で営業向きな印象を与えることができたかどうか

第一印象でその人の印象が8割は決まると言われているほど決定的なものになります。

そのため、面接の中でオープンハウスでの営業マンとしてふさわしい印象を与えられるかということも大切です。

  • スーツは上下そろえたものを着用し、シャツやスーツにアイロンをあててしわのないようにしていたか
  • 靴が汚れていたということはなかったか
  • A4サイズの書類が入るような起立式の鞄を使っていたか
  • 明るく元気の良い声で返事をしたり、通った声で受け答えができていたかどうか
  • 入室する際にノックをして静かにドアを閉めることができていたかどうか
  • お辞儀をした時に髪の毛が顔にかからないように短くしていたり、まとめていたか
  • 面接官が座る前に着席をしなかったかどうか
  • 姿勢をまっすぐ正して足を開けるようなことはなかったかどうか

本当に基本的なところになりますが、営業マンとしてすぐにでもお客様の前で立たせることができるかどうかという意識が必要になってきます。

大人なしめで自信がなさそうに見える人よりも、身なりもきちんとした上で、堂々と明るくポジティブな印象を受ける人の方が、不動産が売れると感じますよね。

あなたがポジティブ思考な人ではないにしても、営業職の仕事である以上は、面接の場でポジティブにふるまうということは必要です。

退職理由でネガティブな内容を伝えていないか

中途採用の面接では、必ずと言って聞かれるのが退職理由です。

退職理由の中で、前職の不平や不満になるようなネガティブなことを伝えてしまうと、それだけで不採用になってしまうこともあるので注意が必要です。

例えば、

  • 残業が多くてきつかったので退職しました
  • 前の仕事は自分に向いていないと思ったので辞めました

といったようなことを面接官に伝えたところで、あなたには一ミリもメリットになることはありません。

うちに転職してきても同じようなことを思うのではないか…、また同じように感じてすぐに辞められてしまうかもしれない…と思われてしまう可能性が高いです。

退職理由はできるだけポジティブなものに言い換えて伝えるように事前に考えておくと安心ですよ。

オープンハウスに対しての志望動機が具体的なものだったか

企業の面接官が一番気になることの1つに志望動機があります。

ここで、どれだけ具体的にオープンハウスに対しての熱い思いを伝えられるかどうかで結果が変わってきます。

ただ、家が好きで不動産に興味があったので志望しましたといったような漠然としたものではなく、どれだけ具体的にオープンハウスへの思いを伝えるかがポイントです。

例えばですが、

年功序列のような形式ではなく、実力主義が徹底されているような環境だからこそ、これまで培ってきた営業経験を活かしつつも自分自身が成長させられると感じたため志望致しました。御社が急成長を続けるように、私自身もそのような場所に身を置いて、まずは営業職の仕事で結果を出し、将来的にはマネージメントもできるような人材に成長したいと思っております。

接客業を中心に働いてきましたが、もっと深く人と関わった仕事をしていきたいという思いから営業職に興味を持ち始めました。不動産の営業は全くの未経験ではありますが、異業種から経験から入った方でも結果を出しておられる方が多いということで大変興味を持ち、自分もそのような環境で切磋琢磨しながら営業力をつけていきたいと思ったことがきっかけで志望いたしました。

といったように、何か1つでもオープンハウスのどんなところに一番魅力に感じたのかを具体的に伝えて、あなたが入社後にどんな働きがしたいのかまで面接官にアピールできるようにしておくと印象がグンと良くなりますよ。

オープンハウスの面接を落ちたけれど諦めきれない人へ

オープンハウスは落ちてしまったけれど、どうしても諦めきれないという人は、転職エージェントを使ってオープンハウス以上に魅力的な企業を探してもらいましょう。

それほど名前は知られていなくても、急成長を続けていて実力主義でしっかりと給料にも反映してくれるような企業は実はたくさんあります。

コンサルタントに相談すれば、あなたの希望に合ったところだけピックアップして紹介してくれますよ。

登録からその後のサポートまで完全無料で一切費用がかかることもないので、積極的に転職サポートのプロを頼って内定につなげてくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる