塗装工から転職!おすすめの転職先と最高の職場を探す3つのステップ

収入も不安定で塗装工を辞めたい・・・そういって塗装工の仕事を離れる人も少なくはありません。


ペンキ屋やっていても将来性ないし、収入も不安定…。

もしかすると、あなたもそんな一人なのかもしれませんね。

人材紹介会社で転職サポートを10年以上してきましたが、20代を中心に塗装工からの転職を考える人は少なくはありませんでした。

でも、塗装工として働いてきただけに、塗装以外に何が自分に向いているのか分からないし、今更転職するにも不安がある・・・という人もいるかもしれません。

そんなあなたのために、塗装工から異業種へ転職する場合の注意点や最高の職場を探すためのステップをご紹介していきます。

途中、厳しい現実的な話もお伝えしていくので、本気で塗装工を辞めてもいいと思っている、塗装工以外の仕事がしたいと思っている人以外は読まないでくださいね。

塗装工を辞めたい!塗装工から転職していく人たちの理由とは?

まずは、塗装工の仕事を辞めていく人達の理由についてみていきましょう。

もしかすると、あなた自身にも当てはまるものはあるかもしれません。

収入が不安定になることが多いから

辞める人で一番多いのは、塗装工は収入が不安定だからという理由です。

建築物の塗装をしている人は、どうしても天候に左右されてしまい雨が続けばその分仕事もなくなってしまいます。

日当で稼いでいるという人も多いために、天候によって収入が変わってくるため不安定になりがちです。

また、景気が悪くなれば仕事が入ってこないといった日々も続くこともあることから、家庭を支えている人などは特に収入面での不安から転職を考える人が多いですね。

体力の消耗が激しい

たとえどんなに若くても猛暑の日や極寒の日でも足場を組んだり、塗装をしたりと作業をしなければいけない為に体力は消耗します。

年齢を重ねれていけばいくほど、塗装の仕事を続けていくことがきつく感じてしまう人は多いですね。

若い10代や20代の人であっても、今はなんとか持ちこたえれても将来的に塗装工を続けていくことができるのかと不安に思うところはあるようです。

人間関係がキツイ場合も

仲間同士での人間関係で悩む人も少なくはありません。

チームで協力をして仕事をしなければいけない為に、ひと度、人間関係が悪くなってしまうと仕事がやりにくく逃げ場がないと感じてしまう人もいます。

狭い人間関係の中で仕事を続けなければならずに窮屈に感じてしまう人もいます。

親方との相性や仲間同士の人間関係が仕事を続けられるどうか左右する部分もあるようですね。

身体への影響が心配

塗料やシンナーなどを使って仕事を続けるため、人によってはこのにおいがダメな人もいたり、将来的な身体への影響を心配になってしまい辞めたくなるという人もいます。

塗装工から異業種への転職で注意したいこと

塗装工から異業種への転職をするといっても、現実的に厳しいところも多いので気を付ける必要があります。

中途採用には即戦力が求められる

中途採用にあってはどうしても経験者が優遇されてしまうため、異業種へ転職を希望していて未経験ともなるとハードルはどうしても高くなってしまいます。

企業によっては、大卒以上、20代半ばまでの第二新卒までといといった採用条件を設けている場合も多くなるため、厳しい現実は待ち受けていると覚悟しておく方が身のためです。

学歴がないだけで面接にさえ進めないところも多いので、受けられる範囲はどうしても狭くなってしまいます。

30代以降にはマネジメントスキルが必要不可欠に

さらに、30代以降での転職市場では、これまでに人をまとめたり指導をしてきたようなマネジメントのスキルも重視して採用されます。

こうした経験を積んできていない場合には、塗装工として働いてきた経験の中からアピールできるものを見つけていくことが必要になってきます。

異業種への転職はなるべく早く職種転換を!

いずれにしても、異業種への転職は厳しいものがありますから、なるべく早く転職をしてその道で経験を積んでいくということが大切です。

これまでの塗装工としての経験を振り返って、あなたが何を大切にして働いていきたいのかを今一度思い返してみてくださいね。

最後には、塗装工から異業種へ転職する場合のアピール方法も含めてご紹介していきます。

塗装工からの転職でおすすめの転職先

とはいっても、塗装工から異業種へ職種変換をして転職に成功をしてきた人もたくさんいます。

私が過去に転職サポートをしてきた人たちでいうと、

  • 製造業
  • 運送業
  • 冷暖房の設備関連
  • 食品メーカーのルート営業
  • 不動産賃貸の営業職 など

への転職を決めていました。

未経験であっても学歴を関係なく採用している企業も中にはあるので、そういった求人をうまく見つけていけば条件的にも塗装工時代よりもよくなる人がほとんどですよ。

もちろん、これはあくまでも一部になりますので、あなた自身が興味がある分野やどのようなことを大切にして働きたいのかを見極めて転職活動をしていきたいですね。

塗装工からの転職で最高の職場を探す3つのステップ

では、塗装工から転職で最高職場を探すためのステップをご紹介していきます。

塗装工を辞めたい理由から逆算して考える

まずは、あなた自身が塗装工をなぜ辞めるのか、なぜ続けていけないのかという理由に向き合って、今後、これだけは絶対にやりたくないという事を把握しましょう。

やりたい事を見つけるようりも、やりたくないことからできることを見つけていく方が転職活動は近道になりますし、転職後にギャップを減らすことにもつながります。

塗装工として働いてきた経験で活かせるスキルを考える

次に、塗装工として働いてきた経験の中から転職活動でアピールできるものは何があるのか具体的に考えましょう。

  • チームで協力して仕事ができる
  • 時間配分を考えて納期に合わせて仕事ができる
  • 部下の育成や指導に携わってきた
  • 正確な作業ができて手先が器用であること など

あなた自身にしかない経験を把握しておくと、今後の仕事探しや転職活動時においても役立ちますよ。

転職のプロにもお願いをしておくこと

塗装工の人が転職する場合によく利用するのが、ハローワークや求人情報誌になりますが、その2倍以上の求人は転職エージェントが抱えているのを知っていますか?

転職エージェントとは、登録をしてくれた人だけに仕事内容の希望を聞いて求人を紹介してくれる無料のサービスです。

登録をするにあたっても何か特別なスキルや学歴が必要ということもなく、仕事を求めている求職者であればだれでも利用できるようになっています。

コンサルタントがあなたに担当としてついて、希望を教えてもらいながらあなたに合った求人を紹介してくれるので、転職活動も効率的に進められます。

ハローワークや求人誌を見比べて条件だけで選ぶよりも、あなたの希望条件とあなたのような塗装工として働いてきた人を面接してみたいという企業側とをマッチングしてもらえます。

ハローワークや求人誌も活用しながら、併用して転職エージェントも利用しておくと転職の選択肢はぐんと増えることは間違いありません。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる