プラントエンジニアから転職!辞めたい人におすすめの転職先

プラントエンジニアを辞めたい…

プラントエンジニアとして働いているけれど、激務できつくて辞めたい…と考えている人も多いかもしれませんね。

転職エージェントでコンサルタントとして働いてきましたが、長期的にプロジェクトに関わったり、ミスが許されなかったりと責任も大きい仕事ではありますが、プラントエンジニアを辞めたい…と言った方も少なくはありませんでした。

ここでは、プラントエンジニアを辞めていく人たちの理由についてや転職時の注意点、おすすめの転職先についてまとめてみました。

プラントエンジニアを辞めたい!転職していく人たちの理由って?

早朝からの勤務や深夜残業で体力的にきつい

プラントエンジニアの仕事は、工事を計画している段階から必要になる重機や職人などの手配をしたりと忙しく、建設が終わった後も定修で改修をしたりといった様々な業務をこなしてかなければいけない仕事です。

忙しい時期になると早朝から深夜までの業務になり、残業もかなり多くなりがちです。

また、突発的な故障などによる工事でイレギュラーに出勤しなければいけないことも発生し、技術者は基本的に工事が終わるまで帰宅できません。

そのため、プラントエンジニアの人の中には体力的に続けていくことができないと判断して早い段階での転職を考える方もいますね。

特に、土木や建築関係のプラントエンジニアとして働いている方は、暑さや寒さにも影響されるので体力的にきつくて辞めたい…という人は多いですね。

危険な仕事から離れたい

プラントエンジニア業界では、自動化・機械化されてきているので昔ほど危険な仕事も減っています。

安全面での管理も方に基づいて守られていたり、安全衛生を守るための専門スタッフが巡回していたりとかなり気も配られています。

とはいえ、突発的な工場内での事故により怪我をすることは無きにしもあらずです。

作業手順に集中するあまり、落ちてきた落下物によって大怪我をしてしまいプラントエンジニアからの転職を決意した人も過去にはいました。

どれだけ安全面に配慮されていたり教育を受けていたとしても、不注意による事故も起こりうる仕事ではあるのです。

人間関係のわずらわしさが嫌になる

現場責任者として計画を遂行していく仕事で責任感も強い仕事です。

現地での多くの職人とチームとなって円滑にコミュニケーションをとりながら進めていくことが必要な仕事です。

コミュニケーションが苦手な場合には、コミュニケーション不足によって重大なミスが起きたり、開発の進捗に遅れが生じたりといったこともあるので気を付けなければいけません。

コミュニケーションを取ることになれている方であればいいのですが、そうではない方にとってはこうした人間関係のわずらわしさが嫌になるという人も中にはいますね。

生活環境が常駐先によって左右される

プラントの建設先によって国内でも自宅から遠く離れた僻地になってしまうということもよくあります。

長期的に家を空けることも多くなり、家族との時間を大切にしたいと考えているプラントエンジニアにとってはなかなか難しいことも出てきます。

最近は国内市場は成熟してきてることからも、海外での受注の方が盛んです。

場合によっては、海外転勤が発生したりといったことで家族の生活環境を変えざるおえない場合もあります。

将来性が見込めずに転職したい

前述もしましたが国内のプラント開発は既に成熟期にあるといわれているので、今後成長性が見込める分野ではあまりありません。

どちらかというと、これからは海外での新エネルギーの開発で成長が見込めるのですが、会社によっては国内でしか開発をしていないといったところも多くあります。

今のまま会社にとどまっていても将来性が見込めないので転職したいといった方も多いですね。

プラントエンジニアから転職する際の注意点とは?

自分の持っているスキルを把握して転職しよう!

プラントエンジニアから転職をするのであれば、まずはあなた自身がどのような能力・技術を持っているのかを把握しておくことがポイントです。

  • 生産調整、工事計画、業者選定などのプロセスの構築
  • 工場設備の増設や海賊にかかわる計画立案:長期にわたったプロジェクトでも計画から遂行できる能力
  • 大勢のスタッフをまとめることができるマネジメント能力 etc

あなた自身が持っている能力をしっかり把握して活かせる分野を探していくことが転職のコツです。

異業種への転職ならなるべく早くが鉄則

プランとエンジニアから異業種への転職を考えているのであれば、なるべく早く転職するのが鉄則です。

20代であればまだ未経験でも採用してくれる企業はありますが、30代となってくるとマネジメントや管理職といった経験が必須になってくる場合もあります。

早い段階で異業種へと職種を切り替えるのであれば可能性は高まるので、プラントエンジニアを辞めたい…と考えている方は早めに動きだしましょう。

プラントエンジニアからの転職先でおすすめは?

同じ業界内・業種での転職が最もおすすめ!

プラントエンジニアの国内市場は成熟していて将来性があまり見込めませんが、海外に目を向ければ今後の成長が見込める分野でもあります。

東南アジアやアフリカなどの発展途上国などへも手掛けているような企業への転職が最もおすすめです。

ほとんどの場合、資本力の大きい大手企業への転職になり、これまでの技術を活かした転職できあれば給料もアップする方がほとんどです。

福利厚生面でも整っており、忙しくとも残業代はしっかりとつき、住宅手当も出たり、有給が取れたりといったこともあり安定的に働くことができるようになりますよ。

中途採用においては、プラントエンジニアを未経験で採用するのではなく、やはり経験者を採用することが圧倒的に多く、求人数も多いことからも今よりも魅力的な企業で働くといったことができる可能性が高いです。

コミュニケーションスキルを活かして営業職へ

プラントエンジニアから全く違う異業種への転職をしたいといった方は、営業職を選ばれる方も多いですね。

プラントエンジニアとして様々なスタッフをまとめながらチームとなり、コミュニケーションをとりながら長期的に人と関わってきた人の中にはコミュニケーションが取れる人であれば未経験でも営業職への転職は可能です。

エンジニアとして携わってきたことに関連した企業への転職で、重工業メーカーでの受注営業などが多いですね。

ものづくりにたずさわってきた分野から、ものづくりをスタートするまでの仕事に転職するというのも面白いかもしれません。

プラントエンジニア・技術者・異業種の求人を多数紹介してもらえる!

プラントエンジニアから転職をするのであれば、転職エージェントを使ってコンサルタントにあなたの技術やスキルを活かした転職先を紹介してもらうのがおすすめです。

経験者向けのプラントエンジニアの仕事はもちろん、製造・メーカーなどでの技術者を積極的に採用している企業の求人を多く抱えています。

もちろん、プランとエンジニアから離れて異業種へ転職したいといった方向けに未経験からでも可能な仕事も紹介してもらえるので登録しておいて損はありません。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる