生産管理から転職するには?辞めたい人におすすめの転職先と注意点

製造業やアパレルなどの生産管理として働いてきたけれど、もう辞めたい…という人もいるかもしれませんね。

転職エージェントで10年以上、コンサルタントとして働いてきたのですが、生産管理の仕事を辞めたい…という人からの相談もよく受けていました。

でも、生産管理という特殊な仕事で働いてきた為に、今更転職できるのか…と不安に思う人も少なくはないようでした。

ここでは、生産管理から転職する場合に知っておきたいことや、異業種への転職ならおすすめできる転職先についてまとめてみました。

生産管理を辞めて、他の仕事に挑戦していきたいという思いがある人は、今後のためにも読んでみてくださいね。

生産管理を辞めたい!生産管理から転職していく人たちの理由は?

生産管理を辞めていく人たちの理由には、実に様々なものがありました。

  • 他部署との調整に日々明け暮れて、頭を下げたりということも多く精神的なストレスが大きい
  • 納期を遅れないよにするために、現場に対して無理なお願いをすることもあったりすることで、現場からの激しいクレームを受けたりときついことも多い
  • 製品の品質に何かあれば、全責任は生産管理としての自分に来るため責任の荷が重い
  • 生産管理として現場に指示を出すこと自体があまり得意ではなく自分の性格に合っていないと感じることが多い
  • 納期に間に合わせるために徹夜で仕事をしなければいけないこともあり大変すぎる
  • 責任が重いにも関わらず給料が割りに合わないと感じることが多い etc

あなた自身はどのような思いから生産管理の仕事を辞めたいと感じているのでそうか。

辞めたいという気持ちは、一見するとネガティブな感情に思われがちではありますが、そこにきちんと向き合うことによって、あなた自身が仕事に対して何を求めているのかや、どんな働き方がしたいのかということが分かることがあります。

忙しい中でもしっかりと自分の時間を使って、なぜ辞めたいのかという理由にぜひ向き合うようにしてみてくださいね。

生産管理からの転職で異業種へ転職するなら押さえておきたいこと

次に、生産管理から異業種への転職を考えるのであれば、注意しておきたいこともみていきましょう。

できるだけ若い方が有利になりやすい

未経験者を積極的に採用している企業も多くありますが、中途採用の面接では即戦力となる人がやはり有利になりやすいところがあります。

20代半ばくらいまでの第二新卒者であれば、転職も有利にはなりやすいですが、それ以上ともなってくるとやはりこれまでの経験が評価の対象になってきます。

異業種への転職を考えているのであれば、なるべく早い方が有利はなりやすいということは頭に入れておくようにしたいですね。

生産管理の仕事を通してあなたがアピールできることを把握すること

また、同じ生産管理の仕事へ転職をするのであれば、そのまま戦力となることが期待されますが、異業種ともなるとあなた自身がアピールできることを考えておかなければいけません。

例えばですが、

  • 仕事をする上で必要不可欠な納期を守ることができ、スケジューリングに落としんだ上で仕事を進めることが得意であること
  • 様々な部署の間で働いてきたため、人との間に入って調整していく能力を持っていること
  • 日々進捗を管理しながら仕事を進めていくことができる
  • 人に指示を出しながら計画遂行することができること etc

こうしたあなた自身がこれまでの経験の中からアピールできることを把握しておくということは必要不可欠です。

即戦力にはなれなくても、どんな仕事の仕方ができるのかということを通して、人となりがよく理解してもらえるので、しっかりと自己分析もして臨むようにしたいですね。

生産管理からの転職は有利になりやすい!評価されるおすすめの転職先は?

では、実際にどんなところであれば、生産管理としての経験が有利になりやすいのでしょうか。

一番おすすめの転職先としては、同じような業界の営業職への転職です。

生産現場で生産計画を立ててきた仕事になるので、ものづくりの現場を知っているということがすごく活きてくるのが営業職です。

製造現場を知っていることで技術面のことを詳細に話して、営業先からの信頼を得ていくということにつながるので、転職先からも評価をされやすい傾向にあります。

同じ会社内で異動をする人も中にはいますが、同業界内の別の会社に転職をして営業職として働くといった方も多いですね。

営業職へのキャリアチェンジができれば、給料面でも高くなることが多いため、転職と同時に給料アップも期待できます。

もちろん、他業界の営業職として転職をした人もいれば、一般事務職の仕事に就いた方なども実際にはいます。

生産管理からの転職なら転職エージェントでプロのサポートを受けよう!

転職するにあたっては、

  1. ハロワーク
  2. 転職サイト
  3. 転職エージェント

の3つの求人の探し方がありますが、生産管理の仕事から異業種への転職も視野に入れているのであれば、③の転職エージェントが断然効率的に活用できます。

転職エージェントでは、転職サイトや転職エージェントの2倍以上の求人を非公開求人として抱えているだけではなく、コンサルタントが間に入ってくれるので、履歴書や面接面での対策もしっかりとサポートしてもらえます。

求人の選択肢も広がりますし、効率的に転職活動をスムーズに進めていくことができるので、転職サイトなどとも併用して活用しておきたいところです。

求職者であれば誰でも利用することができ、登録からその後のサポート、内定をもらった後も一切費用がかかることはないので安心です。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナ禍でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる