放射線技師から転職!おすすめの転職先と最高の職場を探すステップ


放射線技師の仕事にやりがいを見いだせない・・・

そういって退職を考える人も少なくはありません。

でも、放射線技師という専門職の仕事だけに、


異業種への転職ができるのか・・・、今更自分に今の仕事以外に何ができるのか・・・

と不安に思う人が多かったですね。

転職エージェントで10年以上、コンサルタントとして転職サポートをしていたのですが、放射線技師として働いている方から相談を受けることもありました。

ここでは、放射線技師から転職する場合の注意点や最高の職場を探すステップをご紹介していきます。

>>>放射線技師からの転職ならリクルートエージェント

放射線技師から転職を考える人の理由って?

安定していると言われることの多い放射線技師の仕事から転職を考える人の理由にはどんなものがあるのでしょうか。

診療の補助的な立場でやりがいを感じられない

放射線技師の仕事は、医師の指示なしではX線の写真撮影をすることもできません。

場合によっては、医師や看護師に下に見られることもあり、振り回されてしまうといった人もいます。

自分主導で動いていく仕事ではなく、毎日、同じ作業のルーティンワークになりがちでやりがいを感じにくいといったところもあるようです。

放射線技師不足でとにかく忙しい

働いている医療機関によっては、放射線技師の人数が少ない上に検査がかなり先まで埋まっているというようなところもあります。

少ない人員の中で回さなければいけない為に、過重労働に感じている人も中にはいるようですね。

実は意外に暇すぎるという人も

病院によりけりではありますが、当直や自宅待機であっても放射線技師の出番はそう多くはありません。

夜間にレントゲンを撮るということ自体はあまり多くはなく、様子を見て次の日の日中に撮りましょうということも多いからです。

そのため、当直や自宅待機があっても意外と暇で、物足りなさを感じてしまうという人もいます。

放射線技師を辞めたいという自分の気持ちに向き合うこと

あなた自身もなぜ放射線技師を辞めたいのかという気持ちに向き合って、自分の方向性について考えていきまそう。

辞めたいと思う気持ちに向き合うことで、あなたが今後どんな働き方がしたいのかが見えてくるきっかけになることもありますよ。

放射線技師からの転職で注意したいこと

放射線技師から転職する場合には、気を付けなければいけないこともいくつかあります。

異業種への転職をするなら若い人が有利に

異業種への転職を考えるにあたっては、これまでの放射線技師としてのスキルがそのまま活かせるわけでありません。

未経験者を募集している企業のほとんどが、即戦力にならない人ならせめて20代半ばくらいまでの第二新卒者を希望することが多くなります。

30代以上ともなれば、これまでに人を教育したり指導した経験があるかといったことも求められてくるので、こうした経験がない人はできるだけ早く異業種へ転職をして土台を作っていくことをおすすめします。

経験の中から転職活動でアピールできることを知っておくこと

放射線技師から異業種への転職ともなると、スキルが活かせないだけにあなたの経験の何ができるのかということをアピールする必要が出てきます。

例えば

  • 医師や看護師とチームで仕事をしてきたので、チームで協力して仕事をすることができる
  • 時間管理をしながら効率を考えて仕事ができる など

あなた自身が仕事の中でやってきたことや大切にしてきたことをアピールできるように、これまでの経験で何をしてきたのか、自分の強みは何かを改めて考えてみましょう。

異業種への転職は年収が下がることもある

ちなみに、放射線技師の仕事は専門職であるだけに比較的給料がいいことから、異業種への転職ともなると給料が下がってしまう場合もあります。

技師の仕事は30代になれば、年収が500万円を越える人も多く比較的安定している仕事ですから、即戦力として働けないだけに、なるべく、給料交渉ができたり、給料アップが叶えられるような職場を見つけるようにしたいですね。

いずれにしても、放射線技師として働き続けながら職場環境だけを変えるのか、あるいは、異業種へ転職をするのかはじっくりと考えていきたいものです。

放射線技師から異業種へ転職するならおすすめの転職先

放射線技師から異業種へ転職をするのであれば、おすすめできる転職先についてご紹介します。

あくまでも私が過去に転職サポートをしてきた方々の例になるため、すべての方に当てはまるものではありません。

今後の参考程度にしてみてくださいね。

医療機器 法人営業職

医療従事者として働いてきた経験を活かして、医療機器メーカーの営業職へと転職をした人もいました。

技師の仕事にやりがいを見いだせなかくて、もっと結果が重視される仕事につきたいと考える人にはおすすめです。

医療機器を扱ってきた放射線技師にとってみれば、機械類の特徴や説明には現場間を持って医師などに説明もできるはずです。

医薬品を営業するMRよりも、医療機器は営業もかけやすく、放射線技師としての経験も活かせる職場です。

医療機器の営業職といっても、医療機器メーカーや専門商社に分かれます。

気になる人は詳しく調べてみると面白いかもしれませんね。

医療専門の人材紹介会社 コンサルタント

医師や看護師などの医療専門職の人材紹介会社への転職もおすすめです。

医療法人で働いてきた経験や医師や看護師とも協力して働いてきた立場の技師なら、これまでの経験を活かして存分に働くこともできます。

人と関わって仕事がしたいという人や、誰かのために役に立ちたいという思いがある人にはおすすめです。

治験コーディネーター

治験コーディネーターの仕事は、新薬を開発していくにあたって臨床試験を行ためのスケジュールを管理したり、被験者への説明などを行う仕事です。

放射線技師とは全く異なる仕事ですが、患者への説明などにも慣れていることからそれほどギャップを感じずに働くこともできます。

 

もちろん、この他にも医療業界から全く別の職業についた人たちも多いです。

異業種への転職は、年齢などの観点からも前述した方になるべく若いうちに実現させておきたいところです。

>>>放射線技師からの転職ならリクルートエージェント

放射線技師からの転職で最高の職場を探すステップ

放射線技師から職場環境だけを変えて転職をする場合も、異業種への転職を希望している場合でも、転職エージェントを活用してみることで選択肢が広がります。

これまでのあなたの技師の経験が活かせる職場や、全く違う業界でも未経験を募集している職場を医療機関や企業側の人材ニーズと擦り合わせて紹介してもらうことができますよ。

転職エージェントを活用することで、

  • 業界・業種・仕事内容などの詳しい説明
  • 履歴書・職務経歴書の書き方の指導や添削
  • 面接のスケジュール管理
  • 条件交渉 など

転職におけることをすべてサポートしてもらえる上に、仕事を探している人なら誰でも利用できて一切費用もかかりません。

今の仕事を数年先も続けていくことが考えられないという人は、今後の進むべき道を見つけていきましょう。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる