面接の不採用

楽天モバイルの面接落ちた!中途で不採用なら見直したいポイント

楽天モバイルの中途採用の面接を受けたけれど、結果は不採用…。

志望していた企業の面接で落とされてしまうと、一体何がいけなかったのか…と落ち込んでしまうこともありますよね。

楽天モバイルでは、積極的に第二新卒・中途採用の募集を行っていますが、落ちてしまったのは、面接の準備不足が原因だった…ということもあるかもしれません。

ここでは、今後も中途採用の面接で落ち続けない為にも、楽天モバイルの中途採用の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみましょう。

※楽天モバイル以外の求人を紹介してもらうなら、

リクルートエージェント がおすすめです。

楽天モバイルの面接で落ちたのはなぜ?掘り下げて考えてみよう!

面接官の質問に的確に自分の意見を伝えていたか

面接官から受けた質問に対して、的確に自分の意見を伝えられていたでしょうか。

楽天モバイルでは、他者とのコミュニケーションを大切にしている企業でもあるので、コミュニケーション力があるかどうかは大切です。

質問に対して詰まってしまったり、とんちんかんな答えやちぐはぐな答えになってしまっていたら気を付けたいですね。

特に営業職に応募をした場合は、いかに切り替えトークができるかということも見られているので、どんな内容の質問であってもすぐに自分の意見を伝えられていたかどうか考えてみましょう。

営業職志望であれば具体的な数字を盛り込んだか

営業職では、目標数字に対してどう取り組める人材かという視点でも見られることが多いです。

特に、楽天モバイルは、挑戦意欲とスピード感をもって仕事に向き合っている人が多いので、目標に向かって突き進める人材かどうかは大切です。

前職や過去の経験であなたが目標数字に対して、逆算してどのように取り組んでどのような結果を残したのかについて具体的に伝えられていたでしょうか。

いかに困難な目標に対しても立ち向かっていける人材であると思われるような内容だったかどうか考えなおしてみてくださいね。

将来を具体的にイメージさせることができたか

自分のやってきたことをアピールするだけではなく、楽天モバイルに入社後にどのように活躍したいのかまで伝えられていたでしょうか。

1年目はしっかりと自分の仕事を覚えて、目標数字をとらえられるようにしていきつつも、5年先にはプロジェクトマネージャーになれるよな人材になっていたいといように、入社後にどんなキャリアを築いていきたいなのか伝えられていたでしょうか。

あなたが楽天モバイルに入社すれば、どのように活躍してもらえるかを面接官にイメージしてもらえるようになっていたかどうかも見直してみましょう。

楽天モバイルの面接で落ちたけれど諦めきれない人へ

楽天モバイルの志望度が高かったという人にとっては、落ちてしまったことは残念ですが将来のことを考えてできるだけ早く気持ちを切り替えましょう。

楽天モバイルのように、変化を楽しみながら成長できるような企業は探せば他にも見つかるはずです。

転職サイトやハローワークだけではなく、転職エージェントも活用してみたいところです。

転職エージェントでは、転職サイトやハロワークでは扱っていない企業の求人を多数扱っているので、転職の選択肢をグンと増やすことができます。

特別なスキルがなくても転職を考えているという方であれば誰もが利用することができ、登録からその後のサポート、内定をもらった後も費用がかかるようなことはありません。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

全国対応で非公開求人数10万件以上!

転職者の多くの人が利用しているリクルートエージェントは、厳選された非公開求人10万件以上の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

無料でリクルートエージェントに登録してみる