楽天の面接で落ちた!不採用になったら見直したい4つのポイント

楽天の面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


楽天のECコンサルタントとして働きたかったけれど、自分には向いていないと思われたのかな…

志望度の高い企業だったんだけど…

楽天の中でもECコンサルタントの仕事は、男女共に募集が出れば募集が殺到する人気のある仕事の一つです。

でも、志望度の高い企業の面接で落とされてしまうと、自分の何がいけなかったのか…と落ち込んでしまうこともありますよね。

でも、今後も面接で落ち続けることがないように、落ちた面接を振り返るということも大切です。

楽天の面接で落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

WEB面談に不慣れではなかったどうか

楽天の面接ではWEBが取り入れられていますが、これにスムーズに対応することはできていたでしょうか。

WEB面談ならではの気を付けるべきポイントがいくつかあります。

  • 逆光になっていて顔色が悪く見えていたようなことはなかったか
  • パソコンの画面の角度に問題はなかったか
  • 画面の背景が面接にふさわしくない背景になっていなかったか
  • 面接の場にふさわしくない服装をしていなかったか
  • 対面での面接と変わらないレベルで伝えたいことをアピールできていたか
  • 自分が反している時に目線た泳ぐことはなかったか etc

WEB面談に不慣れ感が出てしまっていなかったかどうか今一度考えてみるようにしましょう。

対応にどうしても慣れないという方は、事前に友人に手伝ってもらい面接の練習をしたり、WEB飲み会でもいいので普段から慣れ親しんでおくと安心ですよ。

目標数字に対してどれだけコミットできるかをアピールできたか

楽天のECコンサルタントとして出店事業者の提案営業は、自分の持っているアイデアを駆使しながら出店企業の売り上げアップにつなげるためのコンサルティングを行う仕事です。

出店企業がどのようにすれば、売り上げ目標に到達できるのかをお互いにビジョンを共有しながら販売計画を立案していきます。

目標に対してどれだけあなた自身がコミットできる人材かということはもちろんのこと、分析力やアイデア力、提案力など様々な能力をこれまでの経験を通してアピールすることが求められてきます。

これまで営業経験がある人であれば、具体的な数字を持って目標数字に対してあんた自身がどのように計画を立てて行動し達成することができたのかという自己PRは必須です。

また、あなた自身がどのような創意工夫をして営業をしていたのかまで伝えられていたか、主体的にあなたが仕事に臨んでいたということが分かるような内容になっていたかどうか、今一度振り返って考えてみてくださいね。

もしも、営営業経験がないという人であれば、これまでの仕事の中で何か自分なりに分析し結果を残してきたことなどを伝えることは必須です。

挑戦意欲をアピールすることができたか

楽天の企業風土として、挑戦意欲をかってくれるようなベンチャー気質が根付いています。

また、若手であってもそれなりの裁量を与えられることもあるので、自分の頭で考えて動けるかどうかといった主体性が必要になってきます。

これまでの仕事の中でただ単純にやらされ仕事だけではなく、自ら考えて行動をしてきた経験があれば、アピールに盛り込んでおくといいでしょう。

人を指導したりまとめたり、マネジメント経験がある人も積極的に盛り込みたいところです。

面接の中で、どんな仕事であっても自ら挑戦しがら改良を重ねていくことができるという、PDCAサイクルが自分の中に根付いているということが伝わっているのが理想的です。

いずれにしても、楽天で求められる人材像を把握した上で、上手くあなた自身をアピールできていたかどうかもう一度振り返って考えてみてくださいね。

5年10年先も意識してどうなりたいかを伝えることができたか

あなた自身が楽天に入社後に、どんな仕事に携わり5年、10年先にはどうなっていたいかまで具体的に伝えていたでしょうか。

相手企業に転職した後の、あなた自身のキャリアプランを伝えることで、どれだけ楽天に思いがあるのかということも伝えることができます。

1年後にはリーダーとして働きたい、5年後には別のサービスの開発も手掛けられるようにまでなりたいといったように具体的にイメージしておくといいですよ。

適切な逆質問ができていたかどうか

中途採用の面接の中で、相手企業に対して面接をするということは、相手企業に対してそれだけ興味を持っているということの裏返しになります。

ただ、ここで給与や労働条件面に関するようなことではなく、本質的なことを質問することがベストです。

例えば、

  • リーダーポジションとして昇格する人は、どのような人材が多いのでしょうか。
  • 入社までに何かやっておくべきこと、勉強しておくべきことは何かあるでしょうか。

といったように、仕事に対しての前向きな思いが伝わるような内容が理想的ですね。

どんな企業でも使えることではあるので、あらかじめ質問は2~3つくらいは準備しておきましょう。

楽天の面接で落ちたけれど諦めきれない人へ

楽天の面接で落ちたけれど諦めきれないという人もいるかもしれませんが、なるべく気持ちを早く切り替えて楽天以上に魅力的な企業の求人を探してみましょう。

企業の面接は最終的には相性になってくる

楽天では、基本的には書類選考から始まり、面接2回、適性検査が行われることがほとんどです。

どれだけしっかりと面接の中であなた自身をアピールできていたとしても、最終的には企業との相性が合わないということもあります。

落ちてしまったのであれば、自分には合わない企業だったと思って次へ進むのが得策です。

優良企業は楽天企業だけではない!

確かに楽天は、誰もが知るサービスを運営していて、企業内部もおしゃれで社食が無料だったりと魅力がありますよね。

でも、大手企業で福利厚生にも恵まれていて、様々なことに挑戦できるIT企業は楽天だけではありません。

転職サイトだけではなく、転職エージェントも活用することで求人の選択肢が2倍以上になることを知っていますか。

転職エージェントでは、コンサルタントがあなたに担当としてついて、非公開求人の中から希望に合った企業を紹介してくれます。

登録からその後のサポートも完全無料で受けらるので、まだ利用したことがないという人は、積極的に活用して紹介を受けてみてくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

\\コロナが落ち着いているこの時期がチャンス!求人数も右肩上がりで増えています!//

リクルートエージェントに無料登録してみる