リクルートエージェントで内定辞退する時の伝え方と注意したいこと

リクルートエージェントを通して、中途採用の面接を受けて見事内定!

でも、実はそこまで志望度は高くなくて、内定辞退をしたい…という方もいるのではないでしょうか。

当然ながら選考過程において、企業に対するイメージが違うと感じたり、提示された条件に不満があるといった場合もあるものです。

リクルートエージェント経由で受けていて、面接対策などもサポートしてくれてきた担当者に対して断りにくい…という思いがあるかもしれません。

そんなあなたのために、元転職エージェントのコンサルタントとしての経験から、リクルートエージェントでの内定辞退の伝え方についてまとめてみました。

リクルートエージェントで内定辞退する時の伝え方

では、さっそくリクルートエージェントに対しての伝え方を見ていきたいと思います。

引き続きリクルートエージェントを利用する場合と、他社で決まったので、今後一切、リクルートエージェントは利用しない場合の2パターンに分けてみました。

引き続きリクルートエージェントを利用する場合

今回の面接は、内定辞退をしてもリクルートエージェントを引き続き利用していきたいと考えているのであれば、正直になぜ受けた面接を内定辞退するのかということをリクルートエージェントの担当者に申し出るようにしましょう。

その際に、具体的に何があなたの希望と違ったのかということを明確に伝えるようにすることで、あなたの希望に合った企業の求人をより吟味して紹介してくれます。

例えば、

  • 提示された給料の〇〇円は自分にとって低いと感じたため、より良い条件を求めて引き続き転職サポートをお願いしたい
  • 選考過程で受けた企業の印象が堅苦しく、自分にとって企業の風土が合わないのではないかと感じるため etc

あなたにとって何が違和感だったのか、何が合わなかったのかということを担当のコンサルタントに伝えるようにしましょう。

リクルートエージェントは、求職者の斡旋業者ではありませんので、あなたが希望に合わないと判断したのであれば、内定辞退することはも可能です。

エージェント側も求職者側が内定辞退をすることも想定していますし、コンサルタントはあなたの転職をサポートしている人ですから、安心して内定辞退していただいて大丈夫です。

場合によっては、条件面で合わない部分があるようであれば、コンサルタントがさらなる交渉をしてくれる場合もありますし、より良い条件の求人を紹介してくれることもあります。

自分が違うと思ったところは積極的にコンサルタントに伝えるようにして、引き続きサポートしてもらうようにしましょう。

コンサルタントにとって一番嫌な事なのは、内定を受け入れて入社した後に早期退職した場合です。

そのような場合には、企業に対して紹介料の返金をリクルートエージェント側が行わなければいけないため、コンサルタントとしては一番されると嫌な行為です。

そのため、内定をもらった段階でお断りすることは正々堂々と行って頂いて問題ありません。

リクルートエージェント経由の転職は考えていない場合

リクルートエージェントと転職サイトを併用していて、転職サイト経由で受けた企業の方が良かった、そちらを選びたいという人もいるかもしれません。

他社からも内定をもらっていて、リクルートエージェント経由での転職活動を終えたいというのであれば、そのまま、

「既に他社からも内定を頂いたのですが、そちらの方が自分にとっての条件が良かった為、御社経由での〇〇社は内定辞退させて頂きたくご連絡差し上げました。」

とはっきりと伝えるようにしましょう。

リクルートエージェントからの求人紹介はもう必要ないということであれば、もうこの時点で退会したいということも伝えておいて問題ありません。

リクルートエージェントは内定辞退を止められるって本当?

一部のネット上の噂ではありますが、転職エージェントを使って内定辞退を必死に止められたというような情報を見たことがあります。

確かに、転職エージェントも民間企業ですから、求職者に転職してもらった上で紹介料をいただくことでビジネスが成り立っています。

決定率を上げるためにも、コンサルタントとして求職者側に転職を早く決めてほしいという思いもないことはありません。

とはいえ、前述もしましたが、転職後にギャップを感じて早期退職に至った場合には、紹介料の返金をしなければいけないことから、結果的にその方がコンサルタントにとっては手間もかかり最悪な事態なんですよね。

だからこそ、できるコンサルタントであれば、強引に求職者の意向を無視するということはありません。

リクルートエージェントはそれこそ全国対応で日本でも一番知られているエージェントですから、次々に新しい求職者はいるので困ることもありません。

そのため、強い引き止めにあって内定を断れないなんてことは絶対にありえませんので、安心して大丈夫ですよ。