リクルートライフスタイルの面接で落ちた!不採用なら見直したいこと

リクルートライフスタイルの面接を受けたけれど、結果、落ちた…という方もいるかもしれませんね。

面接で不採用になってしまうと


自分の何がいけなかったのだろうか…

自分には向いてないと思われたのだろうか…

とあれこれと悩んだり落ち込んでしまうこともあるかもしれません。

転職活動中の面接対策ならリクルートエージェント がおすすめです。

リクルートライフスタイルは、契約社員として募集がかけられることの多い企業ですが、正社員と違えどリクルートの知名度があるため倍率はそれなりに高くなりがちです。

とはいえ、同じリクルートでも正社員に比べれば受かりやすくはなりますが、それでも落ちてしまったのはあなたの面接での対応に何かしら原因があった…ということもあるかもしれません。

今後もあなたが面接で落ち続けないためにも、リクルートライフスタイルの面接で落ちたら見直したいポイントをまとめてみました。

リクルートライフスタイル以外の企業を受ける場合でも活かせる内容になるので、参考にしながら次の面接で活かしてみてくださいね。

リクルートライフスタイルの面接を落ちた理由を掘り下げて考えてみよう!

第一印象がリクルート向きではなかった

最も初歩的ですぐにでも改善できるのが、面接での第一印象です。

リクルートライフスタイルで働く営業マンとして、明日からでも外へ出せるかどうかといった視点で見られるので、面接の中での印象は選考を大きく左右します。

  • 面接の場にふさわしいスーツだったかどうか
  • スーツやシャツがしわだらけということはなかったかどうか
  • 女性であれば、面接にふさわしいナチュラルメイクができていたかどうか
  • 靴が汚れているということはなかったか
  • 入室する前にはノックをして入り、静かに扉を閉めて一礼ができていたかどうか
  • お辞儀をした時に髪の毛が顔にかかるといったようなことはなかったか
  • 面接官が着席をする前に自分が座るようなことがなかったかどうか
  • 面接途中で髪の毛をいじったり触ったりすることはなかったか
  • 面接中、背筋をまっすぐ伸ばして座っていたかどうか

といったことができていたかどうかを、もう一度振り返って考えてみるようにしましょう。

リクルートライフスタイルでの企画営業職の仕事は、お客様の視点に立って企業へ提案えすることが求められる仕事になるので、それにふさわしい第一印象・見た目であることは当然ながら求められます。

いち社会人として最低限のマナーが守られないような人や、見た目の印象に清潔感がない人は面接において落とされてしまう可能性もあります。

企画営業という仕事であるだけに、人に見られるということが意識できていたかどうかや、誰から見ても好印象にうつっていたかどうかをも一度見直してみてくださいね。

リクルート的な挑戦意欲が感じられなかった

リクルートライフスタイルの企画提案の営業職は、営業職である以上、結果は重要視される仕事です。

特に、リクルートは年齢を問わずに成績によって評価される企業で、実力主義な会社の1つですから、面接の中で挑戦が感じられるかどうかという点はしっかり見られています。

前職の退職理由がネガティブなものになっていたり、リクルートライフスタイルに入社して何がしたいのかということが明確になっていない人は注意したいところです。

そういった視点でもう一度、退職理由について聞かれた時に、前向きな視点で答えられていたかどうかや、自己PRにうまくつなげられていたかどうかを考えてみましょう。

志望動機がリクルートライフスタイルに向けたものになっていなかった

面接の中で必ず聞かれる志望動機ですが、ここでリクルートライフスタイルに向けたものになっていたかどうかもう一度考えてみましょう。

営業職の中でもなぜリクルートライフスタイルの仕事がやりたかったのかや、他の企業がたくさんある中でなぜ選んだのかということが明確になっていたでしょうか。

ただ単純に、

営業職の仕事に挑戦してみたかったので志望しました。

といった内容だけではあまりにも漠然としていますよね。

もっとなぜリクルートライフスタイルが良かったのか、魅力を感じたのかということを伝える必要があります。

じゃらん

これまでの販売職の仕事をしながらも、もっと人に積極的な提案ができる営業職がしたいという思いがありました。もともと旅行が好きということもあり数々のホテルや旅館に泊まっていきた経験もあります。顧客側からの視点を活かして提案ができる御社の営業職にとても魅力を感じました。契約社員としての3年という中で、自分が何ができるのかを常に考え結果を残し、マネジメント経験も積みたいと考えています。

ホットペッパービューティー

契約社員という期間が決まっている中で、ゴールを見据えた上で仕事ができるということ、また、リクルートという結果が重視される企業の中で自分を成長させたいと思ったことから御社を志望させて頂きました。入社後には、これまでの営業経験も活かして、いち早く結果を残したいと考えております。

といったように、なぜリクルートライフスタイルに入りたかったのかどうかと、入社後にはどのような働きをしたいのか、将来的にどうなりたいのかといったことまで話せているといいですね。

リクルートライフスタイルの面接を受けたけれど諦めきれない人へ

リクルートライフスタイルの面接で落ちてしまったけど、どうしても諦めきれないという人は、リクルート以上にもっと魅力的な企業がないか探してみましょう。

リクルートのようなベンチャー気質のある実力主義な会社は、探せば他にも見つかるはずですよ。

その際には、これまでお伝えしてきたことを見直して、しっかりと事前準備をして面接に臨んでみてくださいね。

面接対策に不安があるという人には、転職エージェントでのコンサルタント相談もおすすめです。

求人の紹介をしてもらえるだけではなくて、履歴書・職務経歴書、面接の対策を個人レベルで行ってもらえます。

求職者であれば誰でも利用できて、一切費用もかからないサービスなので今後の転職活動にぜひ活用してみてくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる