リクルート住まいカンパニーを落ちた!中途採用者が見直したいポイント

リクルート住まいカンパニーの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


カウンター営業に興味を持ったけれど何がだめだったんだろう…

志望度が高かっただけに残念…

志望していた企業の面接で落とされてしまうと、自分の何がいけなかったのか…と落ち込んでしまうこともありますよね。

リクルート住まいカンパニーでは、学歴もそこまで問われることなく、異業種からの未経験者も採用している企業の一つになっていますが、時期によっては中途採用も積極的に行われていることがあります。

でも、そんなリクルート住まいカンパニーの面接で落とされてしまったのは、もしかすると、面接の準備不足が原因だったこともあるかもしれません。

落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、今後も面接で落ち続けることがないように今ここでしっかりと振り返っておきましょう。

リクルート住まいカンパニー以外の求人を紹介してもらうなら、リクルートエージェント  がおすすめです。

リクルート住まいカンパニーで落ちた原因を掘り下げて考えてみよう!

第一印象はリクルート住まいカンパニー向きだったかどうか

当たり前ですが、家を買いたい、あるいは、家をこれから建てるといった人に対してのセールスになってくるため、当然ながら第一印象は必ずといって面接の場でも重要視されています。

  • 面接の場にふさわしいスーツを着用していたか
  • スーツやシャツにしわはなかったか
  • 靴やパンプス、持ち物が汚れていたりしていなかったか
  • ノックをして入室し、その後、静かに扉を閉めていたかどうか
  • 面接官が着席をする前に自分が着席をすることはなかったか
  • 髪の毛はお辞儀をしたときに顔にかからないようにまとめていたか
  • 面接中の姿勢には問題なかったか  etc

面接という場においてこうしたことができていない人は、普段のビジネスの現場でもなかなかできないと考えられることはよくあります。

最低限のビジネスマナーが守れているかどうか、セールスをするのにふさわしい人材かどうか判断されているので、不安な人は今一度チェックしておくといいかもしれません。

求められる人材から逆算してあなたの経験を具体的にアピールできていたかどうか

リクルート住まいカンパニーの仕事は、基本的にはカウンターセールスで反響型の営業です。

新規でがつがつ電話サポインとを取ってということはなく、予約が入って来社してもらうというようなスタイルなため、一見するとそこまでガツガツしてはいません。

ただし、あくまでもセールススタッフである以上は、目標数字を捉えることは必要になり、どれくらいのお客様を希望のハウスメーカー等につなぐことができるのかといったことが重視されてきます。

だからこそ、営業経験や接客経験のある人を歓迎しているのですが、過去の経験の中からしっかりと目標に対してどう取り組むことができたのかを伝えられていることが大切です。

営業をしていた経験があるのであれば、具体的に数字を入れ込んでどれくらいの達成率で達成できたのかや、目標数字に対してあなた自身が工夫して取り組んだことなど具体的な数字やエピソードを入れ込んでアピールできていたでしょうか。

求められる人材像をイメージしてそこから逆算して、自分の過去の経験からアピールすることこそが中途採用の面接における秘訣にもなってくるので今一度見直しておきたいところです。

これから5年、10年先にどうなりたいか伝えられていたか

リクルート住まいカンパニーでは、挑戦意欲のある人を求めている傾向が強い会社です。

挑戦意欲を示すという意味でも、リクルート住まいカンパニーで5年先、10年先、あなたがどうなっていたいのかということまで伝えられていたでしょうか。

例えば、

5年先にはマネジメントを経験し、部下を持って数字や人材を教育・管理する立場になりたい

10年先は店舗運営までできるまでに成長していたいといったようにあなたの目指したい

といったように、将来的にどうなっていたいかまで具体的に言えているとベストです。

また、あなた自身の人生においてなぜそういった状態になることが理想なのかまで伝えられていると、ただの言いっぱなしではなくしっかりとあなたの人生レベルにまで掘り下げて、リクルート住まいカンパニーで働くことを考えているというアピールに繋がりますよ。

効果的な逆質問ができていたかどうか

中途採用の面接でほぼほぼ聞かれることの多いことの一つに、「質問はありませんか」があります。

ここで何も答えずに終わってしまうと、自らのチャンスを棒に振っているようなものになります。

ただし、逆質問をするにしても、

  • 残業時間はどれくらいですか
  • 有給休暇は取得できますか

といったような質問ではなく、もっと前向きな質問の方が好まれることが多いです。

例えば、

  • リクルート住まいカンパニーで目標数字を達成できている人はどのような人が多いのでしょうか
  • 未経験者が多いということですが、仕事を覚えて結果を出せるようになるまでに最短でどれくらいの人が多いのでしょうか etc

こうした質問であれば、あなたのやる気や前向きさのアピールにもつながるのでおすすめですよ。

上記のことはぜひ、これからの面接で取り入れて活かしてみてくださいね。

リクルート住まいカンパニーを落ちたけれど諦めきれない人へ

リクルート住まいカンパニーで落とされてしまったけれど、どうしても諦めきれないという人はなるべく早く気持ちを切り替えて、それを超えるような企業を探していくようにしましょう。

ハローワークや転職サイトだけではなく、同じリクルートグループの転職エージェントも活用して積極的に求人を紹介してもらいましょう。

転職エージェントでは、ハローワークや転職サイトなどに比べて2倍以上の求人数を抱えているので、普段は表に出ないような企業の求人も見つかります。

リクルート住まいカンパニーのような、それなりにブランド力もあり挑戦意欲のある人材を求めている企業もたくさん紹介してもらえる上に、リクルートエージェントであれば、リクルートグループ内の最新の募集状況についても教えてもらうことができます。

登録からその後のサポートも完全無料で受けられて、強引な転職斡旋を受けるようなこともありません。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる