リフォーム営業から転職!おすすめの転職先と最高の職場を探すコツ

リフォーム営業はもうキツイ・・・

転職エージェントで10年以上、コンサルタントとして働きながら様々な方からの転職相談を受けてきましたが、リフォームの営業職に就いている方からの相談も少なくはありませんでした。

リフォームの営業職は、新規開拓で飛び込み営業が必要な会社も多いので営業職として働き続けるには、かなりの忍耐と根性が必要になることも多い仕事です。

そのため、離職率も高く比較的短期間で辞める人も多いのが現状です。

とはいっても、他に自分には何ができるのかよくわからない・・・、いまさら異業種への転職ができるのかと不安に思う人も多いですね。

そんなリフォーム営業からの転職を考える人のために、おすすめできる転職先や最高の職場を探すためのステップをご紹介していきます。

途中、転職活動における現実的なこともお伝えしていくこともなるので、本当にリフォームの営業職を辞めてもいいといった人だけ読んでくださいね。

リフォームの営業の実態は?キツイ仕事から逃れたい・・・

営業職は当然ながらノルマもあり数字を追うことが基本です。

ただ、リフォームの営業職の場合は、ノルマ達成のために新規開拓で個人宅などへ営業をかけていくケースがほとんどです。

水質調査や水回りの点検などと偽ってお宅に入り込み、どこかしらリフォームできるところを探し提案するといったことも当たり前のように行われています。

そして、見込み客が枯渇してくると、自分の家族、親族、友人などとつてを頼っていき、最終的には自分自身も数字のためにリフォームをするといったことも少なくありません。

そのため、リフォームの営業マンは、自分がやっている仕事に罪悪感をどこかしら感じで自分の仕事に誇りを持てなくなってきたりという人も少なくはありません。

そのため、求人が多くて転職しやすい仕事なのですがなかなか続かなくて離職者も多いのです。

このリフォームの営業のキツさからすぐに辞める人も多く、短期で退職を考える人も少なくはない業界です。

リフォームの営業職からの転職は?異業種への転職なら注意したいこと

同業他社への転職であれば、これまでの営業実績によっては条件良く転職ができることも多いのですが、異業種への転職ともなるとやや厳しいところもあります。

異業種からの未経験者を積極的に採用している企業もありますが、そのほとんどが第二新卒といった年齢がまだ20代半ばくらいの人といった希望を持っています。

そのため、それ以降ともなってくると、これまでの経験の中で成績だけではなく人をまとめたり教育をしたりといったポジションを経験してきているのかといったことも重要視されてきます。

もし、あなたがこうした経験をリフォーム業界の中で積んできていないのであれば、なるべく早く転職をしてマネジメント能力を新天地で身につけていけるようにしたいですね。

いずれにしても、異業種への転職をするなら早ければ早い方が有利にはなってきます。

リフォームの営業職からの転職でおすすめできる転職先

では、実際にリフォームの営業職からの転職でおすすめできる転職先についてご紹介していきます。

反響型営業職

営業自体は好きだけれど、リフォーム特有の新規開拓をしたくないといった人には反響型の営業職がおすすめです。

反響型の営業職とは、お客様の方から会社に資料請求や問い合わせがあり、その人たちに対して営業をかけていくというような仕事です。

実はリフォーム業界の中でも、企業によっては100%リフォームの案件を反響型営業で獲得しているというような企業もあります。

同じ業界であれば転職もしやすいですし、今よりも条件の良く働けることも出てきます。

また、不動産会社や不動産仲介業の営業職も反響型営業職になり、リフォームの営業職からの転職も比較的しやすいところがあります。

もちろん、他の業界の反響型営業も視野に入れてみてもいいでしょう。

リフォーム業界 一般事務職

もしあなたが営業職をどうしても離れたいというのであれば、同じ業界の中の一般事務職であれば比較的転職はしやすくなります。

一般事務職はどうしても20代前半くらいまでの人が有利にはなってきますが、営業職としての立場を経験してきているのであれば、仕事への理解もあるので企業側からの反応も悪くはありません。

他の業界の一般事務職は、なかなか経験がないと厳しかったり、関連している建築系の一般事務であっても特殊な知識が必要になることが多く採用のハードルは高めです。

ただし、これまで営業職をしていた人が事務職へ転職をすると、給料が下がってしまうというようなことがほとんどなので、あなた自身が何を重視して転職をするのかよく考える必要がありそうです。

営業職のように結果が良ければ、給与に反映されるといったことはほとんどありません。

住宅設備メーカー ルート営業職

特約代理店や工務店、リフォームや住設業者などに対して、システムキッチンや建材、住設建材商品などを提案していくルート営業職への転職もおすすめです。

これまでの新規開拓とはまた違った難しさはありますが、お得意先への営業になるのでガツガツするような仕事の仕方ではないので働きやすくはなるはずです。

リフォームの営業職からの転職で最高の職場を探すコツ

ご紹介したのはごく一例であってあなたに当てはまるというものではありません。

本当に自分に合った転職先を探したいというのであれば、転職エージェントでコンサルタント相談を受けてみるといいですよ。

他の業界や仕事内容について精通したコンサルタントがあなたに担当としてついて教えてもらえます。

また、あなた自身の希望条件と企業側が求める人材ニーズとを擦り合わせた上て求人を紹介してくれるので、転職活動をスムーズに進めていくことができるようになります。

履歴書や面接のアドバイスもしてもらえる上に、完全無料で受けられるので利用しておいて損はありません。

まずは、あなた自身が本当に働きたいと思える会社があるか紹介してもらいましょう。

異業種へ転職するなら利用しておきたいエージェント

リクルートエージェント 

転職実績No,1!未経験から応募できる求人が豊富

全国対応で20万件以上と圧倒的な求人数もあることから、未経験でも応募できる求人を多く扱っているのが特徴です。転職自体にまだ迷いがあるという方や今は情報収集だけしたいといった方でも利用することが可能です。

転職まで手厚いサポートが受けられる!

異業種への転職で必ず必要となってくる、履歴書や面接対策、給与交渉など、コンサルタントがあなたの代わりにしてくれます。さらに、企業の内部情報を徹底的に調べ上げた独自レポートまで用意しているので、企業の実際のところを知った上での転職が可能です。

コロナショックの状況下でも影響を受けていない業界や業種、採用ニーズがむしろ増えている企業などの最新の情報も教えてもらうこともできますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる