マイナビエージェントに断られた!マッチする求人がない理由と対処

マイナビエージェントに登録をしてみたけれど、マッチする求人がないから断わられた…という人もいるかもしれませんね。

実際に、ツイッター上でもこんなつぶやきをしている方もいます。

https://twitter.com/Haruka17171/status/1098518833961197569

では、なぜ転職サポートをしてくれるはずの転職エージェントで、断られるようなことが出てくるのでしょうか。

ここでは、某転職エージェントで10年以上にわたって働いてきた元コンサルタントの私が、赤裸々にその理由についてまとめてみました。

正直、ショックを受けてしまう方もいるかもしれませんが、現実を知った上で前を向いていきたいと思う方には、その場合の対処法もお伝えしているので最後まで目を通してみてくださいね。

マイナビエージェントでマッチする求人がないと断られた理由は?

企業に紹介料をもらってまで紹介できる人材ではなかった

もう本当に正直なことを告白しますが、転職エージェントは企業から紹介料をもらって成り立っている民間企業です。

求職者に対しては希望に合った求人を紹介して、企業に対しては求めている人材を紹介するという仕事になりますが、面接を経て内定をもらった人材が入社して初めて紹介料という形でもらうことになります。

そのため、マイナビに限らず転職エージェントでは、できるだけ人材を企業に紹介して転職してもらいたいという思いを当然持っています。

ですが、企業にできるほどの人材ではなかった場合には、書類選考さえも通らないでしょうから、それを見越した上で断るケースも実際にはあります。

それだけその人に時間をかけたとしても、結局、企業側が書類の段階でも通らないという場合には、どれだけサポートをしても同じだからです。

マイナビエージェントもボランティアではありませんから、優秀な人材に時間をかけてサポートをしていく方が転職決定率が上がので、

企業に紹介できにくい人材とはどんな人材なのか?

短期間の職歴や転職回数が多い

まだ若いのに何度も既に転職を繰り返しているという人は、企業側からのウケはあまりよくありません。

また、一定期間働いている期間があればそこまでの問題ではないのですが、短期間での転職を繰り返している場合には、企業側から即断られてしまうケースも多くなります。

そうなってしまうと、いくら転職サポートをしたところで、求職者側にとっても書類さえ通らないという事態がおきてくることになるので、早い段階でマッチする求人がないと言って断るケースもありますね。

正社員としてのキャリアがない

また、これまでずっとフリーターやアルバイトなどで働き続けている人も、企業側には紹介しにくくなります。

キャリアがないと判断されて、正社員の転職で企業側に紹介がしにくいということがあるからです。

経歴にかなり長い空白期間がある

これまでの経歴に空白期間がかなり長くあったりする場合も、断られるケースはあります。

空白の理由には、病気療養、介護などの事情があるかたも多いと思いますが、それでも、あまりにも長すぎたり、何度も空白の期間があるという場合には、企業側からも採用されにくいというのが正直なところです。

企業の多くは、空白期間=キャリアが途絶えている期間として認識する傾向が強いので、なるべくは、継続して職歴がある人を採用したいという企業が多くなります。

求める条件が高すぎる場合

求職者側が求めている希望が高すぎる場合にも、断る場合もあります。

これまでの自分のキャリアのことは度外視して、自分の希望だけを優先したり、高収入を希望している人なんかはそれに当たります。

ある程度、求める条件が高すぎるという方に対しては、話し込んだ上で落ち着けどころを見つけていくのですが、自分の都合を優先して求める条件が高いままという人は、紹介できる求人がないのでお断りしてしまいます。

転職エージェントは、求職者だけの要望だけを聞くところではないという認識は持っておいた方がいいですね。

求めている希望の条件の求人がそもそもない

また、文字通りマッチする求人がないという場合も当然ながらお断りするしかない場合があります。

転職エージェントによって抱えている求人が異なってくるのですが、あなたが希望している条件の企業の求人は扱っていない場合には、お互いのために面談をする前に断ることも多いですね。

求職者としても、時間を使って面談に出向いたところで、結果的に紹介できる求人がなかった…というような場合には、時間の無駄になってしまうこともあります。

それを避ける為にも、ある程度、電話の時点でヒアリングをし、ニーズに合わないような求人がない場合はその時点でお断りしてしまうケースもありますよ。

マイナビエージェントで断られた場合の対処の仕方は?

マイナビエージェントで断られてしまう理由について見てきましたが、当てはまりそうなことはあったでしょうか。

いずれにしても、マッチする求人がないと言われたのであれば、次の対処が必要です。

他の転職エージェントを活用する

転職エージェントによって抱えている求人が異なってきます。

マイナビエージェントは、どちらかというとIT・メーカー業界に強い転職エージェントとして知られています。

転職エージェントを利用するなら複数登録が基本になってくるので、他の転職エージェントも登録をしてみて紹介をしてもらえるか聞いてみるようにするのがいいですね。

王道のリクルートエージェントは、求人数も豊富だからこそ利用しておきたい転職エージェントになります。

リクルートエージェント

転職成功実績もNo,1なので優秀なコンサルタントがあなたに合った企業の求人を紹介してくれますよ。

転職エージェントは複数登録をするのが基本ですから、マイナビエージェントだけに頼らずに他もどんどん頼っていきましょう。

リクルートエージェントに登録してみる

ハローワーク・転職サイトを使って一人で転職活動を進めていく

短期間での転職を繰り返していたりといった職歴だったり、履歴書での空白期間がかなり長く不利になってしまう…という人は、転職エージェントでの転職が難しいケースも多いです。

そのため、思い当たるところがあると思う人は、ハローワークや転職サイトなど、一人で転職活動を進めていくことができる手段を使うようにしていきましょう。

マイナビエージェントに断られたからといって転職ができないわけではありませんから、自分自身の人生に集中して今後どうすべきなのか手を尽くしてみてくださいね。