飲食店の正社員面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント


飲食店の正社員の面接で落ちた…

もうこの先、本当に転職できるのかさえ不安…

飲食店の正社員の面接を受けたけれど、結果、不採用になったという方も多いかもしれませんね。

人手不足で知られるところの多い飲食店なので、比較的受かりやすいはず!と思って受けてしまうと当然ながら落ちてしまうこともよくあります。

某転職エージェントでコンサルタントとしてこれまで働いていたのですが、飲食店での面接で落ちた…といって転職相談に来られる方も少なくはありませんでした。

ここでは、飲食店の面接で落ちてしまった人が見直したいポイントと、今後の転職活動を成功させるためにしたいことをまとめてみました。

飲食店の正社員として求められる人材を知ろう!

飲食店の正社員としての仕事は、単純にアルバイトのような感覚で働けるほど簡単なものではありません。

まずは、飲食店の正社員で求められる人材像について把握しておきましょう。

気配りやマナーがあり機転が利く人

飲食店の正社員は、お店全体を見て動かなければいけないことから、気配りやマナーがあるということは当然ながら必要になってきます。

時には、他のアルバイトスタッフなどに対してできていない点を注意したり、指導したりといったことも必要になってきます。

働いている従業員に対してはもちろんのこと、お店全体が上手く回るようにどうすればいいのかということを常に考えて動ける人材でなければ通用しません。

経営的な目線を持っている人

日々の売り上げを意識しながら、どうすれば店がうまく回りつつも売り上げを拡大していくるかということを意識しながら行動に移せる人材が求められてきます。

こうした売り上げ感覚を持って仕事ができるということも求められます。

特に、店長候補で転職をする場合には、こうした経験が必要になっていくことから、これまでの経験の中からアピールすることが求められてきます。

飲食店の正社員の面接で落ちた原因を掘り下げて考えよう!

その上で、飲食店の正社員の面接で落ちてしまった原因についても掘り下げて考えてみましょう。

飲食店の採用は経験者採用か未経験者の採用かで大きく違う

飲食店の正社員の場合には、経験者採用か未経験者採用で大きく企業側にメリット・デメリットがはっきりしてきます。

たとえ未経験者募集の求人に応募していたとしても、応募者の中に飲食店での経験が長い人がいれば、その人が有利になってしまうことも多いです。

経験者の場合には、採用後にスキルを教える時間が省けたり、違う店舗での経験を転職後に活かして働くことができるのからです。

もしもあなたが受けた企業の面接で、多くの応募者がいてその中にあなたよりも経験のある人があれば、あなた自身は不利になってしまうのは確かです。

これまでに、飲食店での経験がない…という人は、なかなか面接では厳しい状況には置かれてしまいやすいですが、しっかりとこれまでの経験の中からアピールに繋げられることを見つけて準備するようにしたいですね。

前述したように、飲食店で求められる人材像を理解した上で、それにあった自己PRになっていたかどうかが大切です。

清潔感のない・マナーがなっていない人は致命的

飲食店では、働いている従業員の身なりやマナーがあるかどうかは非常に重要視しています。

面接の場であるにも関わらず、清潔感のない見た目やマナーができていないという人は、当然ながら長く働いていく中でも必ずボロは出てくるものです。

お客様相手の仕事で店の評判にもつながっていくことですから、この辺りができていない人は、面接でふるいにかけられて落とされてしまうのも当然です。

具体的には、次のようなことができていたかどうか見直してみましょう。

  • 面接の場に相応しい上下をそろえたスーツを着用していたかどうか
  • スーツやシャツにはしわのないようにしていたかどうか
  • 鞄はA4サイズの書類が入るもので、床に置いた時に自立できるものを使っていたか
  • 面接室に入室する際にノックをしてから入室をして、その後、静かに音を立てることなくドアを閉めていたかどうか
  • 髪の毛は、お辞儀をした時に顔にかからないように、短髪にしていたか、あるいは、長く手もまとめていたかどうか
  • 面接官が着席をする前に自分が座るようなことはなかったか
  • 面接中は面接官の顔をしっかりと見て、椅子に深く座って背筋を正していたかどうか
  • 面接中に緊張から顔や髪の毛を頻繁に触ったりというようなことはなかったか

少なくともこれくらいの基本的なマナーは社会人として求められています。

もしもできていなかったということが1つでもあるようであれば、次の面接時には必ず改めて面接に挑むようにしたいですね。

飲食店の正社員の面接で志望動機が曖昧だった

飲食店に対しての志望動機があまりにも漠然としている人は落ちてしまいやすいです。

ただ単純に、飲食店で働くことに興味があったから…、面白そうと思ったから…と誰もが簡単に言えそうなことを伝えるのではなく、ここでは、多くの飲食店がある中で、なぜその企業を選んだのかを具体的に言えることが必要です。

多くの企業は、なぜうちを志望してくるのかという事は気にしているポイントで、志望動機はその企業に対しての最大のアピールに繋がる手段です。

実際に受ける企業の店舗へ足を運んでご飯を食べる、サービスを受けるだけでも、他の人と違う志望動機を菅家あられますから、そうしたことも積み重ねながら志望動機を事前に考えておきたいですね。

効果的な逆質問ができていなかった

ちなみに、面接の中で何か質問はありますか?と言われた時に、効果的な逆質問はできていたでしょうか。

企業に質問をするということは、それだけあなたがその企業に対して興味を持っているという証になります。

ただし、

  • 給与や残業
  • 有給休暇

などの労働条件などの質問ではいけません。

例えば、

  • もしも内定を頂けるということになった場合、入社までに何か勉強しておくべきことはあるでしょうか。
  • いち早く店長として活躍できるになりたいと思っているのですが、入社後、店長になった方はどれくらいの期間でなられている人が多いのでしょうか。

といったように、あなたが本気でその飲食店で働きたいと思っていることが伝わるような前向きな質問であれば、かなり効果的にアピールに繋げられますよ。

飲食店の正社員の面接で落ちたけれど諦めきれないという人へ

飲食店の正社員の面接で落ちたけれど諦めきれないという人もいるかもしれませんね。

面接は、企業との相性もありますから、気持ちを切り替えて次へとつなげていきましょう。

王道の転職サイトでもある リクナビNEXT は既に利用しているでしょうか。

リクナビNEXTでは、飲食店の店長候補や販売促進の求人、あるいは、飲食店に対してのコンサルや営業職などの求人も豊富に扱っています。

また、飲食店以外にも選択肢を広げていきたいという方には、転職エージェントの活用もおすすめです。

転職エージェントでは、ハローワークや転職サイトにはない非公開求人もたくさん扱っています。

また、一人で転職活動を進めていくのとは違って、コンサルタントが間に入って求人を紹介してくれるのですが、履歴書と職務経歴書を添削してくれたり、面接対策をしてくれたりと手厚いサポートが受けられます。

転職サイトのリクナビNEXTと同じように、転職者のほとんどが使っている転職エージェントがこちらです。

 リクルートエージェント 

転職成功実績1位!のリクルートエージェントを使えば、転職サポートのプロでもあるコンサルタントが個別に面接対策をしてくれるので、自信を持って面接に臨めるようになります。

まだ、転職エージェントを利用したことがないという人は、不採用になった企業とは違う企業の求人を紹介してもらって内定につなげましょう!

登録からその後のサポート、内定をもらった後も完全無料で受けられて安心ですよ。

リクルートエージェントに登録してみる