リゼクリニックの面接で落ちた!不採用になったら見直したいポイント

リゼクリニックの面接を受けたけれど、結果、不採用に…。


受付カウンセラーとして働きたかったけど、向いていないと思われたのかな…。

面接で落とされてしまうと自分の何がいけなかったのかと責めたり、落ち込んだりしてしまいがちですよね。

全国展開されていてクリニックで受付カウンセラーの仕事は、積極的に中途採用を募集されていることの多い仕事です。

でも、そんなリゼクリニックの面接で落とされてしまったのは、もしかすると事前の準備不足に原因があったのかもしれません。

ここでは、今後も面接で落ち続けることがないように、落ちた面接を振り返っておくようにしましょう。

リゼクリニック以外の求人を紹介してもらうなら、リクルートエージェント  がおすすめです。

リゼクリニックで不採用になった理由を掘り下げて考えてみよう!

受付カウンセラーにふさわしい見た目で面接に臨んでいたか

受付カウンセラーの仕事は、リゼクリニックの顔となる存在ですから、面接の場でも見た目の印象・マナーがあるかは必ずチェックされています。

  • 患者さんから親しみやすい笑顔はあったか
  • 面接の場にふさわしいスーツを着用できていたかどうか
  • スーツやシャツなどにしわはなかったか
  • 靴は太めで高すぎないヒールだったか
  • ノックをした後に静かに扉を閉めていたかどうか
  • お辞儀をしたときに髪の毛が顔にかからないようにまとめたり、止めたりしていたかどうか
  • 面接官が着席するのを待ってから着席できていたか
  • 背筋をまっすぐ伸ばして面接官の顔を見て話しができていたか
  • 緊張から髪の毛や顔をいじったりしなかったか etc

最低限、これだけのことはできている必要があります。

今一度面接のときの服装や見た目、印象がいいものだったかどうか振り替えっておきましょう。

求められることを把握した上で自己PRができていたかどうか

受付カウンセラーの仕事は、患者様の前に立ってクリニックの看板として信頼関係を築いていくような仕事です。

数ある美容クリニックの中でもリゼクリニックを選んでいただけるように、患者さ魔の良き相談相手になる必要があります。

そのことをしっかりと理解した上で、過去のあなたの経験の中から自己PRができていたかどうかもう一度考えてみましょう。

接客経験がある人であれば、しっかりと一人一人の客様に対して耳を傾けたコミュニケーションが取れることをアピールしたり、接客経験がない場合でも、社内の人や取引先などに対してどのような気持ちで接して取り組んでいたかなどをアピールすれば問題ありません。

また、リゼクリニックでは個人ノルマが設けられているわけではありませんが、クリニック全体で目標を捉えていくということは必要になってくる仕事です。

だからこそ、過去の経験の中からあなたが目標に対してあなた自身がどのように考えて、どのように行動してどのような結果を生んだのかといったことを明確にしながら盛り込んでおくと面接官からの印象もよくなりますよ。

前職の退職理由をネガティブに答えていないか

中途採用の面接で必ずといって聞かれるのが前職の退職理由ですが、

  • 人間関係が悪かった
  • 残業が多くて体力的にきつかった

といったようなネガティブなことを答えてしまっていなかったでしょうか。

こうしたことを伝えてしまうとその時点で面接ではアウトになってしまうことが多くなります。

たとえ本当にそうした理由で退職に至った場合であっても、必ずポジティブな内容に変換して答えられるように準備しておくのがベストです。

志望動機は明確な答え方をしていたかどうか

志望動機はリゼクリニックに対して最大にアピールできるところです。

ここで、ただ単純に受付カウンセラーの仕事に興味を持ったからといったような誰もが答えられるようなことを伝えてしまうとあなたが選ばれる可能性は減ってしまいます。

美容クリニックもたくさんありますが、なぜリゼクリニックが良かったと思ったのか、なぜ受付カウンセラーの仕事をしたいのかということを明確にあなた自身にしっかりと落とし込んで考え伝える必要があります。

リゼクリニックのホームページをくまなく読み込んでいくと、あなたがいいなと思うポイントがたくさんあったはずです。

そのあなた自身のいいなと思ったポイントを逃すことなく志望動機に取り込んでみるようにしてくださいね。

将来的にどうなりたいかまで伝えられていたか

さらに、リゼクリニックで1年後、5年後、3年後、5年後というように将来どうなりたいかまで伝えられていたでしょうか。

1年後にはしっかりとカウンセラーとしての仕事を覚えて、患者さんに選んでもらえるようにすること、3年後には人を教えるまでに成長し、5年後には店舗のマネジメントができるくらいのレベルまで自分自信を成長させていきたいと思っているといったことまで伝えらえているといいですね。

リゼクリニックの面接では伝えられていなかった場合でも、これから受ける面接では必ず将来的にどうなっていきたいかまで考えて面接に臨むようにしましょう。

リゼクリニックの面接で落ちたけれど諦めきれないという人へ

リゼクリニックでは不採用になってしまったけれど、諦めきれないという人はできるだけ早く気持ちを切り替えてより魅力的な医療法人、企業の求人を探していくようにしましょう。

転職サイトやハローワークだけではなく、転職エージェントも活用することで求人の幅を2倍以上に広げることが可能です。

普段は目にすることがないような企業や法人の求人も多いので、一度は登録しておくことをおすすめします。

数ある非公開求人の中からコンサルタントが間に入ってあなたが希望するような求人がないかピックアップして紹介してくれますよ。

登録からその後のサポートも完全無料で、一切費用がかかるようなこともないので積極的に活用しておきましょう。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる