秘書の面接なら逆質問が効果的!採用率をグンと上げる質問例

秘書の面接を受ければどこでも受かる!そんなことはありませんよね。

少しでも面接で面接官に良い印象を残して内定につなげたいという方におすすめなのが、面接の中での逆質問です。

ただし、質問する内容によっては逆にあなた自身の印象が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

ここでは、秘書の面接を受ける方のための逆質問の具体例をまとめてみました。

これまで10年以上にわたって転職エージェントでコンサルタントをしてきた私の経験からお伝えできることになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

秘書の面接で逆質問が効果的な理由って?

秘書の面接の中で逆質問をすることのメリットは、それだけ相手企業に対してあなたの志望度が高いということをアピールすることに繋がるからです。

面接の中で、「質問はありますか?」と聞かれた時に、「特にありません。」と答えるような人よりも、積極的に相手企業のことを知りたいと思って質問をする人の方が明らかに印象が良くなるのは当然ですよね。

うちの秘書として本当に働きたいと思ってくれていると面接官に思ってもらえるためにも、逆質問をしない手はありません。

どんな面接でも聞かれることの多い「何か質問はありますか。」はあなた自身のアピールチャンスになるので、事前に2~3つ程度の質問を準備しておきましょう。

秘書の面接でイメージを悪くする!してはいけない逆質問の具体例

でも、質問する内容によっては、この人を秘書として採用することはどうなのだろうか・・・と面接官に疑念を抱かれるケースもあるので注意が必要です。

秘書という立場であるからこそ場の空気を読んで対応できる人が求められるということもあるので、質問内容については十分注意したいところです。

では実際にどんな質問だとNGなのかをご紹介します。

  • 残業時間はどれくらいなのでしょうか。
  • 有給休暇の消化率はどれくらいなのでしょうか。
  • 自分の経験だとどれくらいの給料になるのでしょうか。
  • 過去のボーナスの実績はどれくらいでしょうか。
  • 秘書の仕事は初めてなのですが、仕事をいちから教えてもらうことはできるのでしょうか。
  • 御社の秘書の仕事の離職率はどれくらいでしょうか。

こうした労働条件に関することや、あなたが受け身で仕事をとらえているといったこと、面接官が答えに困るようなことを質問するのはNGです。

面接の場はあなた自身を採用するべきか会社が見ている場であるということを自覚して、質問内容にも気を付けるようにしてくださいね。

ただあなたが気になることを何でも質問をすればいいという場ではありません。

もしこうした質問をしてしまうと、面接官のあなたに対しての印象が悪くなり最悪のケースでは不採用につながってしまうこともあるので気を付けましょう。

秘書の面接で採用率をグンと上げる質問の具体例

できれば、秘書の面接を受ける前から面接官にウケのいい逆質問を考えておきたいですよね。

では、具体的にどんな質問なら好印象になるのかいくつかの質問例をご紹介します。

  • 秘書の仕事をしていく中でもしも分からない事があった場合には、すぐにどなたかに聞けるような環境はありますでしょうか。
  • 御社において秘書の仕事はどのような観点から人事評価されているのでしょうか。
  • 秘書として働くにあたって入社までにできることはしておきたいと考えています。入社までの間にできる勉強などは何かありますでしょうか。
  • いち早く秘書の仕事に慣れたいと考えているのですが、だいたいどれくらいで仕事に慣れる方が多いのでしょうか。
  • 秘書の仕事は他の方の仕事を円滑に進めていくためのサポートをする仕事だと心得ていますが、御社が秘書に対して求めていることや期待していることとはどのようなことになりますでしょうか。

こうした質問であれば、あなたが能動的に動く人であること、前向きに仕事を進めてくれる人、他の人と協調しながら働いてくれそうな人というのが面接官にも伝わりますよね。

秘書の面接の中で「質問はありますか?」と聞かれた場合には、こうしたあなた自身の印象アップにつなげる質問をできるように準備しておきましょう。

本当はもっと違うことを聞きたい・・・という人へ

でも、本当のところはもっと違うことが気になる・・・・という人も多いのではないでしょうか。

まさにNG例であげたような

  • 経験からの給料やボーナス
  • 残業時間や残業代
  • 有給休暇の消化率
  • 社内の人間関係
  • 離職率 など

こうしたことの方が知りたかったりしますよね。

でも面接の中では聞くこともできない・・・・。

そんな時におすすめできるのが転職エージェントでコンサルタントのサポートを受けて転職活動を進めることです。

エージェントではコンサルタントがあなたに合った求人を紹介してくれるだけではなく、事前に求人先の職場の内部情報について教えてくれます。

先ほどあげたようなことはコンサルタントが事前に教えてくれるので、面接に進むかどうかを判断する材料にすることができますよ。

だから、1人で転職活動を進めていくよりもスムーズに転職活動を進めていくことがでいるようになります。

まだ活用したことがないという人は、まずはコンサルタント相談の中であなたの希望を伝えて求人を紹介してもらってくださいね。

リクルートエージェントにまだ登録をしていない方はこちら

リクルートエージェント

全国対応で転職成功実績No1!

全国対応であなたの転職を徹底サポートしてくれます。求人数が20万件以上と圧倒的な求人数があることから、転職者の8割が使っているエージェントです。

独自レポートで企業の内部情報まで教えてもらえる!

コンサルタントが企業の内部情報について、徹底的に調べ上げているので独自に収集した生の情報レポートももらえます。残業時間や有給休暇、賞与実績など実際のところを教えてもらえるので、転職後のギャップも少なくなりますよ。

リクルートエージェントに登録してみる