警備員の面接落ちた!不採用になったら見直したい3つのポイント


まさか・・・!警備員の面接を受けたけど落ちた・・・。

警備員の面接で落とされてしまうと、


自分には向いていないと思われたのか…

転職エージェントで10年以上、コンサルタントをしていましたが、警備員の面接で不採用になり駆け込んで相談に来られる方も多くいました。

警備員の仕事は求人も多くあり未経験者を募集していることも多く、中高年であっても採用している企業も多いので面接の難易度としてはそれほど高くはありません。

にも関わらず、面接で不採用になってしまうと、一体自分の何がいけなかったのか・・・と落ち込んでしまいますよね。

警備員の面接で落とされてしまう人のほとんどが、面接の事前準備ができていないだけという人も多いですよ。

ここでは、警備員として求められている人材像を知って、不採用になった理由について掘り下げて考えていきましょう。

自分の落ちた面接を振り返ることほど嫌なことはありませんが、これをしていないと今後も面接で落ち続けてしまうかもしれません。

もう次の転職で決めたいと思っている人は、最後まで目を通してみてくださいね。

警備員以外の仕事を探したい方には、リクルートエージェント がおすすめです。

警備員に求められている人材像について知っておこう

警備員に求められていることって知っていますか?

警備員で求められている人材像を知っておけば、そこから逆算して面接の中でアピールにつなげていくことができますよね。

体力があるかどうか

警備員の仕事は、暇で楽な仕事と思われている一面もあるのですが、実はすごく体力のいる仕事でもあります。

警備員として配置される場所によっては、同じところで長時間立ち続けなければいけないこともあったり、警備範囲が広く歩きまわらなければいけないといったことも出てきます。

長時間立っていることが苦にならない人や、足腰に自信がないとなるとその時点で難しいと判断されてしまうこともあります。

警備会社によっては、その人によって警備でも座りながらできる場所を選んで配置してくれる場合もありますが、すべての会社がそうではありません。

体力があることをアピールできていたかどうか、今一度振り返っておきましょう。

警備員として迅速な対応ができるかどうか

警備の仕事は観察力も必要と同時に、もしも何かあった時にすぐに迅速な対応ができるかどうかということも必要です。

例えば、万引き犯がいた場合には取り押さえたり、怪我人が出た場合にはすぐに救急車を呼ぶ、火災が発生すれば消防車を呼ぶといったこともすぐにできなければいけません。

何かあった時に気づける力があるかどうかや、迅速に対応できる人かどうか、冷静な判断ができるかどうかといったことも実は面接の中で見られています。

仕事において協調性を持てる人かどうか

警備員の仕事は一人で仕事をしていると思われがちですが、実は他の警備会社の人たちや企業の担当者と連携しながら仕事をしています。

何かの出来事が起こった場合には、お互いに連絡しあって対応するといったことも出てくるので協調性があるかどうかは大切です。

警備員の仕事は一人で完結できるものではないということは覚えておきましょう。

最低限の機械操作ができるかどうか

防災センターなどへ配置される場合には、ある程度の機械操作が必要になってきます。

簡単な防犯カメラの捜査などといったものではありますが、普段からパソコンやスマフォを使っていないという人だと厳しい場合もあります。

できれば、面接の中で基本的なパソコン操作はできることなどもアピールしておかれるといですね。

法律・ルールを守れる人かどうか

警備の仕事で、ルールを逸脱している人がいたら一般人からしてみても嫌ですよね。

決められた勤務時間を守る、マナーを守るといったことができる人なのかということも面接ではみられています。

面接の中では、面接の時間を守る、面接にふさわしい服装で受ける、挨拶・お辞儀をするなどの最低限のマナーは守っておきましょう。

警備員の面接で不採用になったら見直したいこと

では、警備員で求められている人材像も踏まえた上で不採用になった面接を振り返っていきます。

第一印象が良かったかどうか

人は第一印象でその人のほとんどが決まるといわれています。

  • 清潔感ある面接にふさわしい服装だったかどうか
  • 部屋に入る前にノックをしたかどうか
  • 挨拶をしたかどうか
  • お辞儀をしたかどうか
  • 面接官が座る前に着席をしなかったかどうか
  • 丁寧な言葉遣いを使ったかどうか

といった最低限のことはできていたでしょうか。

警備員としてルール・マナーを守ることは、最低限必要なことになってくるので、面接においてこれができていないと人は落とされてしまいます。

できていなかったという人はしっかりと見直しておきましょう。

ネガティブな退職理由になっていなかったかどうか

中途採用の面接では必ず前職の退職理由を聞かれることになるのですが、ここで、あなたが仕事がきつくて、残業が多くて人間関係も悪い・・・といったネガティブなことを伝えていれば、その時点でアウトです。

本当の退職理由を誠実に面接の中で伝えたところで、それはあなたにとって一ミリもメリットはありません。

退職理由はポジティブなものに置き換えて、前向きなことを伝えるようにします。

志望動機を深掘りできていたかどうか

次に、なぜ警備の仕事をするのか、なぜ警備会社がたくさんある中でその企業を選んだのかという志望動機です。

ここで、なんとなく興味があったので、楽そうで自分にもできそうだと思った仕事だったので・・・といったようなことを答えていては不採用にはることは間違いありません。

警備員の仕事を立派な仕事として捉えて、その企業を魅力的に思ったポイントを具体的に伝えるようにしてみましょう。

警備員の仕事が諦めきれない人へ

警備員の面接で落ちてしまうと、この先不安な気持ちもあるかもしれませんが、なるべく早く気持ちを切り替えてより魅力的な求人を探してみてくださいね。

ハローワークや転職サイトだけではなく、非公開求人を多く扱っている転職エージェントを活用すれば、警備員以外の選択肢も広げていくことができますよ。

コンサルタントが間に入ってサポートしてくれるので、一人で転職活動を進めていくよりも効率的に進められます。

求職者であれば誰でも利用ができ、登録からその後のサポート、内定をもらった後も完全無料で利用できるので、積極的に活用してみてくださいね。

面接に落ちないか不安…という人なら使いたい無料転職支援サービス

 リクルートエージェント 

転職実績NO,1!全国対応で圧倒的な求人数

転職者の8割が利用しているのがリクルートエージェント。20万件以上と圧倒的な求人数の中から未経験でも挑戦できる企業の求人も紹介してもらえます。

徹底した面接サポートが受けられる!

コンサルタントが過去にどんな人が受けて受かったのか落ちたのかを把握しているので、履歴書の書き方から面接での答え方まで徹底サポートしてくれます。面接に不安がある方でもプロのサポートで自信を持って臨むことができるようになりますよ。

リクルートエージェントに無料登録してみる